歴史作家桐野作人のブログ                                      織田信長と島津氏・薩摩藩・幕末維新を中心に歴史にまつわる身辺雑記
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

最近、某古書目録から戦国武将についての明治・大正期に書かれた伝記を数点まとめて入手しました。
珍しい古書ではないかと思っています。参考までに書名をあげておきます。

吉川広家卿略伝 井原豊著 秀英舎 1926年

浅野長政公伝 浅野忠純著 広島市饒津神社三百年祭祭典事務所 1910年

浅野幸長公 小松原要作著 饒津神社社務所 1916年

木村長門守重成 西山全太郎著 大阪府友松会中河内郡部会 1925年


それほど大部ではありませんし、史料的価値がそれほどあるとも思えませんが、あまり個人伝記がない人物たちなので、それなりに役立つのではないかと思っているところです。
なかでも、『浅野幸長公』がいちばんよくまとまっており、文書類も多数引用されていて実証的な伝記ではないかと思います。浅野幸長は早死にしただけに、伝記が存在していること自体、知りませんでした。まあ、広島藩浅野家が存続した故でしょうが。

よろしければ、下記をクリックして下さい。
人気ブログランキング
スポンサーサイト

【2009/11/08 22:36】 | 古書
トラックバック(0) |

木村長門守重成
NAO4@吟遊詩人
佐々木六角氏と同族で、近江源氏の木村氏と重成の関係が知りたくて、現在色々調べているところでした。少し参考にさせていただきたく思います。

木村重成の出自
桐野
NAO4@吟遊詩人さん、お久しぶりです。

木村重成を調べているんですか。
この本には、その母の2説書いてあります。

ひとつは、紀州那賀郡猪ノ垣村の郷士の子で、秀頼の乳母でもあったとか。

もうひとつは、近江の住人佐々木五郎右衛門の子で、木村常陸介が木村姓を与えて、自分の子にしたとか。←これって生母ではなく重成のことですよね?

木村常陸介が関白秀次に連座したことを考えると、その係累が豊臣家で生き残れるのかどうかいう気もしますが……。
あるいは秀吉の死後、可能になったということでしょうかね。



NAO4@吟遊詩人
桐野先生、お忙しいところ、お時間を割いていただきありがとうございます。

私が最寄りの図書館で検索をかけたところ、
「日本史の研究 ; 第2輯 三浦周行 著 /  東京 岩波書店 1930 」
があって、この842~843ページに、木村重成の母は、豊臣秀頼の乳母であり、

大和吉野の城主木村隼人の子常陸介重玆の養子とし、木村の苗字及び名乗の一字を与えて木村重成といはせたのである。

という記述(もちろん確証を持って行っているわけでなく、そういう説もあるという展開です。)がありました。

微妙に常陸介と関係していそうなのですが、血縁関係はないように見えます。常陸介の出自がもう少し分かると面白いんですが、そこは中断しております。

コメントを閉じる▲
コメント
この記事へのコメント
木村長門守重成
佐々木六角氏と同族で、近江源氏の木村氏と重成の関係が知りたくて、現在色々調べているところでした。少し参考にさせていただきたく思います。
2009/11/09(Mon) 03:52 | URL  | NAO4@吟遊詩人 #laIirjiw[ 編集]
木村重成の出自
NAO4@吟遊詩人さん、お久しぶりです。

木村重成を調べているんですか。
この本には、その母の2説書いてあります。

ひとつは、紀州那賀郡猪ノ垣村の郷士の子で、秀頼の乳母でもあったとか。

もうひとつは、近江の住人佐々木五郎右衛門の子で、木村常陸介が木村姓を与えて、自分の子にしたとか。←これって生母ではなく重成のことですよね?

木村常陸介が関白秀次に連座したことを考えると、その係累が豊臣家で生き残れるのかどうかいう気もしますが……。
あるいは秀吉の死後、可能になったということでしょうかね。
2009/11/09(Mon) 23:46 | URL  | 桐野 #hxjklqKc[ 編集]
桐野先生、お忙しいところ、お時間を割いていただきありがとうございます。

私が最寄りの図書館で検索をかけたところ、
「日本史の研究 ; 第2輯 三浦周行 著 /  東京 岩波書店 1930 」
があって、この842~843ページに、木村重成の母は、豊臣秀頼の乳母であり、

大和吉野の城主木村隼人の子常陸介重玆の養子とし、木村の苗字及び名乗の一字を与えて木村重成といはせたのである。

という記述(もちろん確証を持って行っているわけでなく、そういう説もあるという展開です。)がありました。

微妙に常陸介と関係していそうなのですが、血縁関係はないように見えます。常陸介の出自がもう少し分かると面白いんですが、そこは中断しております。
2009/11/11(Wed) 03:34 | URL  | NAO4@吟遊詩人 #laIirjiw[ 編集]
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。