歴史作家桐野作人のブログ                                      織田信長と島津氏・薩摩藩・幕末維新を中心に歴史にまつわる身辺雑記
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

中世史、赤松氏を専門とされている渡邊大門氏より、近刊2点拝受。
謹んで、御礼申し上げます。。


1.『奪われた「三種の神器」―皇位継承の中世史―』講談社現代新書

三種の神器といえば、壇ノ浦で安徳天皇とともに海のもくずと消えたことを想起します。
しかし、そのような単純な話ではありません。むしろ、神器がなくとも、どのように王朝の正統性を主張する論理を組み立てるのか。北朝関係者などの「知恵」を見る思いがします。
本書の独自性は南北朝統一後の種々の事件に対する考察にあろう。
嘉吉の乱での赤松氏の没落、禁闕の変での後南朝勢力による神器(神璽)の強奪、長禄の乱での神璽奪還による赤松氏の再興など、神器をめぐる出来事はまことに興味深い。

詳しくは、ここをご覧下さい。


2.『「アラサー」が変えた幕末―時代を動かした若き志士たち―』マイコミ新書、毎日コミュニケーションズ

中世史が専門の渡邊氏が幕末も書けるとは知らなかった。意外な驚きである。
本書は専門的な知識を提供するというより、肩の凝らない読み物になっている。
しかし、時代を超えて、専門家の鋭い史眼が光っているように思える。
ただ、大久保利通が囲碁によって島津久光に接近しようとしたとき、精忠組の同志である税所篤の兄吉祥院に囲碁の手ほどきを受けたという逸話だが、大久保の十代後半の日記が新たに発見され、吉祥院と接する前から、大久保は相当の囲碁の腕前だったと、佐々木克氏は指摘している。
これは小さな瑕疵にすぎない。簡潔ながらも、維新の志士たちの行動の要諦が学べる気がする。
流行りの「アラサー」を幕末に置きかえれば、たしかにその世代が時代を動かしたことは間違いない。

詳しくは、ここをご覧下さい。

よろしかったら、下記をクリックして下さい。
人気ブログランキング




スポンサーサイト

【2009/11/24 17:07】 | 新刊
トラックバック(0) |


安田
大門さんの本をご紹介いただき、まことにありがとうございます。実に「うまく」褒めていただき、嬉しい限りです。いろいろとご批判もあるかと思いますが、大門さんも必死でがんばっております。ぜひ、ご指導ください。

こちらこそ
桐野
安田さん、こんにちは。

渡邊さんの著作について、安田さんのプロデュースだったんですね。相変わらずのご活躍、ご同慶の限りです。
こちらこそ、また何かあったら、よろしくお願いします。


管理人のみ閲覧できます
-


コメントを閉じる▲
コメント
この記事へのコメント
大門さんの本をご紹介いただき、まことにありがとうございます。実に「うまく」褒めていただき、嬉しい限りです。いろいろとご批判もあるかと思いますが、大門さんも必死でがんばっております。ぜひ、ご指導ください。
2009/11/27(Fri) 12:58 | URL  | 安田 #-[ 編集]
こちらこそ
安田さん、こんにちは。

渡邊さんの著作について、安田さんのプロデュースだったんですね。相変わらずのご活躍、ご同慶の限りです。
こちらこそ、また何かあったら、よろしくお願いします。
2009/11/28(Sat) 15:57 | URL  | 桐野 #hxjklqKc[ 編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2009/12/22(Tue) 20:05 |   |  #[ 編集]
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。