歴史作家桐野作人のブログ                                      織田信長と島津氏・薩摩藩・幕末維新を中心に歴史にまつわる身辺雑記
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

南日本新聞連載「さつま人国誌」第129回
―捕虜となり、和睦に奔走―

少し遅れましたが、連載が更新になりました。
同紙サイトのここをクリックすれば、ご覧になれます。

今回も「島津の退き口」の続きです。
新納旅庵を取り上げました。
島津義弘の家老です。重要な人物ですが、退き口の途中、義弘とははぐれ、東軍の捕虜となりました。
捕まえたのは、家康の側近で、島津家の取次だった山口直友です。
なぜ山口だったのか、偶然にしては都合がよい気がします。
間に近衛信尹あたりが立って仲介したのかもしれません。

その後、旅庵は家康と島津家の和睦のために奔走しました。
旅庵関係の史料を読むと、義弘の罪なきを強力にプッシュしてくれたのは福島正則のようですね。
東軍最大の功労者で豊家恩顧の大名の代表格である正則の進言となると、家康も無視できなかったのでしょう。

そして和睦成立直後に、大坂で急病を発して帰らぬ人となりました。
ただ、旅庵の死には多少の疑念がないわけではありません。
旅庵は死の10日前に、国許の同僚伊勢貞成に宛てて島津家久が上京してきた上方の状況を知らせています。家久が豊臣秀頼に対面したこととか、正則の島津家への好意などです。
とても、元気そうで、急死するようにはみえません。

まあ、急死なら、それから10日後に亡くなっても不思議ではないのですが、上方に家久が滞在しているときの死となれば、家久と無関係なのかどうか、少し引っかかります。

というのは、家久はこの上京途次、随従していた伊集院忠真を日向野尻で謀殺し、その一族を皆殺しにしています。伊集院忠真はもちろん庄内の乱を引き起こした張本です。

旅庵の急死は、家久から死を賜った可能性はないのでしょうかね?
あくまでタイミングがピッタリすぎるので、臆測かも知れませんが。

次回は、押川強兵衛を書きました。
稀代の殺人マシーンですね、この人。

よろしければ、下記をクリックして下さい。
人気ブログランキング

スポンサーサイト

【2009/11/28 15:50】 | さつま人国誌
トラックバック(0) |


ばんない
おひさしぶりです。

新納旅庵暗殺説は初めて聞きました。暗殺説の根拠は徳川家との内通を疑われたことでしょうか?
そういえば徳川氏との交渉に立っていて、やはり畿内で客死した人物がいますね。今後のネタにされるかと思いますので名前は伏せておきますが。

妄想
桐野
ばんないさん、こんばんは。

新納旅庵の死についての臆測は、暗殺ではなく、家久に死を命じられたのではないか、あるいは家久に罵倒されて憤死したかもとか考えてみましたが、まあ、タイミングの一致だけで、証拠となる史料もありませんから、妄想の類です。

本日夜、NHK教育で、秀吉の朝鮮出兵を特集していましたが、忠恒=家久が陣所に蹴鞠場や茶室を普請したので、それに怒った島津軍の兵士が朝鮮側に投降して「降倭」となったという話を紹介していました。よほど腹を立てたんでしょうね。


ばんない
こんばんは。

「暗殺」ではないということですね。まあタイミング的にあれですし、何しろあの忠恒(家久)がらみですから(苦笑)穿ちたくなるのも道理かと。

ご指摘の番組は見ていませんでしたが、その話は早稲田大学の北島万治氏の本で紹介されてますね。ネットでもくだけた文体ですがこの辺(URL参照)で紹介されてます。これは酷い

コメントを閉じる▲
コメント
この記事へのコメント
おひさしぶりです。

新納旅庵暗殺説は初めて聞きました。暗殺説の根拠は徳川家との内通を疑われたことでしょうか?
そういえば徳川氏との交渉に立っていて、やはり畿内で客死した人物がいますね。今後のネタにされるかと思いますので名前は伏せておきますが。
2009/11/29(Sun) 00:21 | URL  | ばんない #kyBjvhlc[ 編集]
妄想
ばんないさん、こんばんは。

新納旅庵の死についての臆測は、暗殺ではなく、家久に死を命じられたのではないか、あるいは家久に罵倒されて憤死したかもとか考えてみましたが、まあ、タイミングの一致だけで、証拠となる史料もありませんから、妄想の類です。

本日夜、NHK教育で、秀吉の朝鮮出兵を特集していましたが、忠恒=家久が陣所に蹴鞠場や茶室を普請したので、それに怒った島津軍の兵士が朝鮮側に投降して「降倭」となったという話を紹介していました。よほど腹を立てたんでしょうね。
2009/11/30(Mon) 00:16 | URL  | 桐野 #hxjklqKc[ 編集]
こんばんは。

「暗殺」ではないということですね。まあタイミング的にあれですし、何しろあの忠恒(家久)がらみですから(苦笑)穿ちたくなるのも道理かと。

ご指摘の番組は見ていませんでしたが、その話は早稲田大学の北島万治氏の本で紹介されてますね。ネットでもくだけた文体ですがこの辺(URL参照)で紹介されてます。これは酷い
2009/11/30(Mon) 01:30 | URL  | ばんない #kyBjvhlc[ 編集]
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。