歴史作家桐野作人のブログ                                      織田信長と島津氏・薩摩藩・幕末維新を中心に歴史にまつわる身辺雑記
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大河「風林火山」第4回。

ミツが狩り場で信虎に殺害されるという妙な話。
巻狩や鷹狩をやるなら、勢子を百姓から動員するはずで、また狩り場一帯が立ち入り禁止になるはず。のんびりワラビ取りなどしないだろうに。

信虎の残虐さを示すエピソードとして挟み込んだのだろうが、いかにも出来が悪いな。ミツの死を信虎の残虐さとああいう形で結びつけるとは思わなかった。
たしかに、江戸中期に成立した『武田三代軍記』などには、信虎が妊婦の腹を割いて男女の別を確かめたとか、鉄炮で野良仕事の百姓を撃ち殺したといった悪行が描かれているが、あまり信用できない。
だいたい、鉄炮伝来が天文11年(1542)か12年だから、信虎が追放された天文10年以前にあるはずがない。だから、ドラマでは弓矢だったのか?

そんな後世の信用できないものより、同時代の『妙法寺記』には、ちょうど今回のドラマで描いた天文5年(1536)5月から7月にかけて「雨降り候て言語道断餓死、殊更、疫病ハヤリ申し候」とあるし、同書6月には、今川家で反逆した福島越前守の残党を匿った前嶋一門が信虎に粛清されたことが家中の反発を買い、「一国奉行衆悉く(ことごとく)他国へ越し申され候」といった事件のほうが重要だろう。
要するに、災害や飢餓に有効な手が打てず、また奉行人といった側近衆にまで背かれるという家臣団統制のまずさが、信虎失脚の主たる原因だと見たほうがいいのではないか。

前回、勝千代が元服して晴信となったのが天文5年3月。
今川氏輝兄弟が変死したのが同年4月10日(3月17日説も)。
いわゆる花倉の乱は5月24日。
わずか2カ月ほどだが、架空のエピソードを入れて引っ張るなあ。それより、わかっている史実をなるべく忠実に再現したほうがよほど面白いんじゃないだろうか。
また、晴信の官途を大膳大夫と呼んでいたが、これも左京大夫の間違いだと思う。

ミツの死を知った村人たちが報復しようと言い出すなか、若い百姓の平蔵が「これが下剋上か」とつぶやいたけど、使い方としてはどうか? 
「下剋上」は、「下、上に剋つ(かつ)」というのは周知のことだが、この言葉は「下」(公家に対する武家や、領主に対する百姓)の反乱を恐れる「上」の連中が侮蔑的に使う言葉である。まあ、逃散や年貢未納などを企てる百姓が逆に皮肉や恫喝の意味を込めて使うならありえるかもしれないが、どうもそんなニュアンスじゃなかったな。
それより、あんな理不尽な形で仲間が殺されたら、戦国時代の百姓なら、逃散や強訴など一揆徒党を組むくらいの気概があると思うんだけどな。江戸時代の百姓だって、あんなにおどおどしていないはず。

それにしても、勘助が潜んでいる村を葛笠村とか言っていたけど、実在の村なんだろうか?
---------------------
では、粛々と「ゴンザの露薩語講座」第8回です。
前回出題分「アヲモイ」の正解は「ウォッカ」です。
アヲモイ」は多くの方がおわかりのように「泡盛」のことです。ゴンザはこのアルコール度の高い蒸留酒(古酒なら60度を超えるものもある)と、ウォッカを対応させたわけですね。
もっとも、「泡盛」は琉球の酒ですから、薩摩でもなじみのある名前だったのかという疑問があります。でも、辞書によれば、泡盛は九州の一部でも作られたとあります。また泡盛は薩摩藩を指す隠語としても使われていたようです。面白いですね。ちなみに焼酎は戦国時代からあったようですが、サツマイモを原料にするのは江戸後期以降でしょうね。

かわいさん、マロンハットさん、きなみんさんは正解です。
岐阜少将さんはもうひとひねり足りませんでした。黒豚シャブシャブさんは今回わざとはずされたのかもしれません(笑)。かわいさん、酒類の別を解説いただいて有難うございます。
あっ、そうだ。大久保利通日記の復刻は今秋の予定のようです>きなみんさん。

第8回:シンド

ヒント:見かけは簡単かも知れませんが、動詞ではなく名詞です。


スポンサーサイト

【2007/01/29 00:17】 | 風林火山
トラックバック(0) |


水戸っぽ
「シンド」→(名詞なので)しんどいこと→
疲労or病気?とかかなあ?


岐阜少将
「シンド」→「風邪or熱」

考え方は水戸っぽさんっと同じですね。
しんどい…風邪で熱があってしんどいということではないかと。


きなみん
シンド→神道→ロシア正教
ですかね?(ムリ)
ていうか12歳の少年が「神道」なんて言い方しないわな(笑)
あ、今秋ですか。貯金始めます(弱気)

下剋上
吉田松陰大好き
意味は知っていましたが、上の者の皮肉とは知らなかったので、目からウロコが落ちました。おもろいですね~。又、ドラマの解釈をして下さるので、信虎を誤解せずに済むので、ありがたいです。

コメントを閉じる▲
コメント
この記事へのコメント
「シンド」→(名詞なので)しんどいこと→
疲労or病気?とかかなあ?
2007/01/30(Tue) 09:39 | URL  | 水戸っぽ #-[ 編集]
「シンド」→「風邪or熱」

考え方は水戸っぽさんっと同じですね。
しんどい…風邪で熱があってしんどいということではないかと。
2007/01/30(Tue) 20:35 | URL  | 岐阜少将 #fH7V5HK6[ 編集]
シンド→神道→ロシア正教
ですかね?(ムリ)
ていうか12歳の少年が「神道」なんて言い方しないわな(笑)
あ、今秋ですか。貯金始めます(弱気)
2007/01/31(Wed) 00:45 | URL  | きなみん #-[ 編集]
下剋上
意味は知っていましたが、上の者の皮肉とは知らなかったので、目からウロコが落ちました。おもろいですね~。又、ドラマの解釈をして下さるので、信虎を誤解せずに済むので、ありがたいです。
2007/02/07(Wed) 11:19 | URL  | 吉田松陰大好き #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。