歴史作家桐野作人のブログ                                      織田信長と島津氏・薩摩藩・幕末維新を中心に歴史にまつわる身辺雑記
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

三国志の英雄、曹操の墓が河南省で発見されたとか。
ここにニュースがあります。

すごいですね。まさか遺っているとは思いませんでした。
「魏武王」と刻まれた石牌も発掘されたとのことですから、間違いないのでしょうね?

曹操は後漢王朝からの簒奪を完成させないまま、「魏帝」ではなく「魏王」(諡は武王)として他界しました。三国志のひとつ「魏書」には曹操の埋葬場所が高陵だと書かれています。これらは史実と合致していることになります。

かつて三国志の本を何点か書いたことがあり、曹操を悪役として取り扱ったこともありますので、何というか、感無量ですね。

よろしければ、下記をクリックしてください。
人気ブログランキング
スポンサーサイト

【2009/12/27 22:26】 | 雑記
トラックバック(0) |

びっくり!
みらん
桐野さん、こんにちは。

レッドクリフのお陰でこのニューススルーせずに済みました(笑)。
よくぞまぁ出てきてくれたもんだと感心しますね(^O^)
1年前に買った三国誌本はまだ積読状態、早く読まないと!(^_^;)。
来年もブログ楽しみにしてますよん。
良いお年を(^o^)/

レッドクリフ
桐野
みらん隊長、こんばんは。

曹操の墓が見つかったのも、レッドクリフに呼ばれたからでしょうか?

レッドクリフ、私も見ました。
映画化するのは不可能と思っていましたが、さすがジョン・ウーの腕力はすごいですね。もっとも、アクションや戦争シーンはすごかったですけど、人間を描けていたかどうかはやや疑問です。

周瑜の妻小喬の女優さん、井上和香に何となく似てました。

よいお年を!!

墓の写真
ばんない
webで公開されているようですね。「決めて」?になったらしい「魏武王」の石碑写真もあります。
サイト説明は残念ながらオール中国語のみですが、東洋史専攻の方なら大丈夫でしょう(たぶん)

にしても、何故カテゴリーが「信長」なのでしょう?やはり日本の曹操と言えば信長なんでしょうか。

コメントを閉じる▲
コメント
この記事へのコメント
びっくり!
桐野さん、こんにちは。

レッドクリフのお陰でこのニューススルーせずに済みました(笑)。
よくぞまぁ出てきてくれたもんだと感心しますね(^O^)
1年前に買った三国誌本はまだ積読状態、早く読まないと!(^_^;)。
来年もブログ楽しみにしてますよん。
良いお年を(^o^)/
2009/12/28(Mon) 20:57 | URL  | みらん #-[ 編集]
レッドクリフ
みらん隊長、こんばんは。

曹操の墓が見つかったのも、レッドクリフに呼ばれたからでしょうか?

レッドクリフ、私も見ました。
映画化するのは不可能と思っていましたが、さすがジョン・ウーの腕力はすごいですね。もっとも、アクションや戦争シーンはすごかったですけど、人間を描けていたかどうかはやや疑問です。

周瑜の妻小喬の女優さん、井上和香に何となく似てました。

よいお年を!!
2009/12/28(Mon) 23:45 | URL  | 桐野 #hxjklqKc[ 編集]
墓の写真
webで公開されているようですね。「決めて」?になったらしい「魏武王」の石碑写真もあります。
サイト説明は残念ながらオール中国語のみですが、東洋史専攻の方なら大丈夫でしょう(たぶん)

にしても、何故カテゴリーが「信長」なのでしょう?やはり日本の曹操と言えば信長なんでしょうか。
2009/12/29(Tue) 00:52 | URL  | ばんない #kyBjvhlc[ 編集]
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。