歴史作家桐野作人のブログ                                      織田信長と島津氏・薩摩藩・幕末維新を中心に歴史にまつわる身辺雑記
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

南日本新聞連載「さつま人国誌」第133回
―英国公使を命がけで守る―

連載が更新になりました。
ここか、左のリンク欄「さつま人国誌」をクリックすれば、ご覧になれます。

今回は中井弘の続編です。
有名な縄手事件のことを書きました。

先日、六本木の外交史料館所蔵の坂田諸遠『英仏蘭三公使戊辰京都参朝記聞』に付いている縄手事件の見取図を見て、事件の詳細が手にとるようにわかり、中井の記述も見つけました。大変役に立ちました。

また、少し前ですが、事件現場にも行きました。今回の記事には載せられませんでしたので、関連写真としてここに載せておきます。
左下の写真は、「縄手」の地名が入った住居表示板です。知恩院の参道である新橋通と縄手通が交わる交差点の所にあった標識です。パークスはこの手前(知恩院寄り)まで来た頃、襲撃されました。
右下の写真は、現在の縄手通です。商店街の「祇園縄手繁栄会」という看板から、縄手通であることがおわかりかと思います。これは三条京阪駅側(北側)から縄手通を見た写真です。写真の少し奧が中井と朱雀操が格闘したあたりになりますね。

縄手標示板
縄手通り







記事は中井が主役なので、その立場から書きましたが、考えてみれば、襲撃者の朱雀と三枝の心情もあまりあるものがありますね。2人は高野山挙兵や天誅組挙兵にも加わっています。高野山挙兵は土佐の陸援隊が中心メンバーです。天誅組も土佐が主要メンバーです。
新政府側にも、そのときの仲間が多数いるわけで、その間の考え方の違いで立場を分かち、運命まで変えてしまったことになります。

ところで、この三カ国公使の参朝では、諸藩兵が警備につきましたが、どうやら土佐藩ははずされているようですね。やっぱり直前の堺事件の影響でしょうか。

なお、中井がヴィクトリア女王から拝領した宝剣は現在、京都国立博物館に寄託されています。
とくに来年は龍馬がらみのミニ展示などありそうですから、そのときに展示されるかもしれません。

次回は正月の休載をはさんで、1月11日に掲載となります。
新春第一弾ということで、西郷隆盛の新出書簡を紹介する予定。
乞うご期待!!

よろしければ、下記をクリックして下さい。
人気ブログランキング
スポンサーサイト

【2009/12/28 13:47】 | さつま人国誌
トラックバック(0) |

すみません。
くわずー@新聞社
ハンドル名、初めてでしたね。
そうです、南●本新聞の桑●です。

帯刀写真の際は、こちらこそお世話になりました。
中井の2回目も楽しく読ませていただきました。

今年もいよいよ残りわずか。
よいお年をお迎えください。
 

よいお年を
桐野
くわずー@新聞社さん、こんばんは。

今年もいろいろお世話になりました。
来年もよろしく。講演などで帰鹿予定もあります。またご一緒できればと思います。
よいお年を!!


森重和雄
桐野先生、こんにちは!
いつも楽しくブログ読ませていただいています。
僕の方も12月は18日から21日までハードスケジュールで
京都、福井、大阪と古写真の調査の旅をしてました。
この縄手通りは昔の「鍵善」があった通りですので、今回もこの通りは歩きました。

今後ともよろしくお願いいたします。
よい年末年始をお迎えくださいませ。

敬具

来年もよろしく
桐野
森重和雄さん、こんばんは。

今年はいろいろ教えていただき、有難うございました。
来年はご本も出るそうで、楽しみにしております。
来年もよろしく。

パークス襲撃の場所のこと
森重和雄
パークス襲撃の場所のことですが、知恩院から新橋通を出て、縄手通を右に曲がり、新門前通を過ぎて(今の「鳥新」の店を通り過ぎた辺り)ですよね。

「鳥新」
森重和雄
ちなみに「鳥新」は今は縄手通にありますが、元は四条通沿いの、四条小橋近くのパチスロ屋のところにありました。
菊屋峯吉が坂本龍馬に命じられて軍鶏肉を買いに行ったところです。
その後、移転して現在の縄手通のところになりました。

鳥新
桐野
森重和雄さん、こんにちは。

パークス襲撃場所についてですが、朱雀や三枝は新橋通りと縄手通りの交差点あたりから飛び出してきたようですが、パークスはまだ縄手通りに入っていなかったと思われます。ですから、直接襲撃は受けていないと思います。
二人がパークス本人を狙っていたなら、ちょっと解せない行動ですね。とくに朱雀はパークスから遠ざかる方向に進んでいますから、よく意図がわかりません。斬るのは異人ならだれでもよかったのでしょうかね?

鳥新は取材に行ったときに写真を取りました。
ただ、峰吉が軍鶏を買いに行った一件は史実かどうか再検討が必要だと思っています。

なるほど
森重和雄
それでパークス襲撃現場は新橋通と縄手通の角辺りというわけですね。
それと言われてみれば、確かに峰吉が軍鶏を買いに行った一件は史実かどうか再検討が必要ですね。
最初に四条小橋の鳥新に軍鶏肉を買いに行ったけど、すぐに出せる肉がなくて、二、三十分手間取ったという話ですね。
(菊屋峰吉談)

コメントを閉じる▲
コメント
この記事へのコメント
すみません。
ハンドル名、初めてでしたね。
そうです、南●本新聞の桑●です。

帯刀写真の際は、こちらこそお世話になりました。
中井の2回目も楽しく読ませていただきました。

今年もいよいよ残りわずか。
よいお年をお迎えください。
 
2009/12/28(Mon) 17:21 | URL  | くわずー@新聞社 #F4ShIHPs[ 編集]
よいお年を
くわずー@新聞社さん、こんばんは。

今年もいろいろお世話になりました。
来年もよろしく。講演などで帰鹿予定もあります。またご一緒できればと思います。
よいお年を!!
2009/12/28(Mon) 23:41 | URL  | 桐野 #hxjklqKc[ 編集]
桐野先生、こんにちは!
いつも楽しくブログ読ませていただいています。
僕の方も12月は18日から21日までハードスケジュールで
京都、福井、大阪と古写真の調査の旅をしてました。
この縄手通りは昔の「鍵善」があった通りですので、今回もこの通りは歩きました。

今後ともよろしくお願いいたします。
よい年末年始をお迎えくださいませ。

敬具
2009/12/29(Tue) 19:46 | URL  | 森重和雄 #-[ 編集]
来年もよろしく
森重和雄さん、こんばんは。

今年はいろいろ教えていただき、有難うございました。
来年はご本も出るそうで、楽しみにしております。
来年もよろしく。
2009/12/30(Wed) 22:22 | URL  | 桐野 #hxjklqKc[ 編集]
パークス襲撃の場所のこと
パークス襲撃の場所のことですが、知恩院から新橋通を出て、縄手通を右に曲がり、新門前通を過ぎて(今の「鳥新」の店を通り過ぎた辺り)ですよね。
2010/01/11(Mon) 04:23 | URL  | 森重和雄 #-[ 編集]
「鳥新」
ちなみに「鳥新」は今は縄手通にありますが、元は四条通沿いの、四条小橋近くのパチスロ屋のところにありました。
菊屋峯吉が坂本龍馬に命じられて軍鶏肉を買いに行ったところです。
その後、移転して現在の縄手通のところになりました。
2010/01/11(Mon) 04:29 | URL  | 森重和雄 #-[ 編集]
鳥新
森重和雄さん、こんにちは。

パークス襲撃場所についてですが、朱雀や三枝は新橋通りと縄手通りの交差点あたりから飛び出してきたようですが、パークスはまだ縄手通りに入っていなかったと思われます。ですから、直接襲撃は受けていないと思います。
二人がパークス本人を狙っていたなら、ちょっと解せない行動ですね。とくに朱雀はパークスから遠ざかる方向に進んでいますから、よく意図がわかりません。斬るのは異人ならだれでもよかったのでしょうかね?

鳥新は取材に行ったときに写真を取りました。
ただ、峰吉が軍鶏を買いに行った一件は史実かどうか再検討が必要だと思っています。
2010/01/14(Thu) 11:37 | URL  | 桐野 #hxjklqKc[ 編集]
なるほど
それでパークス襲撃現場は新橋通と縄手通の角辺りというわけですね。
それと言われてみれば、確かに峰吉が軍鶏を買いに行った一件は史実かどうか再検討が必要ですね。
最初に四条小橋の鳥新に軍鶏肉を買いに行ったけど、すぐに出せる肉がなくて、二、三十分手間取ったという話ですね。
(菊屋峰吉談)
2010/01/16(Sat) 07:44 | URL  | 森重和雄 #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。