歴史作家桐野作人のブログ                                      織田信長と島津氏・薩摩藩・幕末維新を中心に歴史にまつわる身辺雑記
新しい大河ドラマが始まりましたね。

映像表現が「坂の上の雲」と同じ手法を使っているように見えました。
何というシステムなんでしょうか?
通常の画面よりきれいで深みと陰影があり、リアリズムが増す効果があるような気がします。

脚本は昨年の大河ドラマより数等上に感じました。
ツボをよく押さえていて、さすが売れっ子脚本家ですね。
ドラマとしては楽しめるものになっていると思います。

導入部分、予想は当たらずとも遠からずだったです。
おそらく功成り名を遂げた弥太郎が過去を回想するシーンから始まると思っていました。
ここは当たりましたが、坂崎紫瀾が登場したのはサプライズでしたね。
なかなかの着想です。

この段階で史実云々は言いますまい。

私としては、脚本家の時代のとらえ方に、そしてそれの龍馬への投影のしかたに少し違和感を覚えました。
土佐藩独得の身分制度である上士と下士の対立について、

憎しみからは何も生まれない

と龍馬に言わせました。
単に個人的な憎しみだけならそうかもしれませんが、描かれる舞台は個人の憎しみでないことは明らかです。
身分や階級という集団的な問題です。
今後、この考え方を全編に貫徹するなら、それを龍馬に体現させるなら、果たして幕末期の時代相を描けるものだろうかという疑問です。杞憂であればよいですが……。

土佐藩においては、天保庄屋同盟、そして土佐勤王党の結成をみればわかるように、身分差別の憎しみや憤激のなかから改革の炎が、そして維新変革への主体が創出されたのではないかと思います。

他藩もそうでしょう。

下級城下士の結社精忠組を生んだ薩摩藩
松下村塾や奇兵隊など諸隊を生んだ長州藩
天狗党を生んだ水戸藩などなど。

いずれも徒党や結社を結んでの、下からの上に対する、ときには流血を伴う異議申し立てや実力行使が藩政を変え、さらには日本全体を変える原動力になったのではないかと思います。
その根底にあるのは、集団的な憎しみないしは憤激であり、それが対外的危機と結びついて時代を動かしたのだと思います。

そこのところを踏み違えると、何か違うドラマになるような気がします。
龍馬だって、れっきとした土佐勤王党の一員ですから。

今年の大河は昨年とは打って変わって出来がよさそうですから、そこのところを注目していきたいです。

よろしければ、下記をクリックして下さい。
人気ブログランキング
スポンサーサイト

【2010/01/03 22:12】 | 龍馬伝
トラックバック(1) |

新年快楽
みらん
桐野さん、こんばんは。
今年もブログ、楽しみにしてます!

ついに始まりましたね~(^O^)。
坂の上の雲と龍馬伝は何とかという新しいカメラで撮影しているので、映像がやたら綺麗なんだそうです。
ハンディカメラ風な撮り方はさすがハゲタカスタッフだなと思いました。

憎しみからは何も生まれない~は、桐野さんのご意見に賛同です。
脱藩なんかもどう絡めて行くのでしょうね!?
個人的には弥太郎のぼさんに一票でした(笑)。

ところでBS‐hiで始まった『蒼窮の昴』はご覧になってますか?


木暮兼人
おひさしぶりです
今年の大河の今のところの出来にちょっと
ほっとした一人です

個人的には・・・
イデオロギーの対立となるはずの幕末の話を
そんなきれいごとではじめちゃっていいのかなあ・・・
と思わないでもないのですが
福山リョウマの全体像がまだ曖昧模糊としているので
このまま様子を見たいと思います

本年もよろしくお願いいたします

本年もよろしくお願いします。
ぶるぼん
先生、あけましておめでとうございます。
とうとう始まっちゃいましたね。大河ドラマ。
本年からは旅じゃBLOGでもなく、
shugoro日記のほうになりますが、
コバンザメ商法でしつこくトラバ貼らせていただきますね。
お互い頑張って批評を完走できるといいですが。



とらさん
あけましておめでとうございます。
竜馬を、「戦いは何も生まない」とか平和を愛する人物のように描くのかもしれませんが、武器の仲介、とかそのあたりもどうするのでしょうね。
たぶん、「刀は自分の愛するものを守るためにある」とかそういったセリフも出そうな気が・・

今年もよろしくお願いします。

プロレグッシブカメラ
桐野
みらん隊長、こんにちは。

あの画質、調べてみたら、プロレグッシブカメラっていうらしいですね。

弥太郎については、正岡子規の残像がまだこびりついています。短期間でどちらも印象的ですね。

あいや、『蒼窮の昴』は地上波放映じゃなかったのですか!
たしか田中裕子が西太后を演じているんですよね。予告か番宣は見ました。唯一の日本人俳優で、他はすべて中国人とか。
故宮もどこかにほぼ原寸大のセットが出来ていると聞いて驚きました。中国はスケールが違います。

龍馬像
桐野
木暮兼人さん、こんにちは。
ご無沙汰しておりました。

龍馬像については、何となく想像できる気がしています。
争いごとを好まない平和主義者で、左右の対立を調停する周旋家として描くんだろうと思います。

龍馬は薩長同盟など周旋に真価を発揮しますが、それは単に相対する両者を妥協させるという底の浅いものじゃなく、時代のうねりを自覚したうえでの真剣勝負だと思うのですが、果たしてそこまで描ききれるか。
近年の大河ドラマの傾向を見ていると、そんな面倒ことはスルーする可能性が高いのではと思っています。

ともあれ、本年もよろしく。



コバンザメ
桐野
ぶるぼんさん、こんにちは。

トラックバックの件、了解です。
そちらのブログも私がスルーした土佐藩内の内訌の史実を指摘されていて、なかなかの時代考証だと思いました。

本年もよろしく。

平和主義者?
桐野
とらさん、こんにちは。

ご指摘のとおりですね。
どうも近年は、龍馬を底の浅い平和主義者の枠に押し込めがちですね。
私は大政奉還の直前まで、龍馬は武力倒幕論者だったと思っていますが。ご指摘のとおり、土佐藩に小銃1000挺を運び込んだのも、土佐藩に倒幕をやらせるためでしたからね。

こんな明々白々の史実をスルーして、心地よい小市民的な龍馬像に自己満足して何が面白いのかと思っていますが、所詮、年寄りの冷や水のようで(爆)。

はじめまして。
うなきち
いつも、歴史の疑問を調べる参考にさせていただいております。ありがとうございます。

今回の大河は、私の故郷土佐の話なので、つい、初書き込みいたしました。

私も去年の大河よりは、脚本を含め演出、全体の構成など数段上やな~と思いました。それと、方言の指導が、かなり行き届いていて、土佐弁ネイティブ(笑)の人間が聞いてても不快感がかなり少ない。(広末さん、島崎さんは土佐人なので別格として。)なかでも、寺島しのぶさんのニュアンスの捉え方には、驚きました。すごいうまい!!香川さん、宮サコさんも上手。見習ってよ~!?、福山クン!(^^;)

あと、土佐人の気質もよく表現されてましたよ。
女子衆の気が強いが、世話好きでおしゃべりなところ。
男衆の酒好きで、声がでかくて短気な人が多いところ等、これまたニュアンスの捉え方がうまい!!
幼少時に、親に土佐弁で叱られた事などを思い出されて、見てて気分が悪くなったほどでした。(汗)

後は、みなさんご心配の様に、竜馬をしっかり描いてほしい。一昨年の小松帯刀のように「そんなはずはないやろ~!!」ってとこに、持って行かないでほしい。。。
(あれは、見ててとても残念でした。)

ついでに、高知に観光客の方にたくさん来ていただければ、言う事ないんですけどね。(^^)貧乏~ですから、高知県は。(汗汗。。。)

ともあれ、今年もよろしくお願いします。


とらさん
おはようございます。
竜馬は決して、武力否定論者、ではなかったでしょうか。
ただ、あくまでドラマはドラマなので、これをたたき台にして、こっそり?、竜馬を語らないと、居酒屋なんかでは後ろからバッサリ・・

田中裕子の西大后、写真とものすごく似てますよね。そっくりを越えて影武者レベルのよう。

土佐弁
桐野
うなきちさん、はじめまして。

高知のご出身ですか。
ドラマで使われた土佐弁はまずまずだったとのこと。やはり地元の方でないと、そのへんはわかりませんよね。
今後も、地元ならではの情報をお教え下さい。
篤姫での小松帯刀の描き方、私も不満でした。今年も登場するようですが、篤姫が出ないので未練たらしい男には描かれないと思いますが、別の不安もありますね。

余談ですが、来月、高知で講演する予定です。
詳しくはブログでお知らせします。



武力否定論者?
桐野
とらさん、こんにちは。

龍馬が武力否定論者だった、平和主義者だったという俗説がまかり通っていますね。龍馬の実像からこれほどほど遠い見方はないと思います。

まあ、寺田屋事件でも、ピストルを使って自己防衛してますよ。これだけでも武力否定論者ではないはずですが……。そんなに平和主義者だったら、抵抗しないでおとなしく縛についたらよかったのではと思います。

第二次幕長戦争でも長州を支援して海戦にも参加してますよね。実際どこまで戦ったかはわかりませんが。明らかに長州に肩入れしています。

大政奉還直前に土佐に小銃1000挺運び込んだのも、薩長芸三藩の挙兵計画があったので、土佐もそれに乗り遅れないように加わるべきだという龍馬の郷土愛からのお節介でした。
また木戸孝允との間で、板垣退助を担ぎ出しての「砲撃芝居」を土佐もやるべきだとも論じています。

これらのどこが武力否定論者なのか、理解に苦しむところです。




とらさん
こんばんわ、いつもお忙しい中、お返事ありがとうございます。
すいません、書き方がおかしかったようですが、自分も竜馬を平和主義とか武力否定とは思ってません。
竜馬は生前一人も切り殺していない、というのをその論拠にしてるのをよく見かけますね。
それと、防衛のための行動は容認される、というような発想もですね。
こういうのは論理の飛躍と言うかすりかえというか、本質とは違ってきますよね。
竜馬の本質にはかなり利己的な部分が多い、そのように感じます。
もっとも時代が時代ですから、善悪の問題ではないのですが、どうしてもテレビだとわかりやい英雄像を求めているのでしょうかね。


忍っこ
はじめまして忍っこと申します。
桐野先生がおっしゃるように
「憎しみからは何も生まれない」この言葉で貫くとしたら
昨年の天地人の御館の乱みたいに「義」がどこにあるのか、
と同じ意味につながると思うんですよね
上士に対する憎しみがあるから脱藩したんだと思うし
身分制度然り、憎しみがあるから倒幕派に傾注していくのだと
思いました。
どちらかというと「JIN仁」の
内野聖陽のほうが実在の竜馬らしい感じがしました。

うんざりした「義」「愛」
桐野
忍っこさん、はじめまして。

コメント有難うございます。

「天地人」との比較、鋭い見方ですね。
「義」だの「愛」だのと、まるでインフレでしたね。世間はデフレなのに。
「龍馬伝」はそうならないように期待していますが、一抹の不安を感じています。とくに終盤あたりはそうなりそうな予感がしています。

JINは私も大好きで、全部見ました。
内野龍馬は達者でしたね。
でも、実際の龍馬より少し騒々しいかも。
龍馬はゆっくりしゃべって、物静かな人だったようですから。


管理人のみ閲覧できます
-


コメントを閉じる▲
コメント
この記事へのコメント
新年快楽
桐野さん、こんばんは。
今年もブログ、楽しみにしてます!

ついに始まりましたね~(^O^)。
坂の上の雲と龍馬伝は何とかという新しいカメラで撮影しているので、映像がやたら綺麗なんだそうです。
ハンディカメラ風な撮り方はさすがハゲタカスタッフだなと思いました。

憎しみからは何も生まれない~は、桐野さんのご意見に賛同です。
脱藩なんかもどう絡めて行くのでしょうね!?
個人的には弥太郎のぼさんに一票でした(笑)。

ところでBS‐hiで始まった『蒼窮の昴』はご覧になってますか?
2010/01/03(Sun) 22:50 | URL  | みらん #-[ 編集]
おひさしぶりです
今年の大河の今のところの出来にちょっと
ほっとした一人です

個人的には・・・
イデオロギーの対立となるはずの幕末の話を
そんなきれいごとではじめちゃっていいのかなあ・・・
と思わないでもないのですが
福山リョウマの全体像がまだ曖昧模糊としているので
このまま様子を見たいと思います

本年もよろしくお願いいたします
2010/01/03(Sun) 23:21 | URL  | 木暮兼人 #AVNby.KY[ 編集]
本年もよろしくお願いします。
先生、あけましておめでとうございます。
とうとう始まっちゃいましたね。大河ドラマ。
本年からは旅じゃBLOGでもなく、
shugoro日記のほうになりますが、
コバンザメ商法でしつこくトラバ貼らせていただきますね。
お互い頑張って批評を完走できるといいですが。
2010/01/03(Sun) 23:55 | URL  | ぶるぼん #41Gd1xPo[ 編集]
あけましておめでとうございます。
竜馬を、「戦いは何も生まない」とか平和を愛する人物のように描くのかもしれませんが、武器の仲介、とかそのあたりもどうするのでしょうね。
たぶん、「刀は自分の愛するものを守るためにある」とかそういったセリフも出そうな気が・・

今年もよろしくお願いします。
2010/01/04(Mon) 11:31 | URL  | とらさん #-[ 編集]
プロレグッシブカメラ
みらん隊長、こんにちは。

あの画質、調べてみたら、プロレグッシブカメラっていうらしいですね。

弥太郎については、正岡子規の残像がまだこびりついています。短期間でどちらも印象的ですね。

あいや、『蒼窮の昴』は地上波放映じゃなかったのですか!
たしか田中裕子が西太后を演じているんですよね。予告か番宣は見ました。唯一の日本人俳優で、他はすべて中国人とか。
故宮もどこかにほぼ原寸大のセットが出来ていると聞いて驚きました。中国はスケールが違います。
2010/01/04(Mon) 12:27 | URL  | 桐野 #hxjklqKc[ 編集]
龍馬像
木暮兼人さん、こんにちは。
ご無沙汰しておりました。

龍馬像については、何となく想像できる気がしています。
争いごとを好まない平和主義者で、左右の対立を調停する周旋家として描くんだろうと思います。

龍馬は薩長同盟など周旋に真価を発揮しますが、それは単に相対する両者を妥協させるという底の浅いものじゃなく、時代のうねりを自覚したうえでの真剣勝負だと思うのですが、果たしてそこまで描ききれるか。
近年の大河ドラマの傾向を見ていると、そんな面倒ことはスルーする可能性が高いのではと思っています。

ともあれ、本年もよろしく。

2010/01/04(Mon) 16:20 | URL  | 桐野 #hxjklqKc[ 編集]
コバンザメ
ぶるぼんさん、こんにちは。

トラックバックの件、了解です。
そちらのブログも私がスルーした土佐藩内の内訌の史実を指摘されていて、なかなかの時代考証だと思いました。

本年もよろしく。
2010/01/04(Mon) 16:23 | URL  | 桐野 #hxjklqKc[ 編集]
平和主義者?
とらさん、こんにちは。

ご指摘のとおりですね。
どうも近年は、龍馬を底の浅い平和主義者の枠に押し込めがちですね。
私は大政奉還の直前まで、龍馬は武力倒幕論者だったと思っていますが。ご指摘のとおり、土佐藩に小銃1000挺を運び込んだのも、土佐藩に倒幕をやらせるためでしたからね。

こんな明々白々の史実をスルーして、心地よい小市民的な龍馬像に自己満足して何が面白いのかと思っていますが、所詮、年寄りの冷や水のようで(爆)。
2010/01/04(Mon) 16:27 | URL  | 桐野 #hxjklqKc[ 編集]
はじめまして。
いつも、歴史の疑問を調べる参考にさせていただいております。ありがとうございます。

今回の大河は、私の故郷土佐の話なので、つい、初書き込みいたしました。

私も去年の大河よりは、脚本を含め演出、全体の構成など数段上やな~と思いました。それと、方言の指導が、かなり行き届いていて、土佐弁ネイティブ(笑)の人間が聞いてても不快感がかなり少ない。(広末さん、島崎さんは土佐人なので別格として。)なかでも、寺島しのぶさんのニュアンスの捉え方には、驚きました。すごいうまい!!香川さん、宮サコさんも上手。見習ってよ~!?、福山クン!(^^;)

あと、土佐人の気質もよく表現されてましたよ。
女子衆の気が強いが、世話好きでおしゃべりなところ。
男衆の酒好きで、声がでかくて短気な人が多いところ等、これまたニュアンスの捉え方がうまい!!
幼少時に、親に土佐弁で叱られた事などを思い出されて、見てて気分が悪くなったほどでした。(汗)

後は、みなさんご心配の様に、竜馬をしっかり描いてほしい。一昨年の小松帯刀のように「そんなはずはないやろ~!!」ってとこに、持って行かないでほしい。。。
(あれは、見ててとても残念でした。)

ついでに、高知に観光客の方にたくさん来ていただければ、言う事ないんですけどね。(^^)貧乏~ですから、高知県は。(汗汗。。。)

ともあれ、今年もよろしくお願いします。
2010/01/04(Mon) 20:13 | URL  | うなきち #-[ 編集]
おはようございます。
竜馬は決して、武力否定論者、ではなかったでしょうか。
ただ、あくまでドラマはドラマなので、これをたたき台にして、こっそり?、竜馬を語らないと、居酒屋なんかでは後ろからバッサリ・・

田中裕子の西大后、写真とものすごく似てますよね。そっくりを越えて影武者レベルのよう。
2010/01/05(Tue) 10:06 | URL  | とらさん #-[ 編集]
土佐弁
うなきちさん、はじめまして。

高知のご出身ですか。
ドラマで使われた土佐弁はまずまずだったとのこと。やはり地元の方でないと、そのへんはわかりませんよね。
今後も、地元ならではの情報をお教え下さい。
篤姫での小松帯刀の描き方、私も不満でした。今年も登場するようですが、篤姫が出ないので未練たらしい男には描かれないと思いますが、別の不安もありますね。

余談ですが、来月、高知で講演する予定です。
詳しくはブログでお知らせします。

2010/01/05(Tue) 10:28 | URL  | 桐野 #hxjklqKc[ 編集]
武力否定論者?
とらさん、こんにちは。

龍馬が武力否定論者だった、平和主義者だったという俗説がまかり通っていますね。龍馬の実像からこれほどほど遠い見方はないと思います。

まあ、寺田屋事件でも、ピストルを使って自己防衛してますよ。これだけでも武力否定論者ではないはずですが……。そんなに平和主義者だったら、抵抗しないでおとなしく縛についたらよかったのではと思います。

第二次幕長戦争でも長州を支援して海戦にも参加してますよね。実際どこまで戦ったかはわかりませんが。明らかに長州に肩入れしています。

大政奉還直前に土佐に小銃1000挺運び込んだのも、薩長芸三藩の挙兵計画があったので、土佐もそれに乗り遅れないように加わるべきだという龍馬の郷土愛からのお節介でした。
また木戸孝允との間で、板垣退助を担ぎ出しての「砲撃芝居」を土佐もやるべきだとも論じています。

これらのどこが武力否定論者なのか、理解に苦しむところです。

2010/01/05(Tue) 10:34 | URL  | 桐野 #hxjklqKc[ 編集]
こんばんわ、いつもお忙しい中、お返事ありがとうございます。
すいません、書き方がおかしかったようですが、自分も竜馬を平和主義とか武力否定とは思ってません。
竜馬は生前一人も切り殺していない、というのをその論拠にしてるのをよく見かけますね。
それと、防衛のための行動は容認される、というような発想もですね。
こういうのは論理の飛躍と言うかすりかえというか、本質とは違ってきますよね。
竜馬の本質にはかなり利己的な部分が多い、そのように感じます。
もっとも時代が時代ですから、善悪の問題ではないのですが、どうしてもテレビだとわかりやい英雄像を求めているのでしょうかね。
2010/01/05(Tue) 21:21 | URL  | とらさん #-[ 編集]
はじめまして忍っこと申します。
桐野先生がおっしゃるように
「憎しみからは何も生まれない」この言葉で貫くとしたら
昨年の天地人の御館の乱みたいに「義」がどこにあるのか、
と同じ意味につながると思うんですよね
上士に対する憎しみがあるから脱藩したんだと思うし
身分制度然り、憎しみがあるから倒幕派に傾注していくのだと
思いました。
どちらかというと「JIN仁」の
内野聖陽のほうが実在の竜馬らしい感じがしました。
2010/01/05(Tue) 23:01 | URL  | 忍っこ #i6S8jvBo[ 編集]
うんざりした「義」「愛」
忍っこさん、はじめまして。

コメント有難うございます。

「天地人」との比較、鋭い見方ですね。
「義」だの「愛」だのと、まるでインフレでしたね。世間はデフレなのに。
「龍馬伝」はそうならないように期待していますが、一抹の不安を感じています。とくに終盤あたりはそうなりそうな予感がしています。

JINは私も大好きで、全部見ました。
内野龍馬は達者でしたね。
でも、実際の龍馬より少し騒々しいかも。
龍馬はゆっくりしゃべって、物静かな人だったようですから。
2010/01/07(Thu) 09:41 | URL  | 桐野 #hxjklqKc[ 編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2010/01/10(Sun) 18:52 |   |  #[ 編集]
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
はい、3日早々から始まっちゃいましたね。今年の大河ドラマ『龍馬伝』。 昨年は旅じゃBLOGからの移行でしたが、本年は果たしてこのshugoro日記で完走できるでしょうか? 先行不安ですが、とりあえずお付き合いのほどよろしくお願いします。 ただし来週以降は競馬予想と
2010/01/03(Sun) 23:51:21 |  shugoroの日記