歴史作家桐野作人のブログ                                      織田信長と島津氏・薩摩藩・幕末維新を中心に歴史にまつわる身辺雑記
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

拙宅では年末年始、ネット環境にまつわるトラブルが発生するのが恒例になっている。

今回も例外ではなかった。
まず、わずか10日間ほどでインターネットがつながらなくなったことが2回。
一度目は、机周辺に高く積み上げた史料本の重圧でコンセントがはずれるという単純事故。
二度目は、長く電源を入れすぎていたのか、光のモデムがフリーズしてしまった。
当初原因がわからなかったので、三が日にあわててサポートセンターに電話したら、モデムだと判明。
しかも、光電話もつながらなくなっており、通常の固定で電話することになった。
いったん電源を落としてから入れ直したら、正常に戻ってホッと一息。

ネットがつながらなくなると、陸の孤島に取り残されたような感覚になってしまう。
幸い、近年はイーモバイルの端末もあるので、万が一のトラブルでも、これをつなげば何とかなるが……。

つづいて、昨日から物書きにとって最悪のトラブルが発生。
何と、デスクトップPCのワープロソフトのトラブル。
私は守旧派で、20年使い慣れた「一太郎」で今もって入力しているのだが、一昨日、突如として入力不能となる。
たとえば、「興味深い」と打とうとして、「きょうm」まで打てても、「i」が打てず、なぜか「きょうm い」となってしまう。しまいには入力不能となった。
仕方なく使い慣れぬwordを開いたが、これも途中から同様の状態に。
どうも、特定のキー入力がダメになっていると判断して、翌朝、近くの家電量販店でキーボードを購入して取り替えてみたところ、これでも同様で改善しない。
よくよく考えてみれば、一太郎もwordも辞書はATOKを使っている。原因はこれか?

結局、今日現在でも完全に直っていない。
最初は入力できても、途中からハングアップとなる。
現在もノートPCから入力している始末。

一昨日かその前日、マイクロソフトの自動更新があり、それがあまりに時間がかかりすぎるので、未了のままキャンセルした。どうも残り少ないHDDの容量を超える大きな更新だったんじゃないかと思う。
思い当たるのはこれだけ。この一件が悪さをしてるんじゃないかと思うが、素人なので原因は不明のまま。

いま大事な、しかも大量に入力しなければならない原稿を抱えており、ノートPCでの入力は正直いってつらい。
「神は乗り越えられる試練しか与えない」と、昨年末に終わった某ドラマで何度も強調していたから、それを信じて、しこしこ入力するしかない。

しかし、何かに取り憑かれているんだろうか?

よろしければ、下記をクリックして下さい。
人気ブログランキング




スポンサーサイト

【2010/01/08 11:09】 | 雑記
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。