歴史作家桐野作人のブログ                                      織田信長と島津氏・薩摩藩・幕末維新を中心に歴史にまつわる身辺雑記
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「龍馬伝」第6回
―松陰はどこだ?―

ドラマ進行時点は嘉永7年(1854)1月から6月頃。

ペリー艦隊が再度来航しました。
龍馬の千葉道場からの一時破門など、創作がつづきます。
その最たるものは、龍馬が桂小五郎とともに、下田に行き、吉田松陰の密航を制止に行くシーンですね。
もちろん、龍馬も桂もその場にはいませんから、フィクションです。

このシーン、既視感がありました。
数年前の大河ドラマ「新撰組」です。
あのときは黒船見学に、近藤勇・土方歳三と桂、龍馬に佐久間象山が呉越同舟でしたね。
多少入れ替わりがありますが、また再現ですね。
共通しているのは、龍馬と桂です。
大河ドラマで2度も刷り込んでは「史実」だと勘違いする人が出そうです。

剣で黒船に太刀打ちできるのかという、龍馬なりの苦悩が描かれていますが、史実では嘉永6年(1853)12月、佐久間象山の砲術門人帖に龍馬の名前があることから、砲術に関心をもち、佐久間象山の塾に入っていることがわかります。黒船来航から半年後ですから、史実の龍馬は自分なりに解答を見つけています。松陰先生をあえて登場させる必然性はなかったかもしれません。

一方、岩崎弥太郎ですが、相変わらず郷里の井ノ口村でくすぶっています。
ここは高知城下から相当離れていて、平井加尾がとても通ってこれる場所ではないのですが、まあ、大目に見ましょう(笑)。

ただ、弥太郎にようやく江戸遊学のチャンスが訪れました。
加尾の根回しで、多賀屋何とかという商人が弥太郎の意見書に感心して遊学費用を出してくれるという筋書になっていました。
しかし、実際は違うようです。『岩崎弥太郎伝』によれば、遊学のきっかけとなったのは、知り合いの藩士奥宮忠次郎が江戸詰に異動となったことです。弥太郎は奥宮に江戸遊学の志望を述べたところ、奥宮が心を動かされて従者にしてくれたということです。
奥宮の日記に、その一件が書かれていて、弥太郎のことを「有志の秀才なり」と記しています。優秀な人物だったことは間違いないようです。

次回は河田小龍が登場するようですね。

よろしければ、下記をクリックして下さい。
人気ブログランキング
スポンサーサイト

【2010/02/07 21:56】 | 龍馬伝
トラックバック(1) |


忍っこ
大河ドラマを見て思うのですが・・・
ドラマという性質上フィクションは、
多少やむを得ないと思うんですよ
ただその補足を地デジ等のデータ放送あるいは
ネットの公式HPなどで
ドラマ上はこうだったけれども、史実としてはこうであると
ちゃんと説明してもらえばいいと思うんですよね



テロップ
桐野
忍っこさん、こんにちは。

そうですよね。
番組の最後に、「このドラマはフィクションです」とテロップを流すだけでもだいぶ違うと思いますが。
まあ、考えてみれば、ドラマという言葉自体、フィクションを含意してますから、もし史実だと思い込むとすれば、視聴者側のリテラシーの問題かもしれませんね。


コメントを閉じる▲
コメント
この記事へのコメント
大河ドラマを見て思うのですが・・・
ドラマという性質上フィクションは、
多少やむを得ないと思うんですよ
ただその補足を地デジ等のデータ放送あるいは
ネットの公式HPなどで
ドラマ上はこうだったけれども、史実としてはこうであると
ちゃんと説明してもらえばいいと思うんですよね

2010/02/08(Mon) 22:16 | URL  | 忍っこ #JalddpaA[ 編集]
テロップ
忍っこさん、こんにちは。

そうですよね。
番組の最後に、「このドラマはフィクションです」とテロップを流すだけでもだいぶ違うと思いますが。
まあ、考えてみれば、ドラマという言葉自体、フィクションを含意してますから、もし史実だと思い込むとすれば、視聴者側のリテラシーの問題かもしれませんね。
2010/02/09(Tue) 22:22 | URL  | 桐野 #hxjklqKc[ 編集]
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
『龍馬伝』順調な滑り出しのようで、第5回では視聴率24.4%と記録更新。 やっぱり根本的なドラマのつくりが、『天地人』とは雲泥の差があるようです。 時代は嘉永7年(1854)から。道場を破門された龍馬を訪ねにくる佐那。 道場に戻ってくるよう兄にもおねだりする佐那が
2010/02/08(Mon) 00:16:52 |  shugoroの日記
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。