歴史作家桐野作人のブログ                                      織田信長と島津氏・薩摩藩・幕末維新を中心に歴史にまつわる身辺雑記
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

昨日、興味深い新聞記事を見た。
ここです。

中世山城の起源がじつに200年も遡るのではないかというのである。
その山城とは、秋田県横手市にある大鳥井山遺跡
八幡太郎義家や清原氏が登場する後三年合戦(1083~87年)の頃の山城だという。10世紀後半に築造が始まり、11世紀後半に土塁や堀が完成したという。
そして、後世の戦国時代には使用されていないという。この点が年代比定のうえで重要だろう。

通説では山城の出現は14世紀の南北朝内乱時代とされるから、じつに200年以上も遡る。しかも、立派な畝状竪堀が3本もあるというから驚きだ。

専門家のコメントがいくつか載っているが、11世紀後半築造説に否定的・批判的なコメントはない。
それにしても、事実ならどえらい発見です。ただ、年代比定については、より多方面の検討がなされたほうがいいのではという気がします。
今後の展開に期待するところ大ですね。

よろしければ、下記をクリックして下さい。
人気ブログランキング
スポンサーサイト

【2010/03/03 22:33】 | 戦国織豊
トラックバック(0) |

すごい発見ですよね。
NAO4@吟遊詩人
桐野先生 こんにちは

私も新聞でこの記事を拝見したときには、凄いことだと思いました。専門家の否定的な意見がないのは、調査報告書がしっかりしているのでしょうね。

>世界遺産を目指す平泉(岩手県)などで古代遺跡の調査が進み、歴史の物差しとなる土器の編年が整っていた。

>後世の戦国時代などに城として使われたことのないことも確認された。

などが、検証のポイントでしょうか。

なお、次のコメントが、私の長年の気になっている「一騎打ち」への疑問を投げかけているようで興味深いのですが。

>源平の合戦といえば、名乗ったうえでの刀での一騎打ちの場面を思い浮かべるが、「それは軍記物語や江戸時代の軍学者らが作り上げたイメージで実態ではない」と否定する。


桐野
NAO4@吟遊詩人さん、お久しぶりです。

大鳥井山遺跡をきっかけに、平安後期から源平期の山城があちこちから出てくる可能性がありますね。
もしかしたら、戦国期とされる山城も、それを遡る前史が埋蔵されているのかもしれませんね。今回の発見で、曲輪や土塁、空壕などの遺構だけでは年代特定の決め手にはならないことがわかりました。
おそらく土器などの随伴する遺物での年代特定が重要になってきます。戦国期の山城は実測調査などが主流で、発掘している事例はそんなに多くないですからね。
今後が楽しみです。

一騎打ちの引用は、おそらく近藤好和氏でしょうね。
彼には『騎兵と歩兵の中世史』(吉川弘文館、2005年)があります。何か解答が見つかるかも知れません。



ありがとうございます
NAO4@吟遊詩人
桐野先生
>『騎兵と歩兵の中世史』(吉川弘文館、2005年)
お教えいただき、ありがとうございました。
さっそく、入手してみます。

コメントを閉じる▲
コメント
この記事へのコメント
すごい発見ですよね。
桐野先生 こんにちは

私も新聞でこの記事を拝見したときには、凄いことだと思いました。専門家の否定的な意見がないのは、調査報告書がしっかりしているのでしょうね。

>世界遺産を目指す平泉(岩手県)などで古代遺跡の調査が進み、歴史の物差しとなる土器の編年が整っていた。

>後世の戦国時代などに城として使われたことのないことも確認された。

などが、検証のポイントでしょうか。

なお、次のコメントが、私の長年の気になっている「一騎打ち」への疑問を投げかけているようで興味深いのですが。

>源平の合戦といえば、名乗ったうえでの刀での一騎打ちの場面を思い浮かべるが、「それは軍記物語や江戸時代の軍学者らが作り上げたイメージで実態ではない」と否定する。
2010/03/05(Fri) 05:30 | URL  | NAO4@吟遊詩人 #laIirjiw[ 編集]
NAO4@吟遊詩人さん、お久しぶりです。

大鳥井山遺跡をきっかけに、平安後期から源平期の山城があちこちから出てくる可能性がありますね。
もしかしたら、戦国期とされる山城も、それを遡る前史が埋蔵されているのかもしれませんね。今回の発見で、曲輪や土塁、空壕などの遺構だけでは年代特定の決め手にはならないことがわかりました。
おそらく土器などの随伴する遺物での年代特定が重要になってきます。戦国期の山城は実測調査などが主流で、発掘している事例はそんなに多くないですからね。
今後が楽しみです。

一騎打ちの引用は、おそらく近藤好和氏でしょうね。
彼には『騎兵と歩兵の中世史』(吉川弘文館、2005年)があります。何か解答が見つかるかも知れません。

2010/03/05(Fri) 23:33 | URL  | 桐野 #hxjklqKc[ 編集]
ありがとうございます
桐野先生
>『騎兵と歩兵の中世史』(吉川弘文館、2005年)
お教えいただき、ありがとうございました。
さっそく、入手してみます。
2010/03/07(Sun) 10:43 | URL  | NAO4@吟遊詩人 #laIirjiw[ 編集]
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。