歴史作家桐野作人のブログ                                      織田信長と島津氏・薩摩藩・幕末維新を中心に歴史にまつわる身辺雑記
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

以前からずっと疑問に思っていることです。
そしてつい先日も経験して、いささか不愉快な気分になっています。

公共機関、とくに国や地方自治体の図書館、博物館、資料館、教育委員会などでは、図録・紀要・報告書など刊行し、また資料の複写サービスなどもしています。
これを購入したり複写申請するとき、その購入方法や代金支払はほとんど例外なく「現金書留」を指定されます。

私は先日、わずか250円ほどの複写サービスのため、500円も払って現金書留で送付しました。
以前はわずか50円程度送金するのに、同様のことがありました。切手ではダメかと聞きましたが、ダメの一点張り。
送金コストのほうが代金の2倍どころか10倍もかかっている現状を、関係者の方々はどの程度、自分のこととして受け止めておられますかね?

現金書留だと、金額1万円以内なら送料+420円かかります。
ほかに送金方法がなければ致し方ありませんが、果たしてないですか?
誰もネットバンクを使えとか、クレジットカード決済にしろとは申しません。

郵便局の「郵便振替」という、簡便で全国一律の庶民的なサービスがあるではありませんか。
自分でATMを操作して送金すれば、手数料わずか80円です。通常の現金書留の6分の1以下です。
しかも、現金封筒を購入したり(1枚20円)、3回厳重に糊づけしたり、ハンコを3カ所も捺したりする手間もかかりません。


私も会社を持っていましたので、郵便振替口座を開設したこともあります。
その手続きは簡単です。

関係機関では、なぜ郵便振替による送金方法を採用しないのでしょうか?
なぜ誰でもわかることなのに、利用者の便宜を図ろうとしないのでしょうか?

さらに、郵便振替のほうが現金書留よりも記録性において優れています。
現金を直接扱う現金書留のほうが紛失その他の事故の確率が高いです。事務処理上も記録が残る郵便振替のほうが間違いがなくてよいのでは。

なぜ現金書留にこだわるのか、ぜひ納得できる理由が聞きたいものです。

市民や利用者に不必要で過重な負担を押し付けて平然としていられる神経については、ゲスの勘繰りもしたくなるというもの。たとえば、

先例だからやめられないし、自分の懐が痛むわけでもない →住民サービスが強調されるご時世、不合理・理不尽なものを変えるちょっとした勇気もないのか

いまさら郵便振替口座を開設するのが面倒だ →余計な仕事はしたくない

現金書留のほうが手数料が高いので利用者が少なくなる →仕事が増えなくてよい

なんてことはおそらくないと思いますが……。

よろしければ、下記をクリックして下さい。
人気ブログランキング

スポンサーサイト

【2010/04/10 18:42】 | 雑記
トラックバック(0) |

賛成に一票!
森重和雄
桐野先生、こんにちは!
郵便振替口座の件は僕も全く同感です。
たぶん利用者の立場でものを考えた事が全くないのでしょうね。

賛成に同じく一票!
水野青鷺
桐野先生、コメント覧では、はじめまして。
「郵便振替口座」は私も同様に考えております。
おそらくは、「貨幣という物品」を収納することが唯一の決済だと考えられているのでしょう。振替や振込ですと、担当者が口座の入金をわざわざ確認しなければならない煩わしさがあり、もしも確認を怠ったり間違えたりすれば担当者の責任となり、「そんなことはやりとうない!」というのが本音でしょう。




決済
桐野
森重和雄さん、水野青鷺さん

やはり私以外にも疑問を感じていた方はおいでだったのですね。

>「貨幣という物品」を収納することが唯一の決済

なるほどと思いました。
もしそうなら、これは明治時代からの牢固とした「お上」意識の表れかもしれませんね。

もっとも、現金決済はいろいろ危ないし、不正の可能性もあると思うんですけどね。

コピー料金
森重和雄
桐野さま

こんにちは!
公共機関でコピー料金がモノクロ一枚¥50のところもありますが、これもいまどき高過ぎですよねぇ、・・・
貧乏な僕のような個人研究者には大変な負担です。

同感です
市野澤
こんにちわ。
おっしゃる点、激しく同感です。
私は怠慢と利用者へのサービス意識の低さが原因と考えています。
最近、支払いは現金書留でという機関が頓に増加したように感じていたので、
思わず書き込んでしまいました。

大河ドラマ「龍馬伝」の効果か、
武市半平太あて書状が高知市の高知県立文学館で開かれる土佐山内家宝物資料館企画展「山内容堂」で展示されるそうですね。
個人が所蔵していたため、資料集で活字として見ることはできたが、
現物の一般公開は初めてのようです。

藤本正行氏の新書(洋泉社)が出版されましたね。
同社から中田正光氏の新著が久々に発売したので、こちらを先に読むつもりです。

コピー料金
桐野
森重さん、こんにちは。

コピー料金50円はたしかに高いですね。
ただ、図書館などのコピー料金がコンビニなどのそれより多少高めになるのは致し方ないと思っています。
コピー自体が蔵書を傷めますし、文教予算が削減される昨今、多少でも維持費に充てるのは致し方ないとも思います。

サービス
桐野
市野澤さん、こんにちは。

サービス精神の欠如、その一言に尽きるでしょうね。

藤本正行氏の新著、ほかの方からも教えてもらいました。
私への批判があるそうですね。
さっそく読んでみたいと思います。



意識と努力
市野澤
桐野さん、こんにちは。

4月18日(日)の朝日新聞1面に「博物館 閉鎖の波」と報じられていました。
この件では色々と言いたいことがありますが、私が一番心配している点は所蔵品の保管や行き先です。
この報道、2面にも続いていて、文化庁で博物館行政を担当する栗原祐司学芸課長が「自治体も利用者を楽しませる意識や努力が足りなかった」と反省の弁を述べられていますが、これって、今回の『なぜ現金書留にこだわるのか』にも当て嵌まる反省に感じました。


藤本正行氏の著書で、桐野さんの見解に対する反論・批判の箇所、先に読みました。読了後、感想述べさせて下さいませ。

「龍馬伝」の近藤・土方・沖田のキャストが決定しましたね。
土方役の松田悟志さんには期待しています。
近藤役の原田さんは現代劇なら良いのですが、「篤姫」での大久保利通・「おんな太閤記」の前田利家も受け付けなかったのでチョット・・・


相模相公
はじめて書き込みをします。
現金書留で複写料金の支払いは高いという問題は当方も従前、問題視しています。
以前、郵便振替があるのだから、それを導入せよと図書館側に指摘したことがあるが、
彼らの言い分は、郵便振替になるとそれを管理する事務が煩雑になるという回答があった。
公務員はことさら、事務の煩雑さを忌み嫌う習性があるが、その一端ともいえる。
また、多くの図書館では郵便振替が馴染みで無いため、導入に踏み込めないといった感じも否めません。
因みに静岡県立図書館では郵便振替にて支払いが出来るので当方はここをよく利用している。

いやはや
桐野
相模相公さん、はじめまして。

古いエントリーにコメント有難うございます。

やはり公共機関が郵便振替を採用しないのは、事務の繁雑さが理由のようですね。
しかし、煩雑といったって知れたものですけどね。むしろ、現金を直接扱わなくてもいいという利点もあると思うんですが。
静岡県立図書館のように、利用者の便宜を図っている所もあるようで、少しホッとします。

小切手
相模相公
桐野さん
御回答ありがとうございます。
公務員って「現金」が好きなんですよ。
そういえば、昔、郵便振替を採用していない図書館宛に郵便局を振り出しとした
預金小切手をわざと送ったことがあります。
郵便振替で躊躇している図書館側。小切手ともなれば唖然としたでしょう。
郵便局が民営化前の話です。
預金小切手なら、郵便局が破綻しない限り、安全ですから。
そして銀行なら小切手発行で手数料が発生するが、
当時、郵便局では手数料が無料でしたから。
今はどうか知りませんが。

コメントを閉じる▲
コメント
この記事へのコメント
賛成に一票!
桐野先生、こんにちは!
郵便振替口座の件は僕も全く同感です。
たぶん利用者の立場でものを考えた事が全くないのでしょうね。
2010/04/11(Sun) 03:55 | URL  | 森重和雄 #-[ 編集]
賛成に同じく一票!
桐野先生、コメント覧では、はじめまして。
「郵便振替口座」は私も同様に考えております。
おそらくは、「貨幣という物品」を収納することが唯一の決済だと考えられているのでしょう。振替や振込ですと、担当者が口座の入金をわざわざ確認しなければならない煩わしさがあり、もしも確認を怠ったり間違えたりすれば担当者の責任となり、「そんなことはやりとうない!」というのが本音でしょう。


2010/04/11(Sun) 10:59 | URL  | 水野青鷺 #BaoC.tsY[ 編集]
決済
森重和雄さん、水野青鷺さん

やはり私以外にも疑問を感じていた方はおいでだったのですね。

>「貨幣という物品」を収納することが唯一の決済

なるほどと思いました。
もしそうなら、これは明治時代からの牢固とした「お上」意識の表れかもしれませんね。

もっとも、現金決済はいろいろ危ないし、不正の可能性もあると思うんですけどね。
2010/04/11(Sun) 22:49 | URL  | 桐野 #hxjklqKc[ 編集]
コピー料金
桐野さま

こんにちは!
公共機関でコピー料金がモノクロ一枚¥50のところもありますが、これもいまどき高過ぎですよねぇ、・・・
貧乏な僕のような個人研究者には大変な負担です。
2010/04/13(Tue) 02:14 | URL  | 森重和雄 #-[ 編集]
同感です
こんにちわ。
おっしゃる点、激しく同感です。
私は怠慢と利用者へのサービス意識の低さが原因と考えています。
最近、支払いは現金書留でという機関が頓に増加したように感じていたので、
思わず書き込んでしまいました。

大河ドラマ「龍馬伝」の効果か、
武市半平太あて書状が高知市の高知県立文学館で開かれる土佐山内家宝物資料館企画展「山内容堂」で展示されるそうですね。
個人が所蔵していたため、資料集で活字として見ることはできたが、
現物の一般公開は初めてのようです。

藤本正行氏の新書(洋泉社)が出版されましたね。
同社から中田正光氏の新著が久々に発売したので、こちらを先に読むつもりです。
2010/04/13(Tue) 12:13 | URL  | 市野澤 #-[ 編集]
コピー料金
森重さん、こんにちは。

コピー料金50円はたしかに高いですね。
ただ、図書館などのコピー料金がコンビニなどのそれより多少高めになるのは致し方ないと思っています。
コピー自体が蔵書を傷めますし、文教予算が削減される昨今、多少でも維持費に充てるのは致し方ないとも思います。
2010/04/17(Sat) 11:51 | URL  | 桐野 #hxjklqKc[ 編集]
サービス
市野澤さん、こんにちは。

サービス精神の欠如、その一言に尽きるでしょうね。

藤本正行氏の新著、ほかの方からも教えてもらいました。
私への批判があるそうですね。
さっそく読んでみたいと思います。

2010/04/17(Sat) 11:54 | URL  | 桐野 #hxjklqKc[ 編集]
意識と努力
桐野さん、こんにちは。

4月18日(日)の朝日新聞1面に「博物館 閉鎖の波」と報じられていました。
この件では色々と言いたいことがありますが、私が一番心配している点は所蔵品の保管や行き先です。
この報道、2面にも続いていて、文化庁で博物館行政を担当する栗原祐司学芸課長が「自治体も利用者を楽しませる意識や努力が足りなかった」と反省の弁を述べられていますが、これって、今回の『なぜ現金書留にこだわるのか』にも当て嵌まる反省に感じました。


藤本正行氏の著書で、桐野さんの見解に対する反論・批判の箇所、先に読みました。読了後、感想述べさせて下さいませ。

「龍馬伝」の近藤・土方・沖田のキャストが決定しましたね。
土方役の松田悟志さんには期待しています。
近藤役の原田さんは現代劇なら良いのですが、「篤姫」での大久保利通・「おんな太閤記」の前田利家も受け付けなかったのでチョット・・・
2010/04/19(Mon) 16:15 | URL  | 市野澤 #-[ 編集]
はじめて書き込みをします。
現金書留で複写料金の支払いは高いという問題は当方も従前、問題視しています。
以前、郵便振替があるのだから、それを導入せよと図書館側に指摘したことがあるが、
彼らの言い分は、郵便振替になるとそれを管理する事務が煩雑になるという回答があった。
公務員はことさら、事務の煩雑さを忌み嫌う習性があるが、その一端ともいえる。
また、多くの図書館では郵便振替が馴染みで無いため、導入に踏み込めないといった感じも否めません。
因みに静岡県立図書館では郵便振替にて支払いが出来るので当方はここをよく利用している。
2010/08/19(Thu) 19:53 | URL  | 相模相公 #PMMYkzMc[ 編集]
いやはや
相模相公さん、はじめまして。

古いエントリーにコメント有難うございます。

やはり公共機関が郵便振替を採用しないのは、事務の繁雑さが理由のようですね。
しかし、煩雑といったって知れたものですけどね。むしろ、現金を直接扱わなくてもいいという利点もあると思うんですが。
静岡県立図書館のように、利用者の便宜を図っている所もあるようで、少しホッとします。
2010/08/20(Fri) 13:46 | URL  | 桐野 #hxjklqKc[ 編集]
小切手
桐野さん
御回答ありがとうございます。
公務員って「現金」が好きなんですよ。
そういえば、昔、郵便振替を採用していない図書館宛に郵便局を振り出しとした
預金小切手をわざと送ったことがあります。
郵便振替で躊躇している図書館側。小切手ともなれば唖然としたでしょう。
郵便局が民営化前の話です。
預金小切手なら、郵便局が破綻しない限り、安全ですから。
そして銀行なら小切手発行で手数料が発生するが、
当時、郵便局では手数料が無料でしたから。
今はどうか知りませんが。
2010/08/20(Fri) 17:22 | URL  | 相模相公 #PMMYkzMc[ 編集]
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。