歴史作家桐野作人のブログ                                      織田信長と島津氏・薩摩藩・幕末維新を中心に歴史にまつわる身辺雑記
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

前回、この間ご恵贈いただいたご論著を紹介しましたが、幕末・近代の2点を失念しておりました。
机まわりを整理したら、「発掘」されました。お二人には遅ればせながら、お詫びします。


松井慎一郎著『河合栄治郎―戦闘的自由主義者の真実―』 
中公新書 2009年12月刊

松井さんとは桜美林大学であった大久保利通研究会の報告会で知り合いました。
私は近代史には疎いのですが、河合の名前と事績は漠然とながら知っておりました。
でも、読んでみると、これほど気骨と信念のある思想家はわが国では珍しいと思いました。
副題にある「戦闘的自由主義者」という言葉がぴったりの人ですね。
マルクス主義と対峙しながらも、反軍部・反ファッショの闘いには、背筋の通った戦前の知識人の姿を彷彿とさせます。今日こそ、このような思想家や政治家が求められていると思いますが……。
またそれだけに、もっと知られてよいと思います。

町田明広「幕末政局における「皇政回復」―島津久光率兵上京を中心として―」
『佛教大学大学院紀要』文学研究科篇38号 2010年

現在、幕末島津氏についての論著を活発に世に問うている町田さんのご論考です。
2年ほど前だったか、明治維新史学会の大会での報告を論文化されたのだと思います。
「皇政回復」というのは聞き慣れない言葉ですが、文久年間における公武もしくは朝幕藩の関係のありようを規定した用語です。
ペリー来航以来、幕府の統治能力の衰退は誰の目にも明らかになり、代わって朝廷の権威が高まりました。そうしたなかで、幕府と朝廷の二元政治を何とか統合する試みが各方面からなされます。
従来、「公武合体」とか「公武一和」といった用語で語られていましたが、あまりにも漠然としており、それを語る朝廷や幕府・諸藩の立場性が捨象されてしまっています。
町田さんは諸政治勢力の立場・利害の違いによって「皇政回復」の位置づけが異なっていることを指摘しています。
とくに公武融和の下で自らの主導権を確立しようとする久光と、「天皇親政」をめざした岩倉具視や長州系攘夷派との違いを浮き彫りにしています。


余談ながら、私も今月18日、久しぶりに拙著を上梓予定です。

『関ヶ原 島津退き口―敵中突破三〇〇里―』 学研新書 

これまで書きためたものに加筆したものですが、これまでほとんど知られていない退き口の実態が書かれていると自負しております。関心のある方、ぜひお求め下さい。

よろしければ、下記をクリックして下さい。
人気ブログランキング
スポンサーサイト

【2010/05/07 23:59】 | 新刊
トラックバック(0) |

楽しみにしています
岩剣石塁
 『関ヶ原 島津退き口―敵中突破三〇〇里―』。
これは興味深い題材ですね。
 本屋に並ぶのを楽しみにしています。 

拙著
桐野
岩剣石塁さん、こんばんは。

拙著、まわりにも宣伝して下さいませ。
手前味噌ながら、力作だと思っております。

広告
岩剣石塁
 今日、鹿児島でも歴史群像101号の発売日だったので、早速
先生の「続 関ヶ原 島津退き口」を拝読いたしました。
最後の65ページに「5月11日発売」と広告が載っていました。
しっかり宣伝活動させていただきます(^_^)/

いよいよですね
市野澤
こんばんわ。
1月にお知らせ頂いていた新書の発売が迫っていますね。
版元が何処か気になっていたのですが、学研でしたか。

友人にも知らせ、「オンライン石田三成会」の掲示板を利用させて頂き、
SHUNさんへも紹介させて頂きました。

発売日ですが、月刊『歴史群像』では11日、
ネットでは21日というのもありました。
弊社関連のオンラインビーケーワンではデータもまだない状態です。

18日発売で宜しいでしょうか?

No title
桐野
市野澤さん、こんばんは。

拙著の発売日ですが、雑誌『歴史群像』に出ていた広告の5月11日は間違いです。
これは見本の日でして、18日発売が正しいです。

混乱させてすみません。

コメントを閉じる▲
コメント
この記事へのコメント
楽しみにしています
 『関ヶ原 島津退き口―敵中突破三〇〇里―』。
これは興味深い題材ですね。
 本屋に並ぶのを楽しみにしています。 
2010/05/08(Sat) 08:38 | URL  | 岩剣石塁 #qHI8YIeE[ 編集]
拙著
岩剣石塁さん、こんばんは。

拙著、まわりにも宣伝して下さいませ。
手前味噌ながら、力作だと思っております。
2010/05/08(Sat) 21:40 | URL  | 桐野 #hxjklqKc[ 編集]
広告
 今日、鹿児島でも歴史群像101号の発売日だったので、早速
先生の「続 関ヶ原 島津退き口」を拝読いたしました。
最後の65ページに「5月11日発売」と広告が載っていました。
しっかり宣伝活動させていただきます(^_^)/
2010/05/08(Sat) 23:19 | URL  | 岩剣石塁 #qHI8YIeE[ 編集]
いよいよですね
こんばんわ。
1月にお知らせ頂いていた新書の発売が迫っていますね。
版元が何処か気になっていたのですが、学研でしたか。

友人にも知らせ、「オンライン石田三成会」の掲示板を利用させて頂き、
SHUNさんへも紹介させて頂きました。

発売日ですが、月刊『歴史群像』では11日、
ネットでは21日というのもありました。
弊社関連のオンラインビーケーワンではデータもまだない状態です。

18日発売で宜しいでしょうか?
2010/05/11(Tue) 21:55 | URL  | 市野澤 #-[ 編集]
No title
市野澤さん、こんばんは。

拙著の発売日ですが、雑誌『歴史群像』に出ていた広告の5月11日は間違いです。
これは見本の日でして、18日発売が正しいです。

混乱させてすみません。
2010/05/12(Wed) 01:18 | URL  | 桐野 #hxjklqKc[ 編集]
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。