歴史作家桐野作人のブログ                                      織田信長と島津氏・薩摩藩・幕末維新を中心に歴史にまつわる身辺雑記
表題の拙著が本日発売です。

関ヶ原 島津退き口 ―敵中突破三〇〇里―

版元:学研新書
定価:830円(税込)

版元サイトの新刊にはまだ告知が出ていません。出次第URLを追加します。

アマゾンにはすでに出ていましたが、カバー写真は間に合わなかったようです。ここです。

私としては、これまでにない「退き口」の本だと思っています。といいますか、「退き口」の本自体がこれまでありませんでした。
関ヶ原合戦や戦国島津氏に関心のある方にはお勧めです。

よろしければ、下記をクリックして下さい。
人気ブログランキング
スポンサーサイト

【2010/05/18 08:46】 | 新刊
トラックバック(0) |

No title
中の人
鹿児島ですが、本日購入できました。


赤松小三郎のこと
zen
はじめまして。
赤松小三郎に関する記述があったので思わず書込ませていただきました。
私は赤松小三郎の出身地・信州は上田市在住の者です。
今年は大河ドラマの影響で竜馬ブームですが、赤松小三郎の地元で暮らす者とすれば、竜馬と同時代に同じような志を持って生きた人物は他にもたくさん居たんだということを訴えたい気持ちです。
話は少々かわりますが、赤松小三郎が作曲した「行進曲」を中学校の時に部活(吹奏楽)で演奏したことがあります。ご存知の通り洋兵法を学んだ小三郎は、その一環として西洋式の軍楽隊や音楽についても学んでいたようです。実際の楽譜は、とても行進曲と呼べるほどのものではなく、今の時代の消防団のラッパよりもさらにシンプルなものでしたが、子供なりに維新期当時の時代に思いを馳せたものでした。今となっては、その楽譜がどうなったのか、また演奏するに至った経緯も記憶にありませんが、地元出身の歴史上の人物について学ぶ貴重な機会だったのだな、と今更ながら感じています。(もう30年以上昔のことですが)
失礼いたしました。

管理人のみ閲覧できます
-


管理人のみ閲覧できます
-


御礼
桐野
中の人さん、こんにちは。

拙著お買上げいただき、有難うございます。
もしよかったら、感想などお聞かせ下さいませ。


赤松小三郎
桐野
zenさん、はじめまして。

上田のご出身ですか。
赤松小三郎はなかなかの人物だったと思います。政争に巻き込まれたのが不運でしたね。

今秋はそちらの池波正太郎記念館で、赤松関連の企画展もある由聞いております。楽しみですね。


ご返答ありがとうございます
zen
池波正太郎記念館でも赤松小三郎の企画展があるのですね。チェックしておきます(地元に居ながら知りませんでした(苦笑))機会がありましたら、是非一度上田にもお越しください。

購入
森重和雄
桐野さま
本日、ご著書を購入いたしました。
じっくり読んで楽しむつもりです。(微笑)


No title
中の人
読了いたしました。

>「退き口」の本自体がこれまでありませんでした。
そういえば、浅学菲才の身では「島津奔る」や「真田太平記」といった小説でしか、まとまった分量には出遭ったことがなかったですね。

それだけに、史料を縦横に駆使された、(私にとっては)新知見ばかりで、存分に堪能させていただきました。

講読御礼
桐野
森重さん、中の人さん

拙著のお買い求めや読了有難うございます。
まわりの方々にも紹介して下さいませ。


面白い力作
島津最強
本多忠勝も驚いチャウ
伊井直政は撃たれ落馬
家康ちゃん、ブルっチャウ

敵の真ん中を突っ込んで突破する島津義弘
どんだけぇ~

コメントを閉じる▲
コメント
この記事へのコメント
No title
鹿児島ですが、本日購入できました。
2010/05/20(Thu) 22:53 | URL  | 中の人 #-[ 編集]
赤松小三郎のこと
はじめまして。
赤松小三郎に関する記述があったので思わず書込ませていただきました。
私は赤松小三郎の出身地・信州は上田市在住の者です。
今年は大河ドラマの影響で竜馬ブームですが、赤松小三郎の地元で暮らす者とすれば、竜馬と同時代に同じような志を持って生きた人物は他にもたくさん居たんだということを訴えたい気持ちです。
話は少々かわりますが、赤松小三郎が作曲した「行進曲」を中学校の時に部活(吹奏楽)で演奏したことがあります。ご存知の通り洋兵法を学んだ小三郎は、その一環として西洋式の軍楽隊や音楽についても学んでいたようです。実際の楽譜は、とても行進曲と呼べるほどのものではなく、今の時代の消防団のラッパよりもさらにシンプルなものでしたが、子供なりに維新期当時の時代に思いを馳せたものでした。今となっては、その楽譜がどうなったのか、また演奏するに至った経緯も記憶にありませんが、地元出身の歴史上の人物について学ぶ貴重な機会だったのだな、と今更ながら感じています。(もう30年以上昔のことですが)
失礼いたしました。
2010/05/21(Fri) 08:23 | URL  | zen #-[ 編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2010/05/22(Sat) 19:09 |   |  #[ 編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2010/05/23(Sun) 12:24 |   |  #[ 編集]
御礼
中の人さん、こんにちは。

拙著お買上げいただき、有難うございます。
もしよかったら、感想などお聞かせ下さいませ。
2010/05/24(Mon) 14:31 | URL  | 桐野 #hxjklqKc[ 編集]
赤松小三郎
zenさん、はじめまして。

上田のご出身ですか。
赤松小三郎はなかなかの人物だったと思います。政争に巻き込まれたのが不運でしたね。

今秋はそちらの池波正太郎記念館で、赤松関連の企画展もある由聞いております。楽しみですね。
2010/05/24(Mon) 14:34 | URL  | 桐野 #hxjklqKc[ 編集]
ご返答ありがとうございます
池波正太郎記念館でも赤松小三郎の企画展があるのですね。チェックしておきます(地元に居ながら知りませんでした(苦笑))機会がありましたら、是非一度上田にもお越しください。
2010/05/25(Tue) 20:27 | URL  | zen #-[ 編集]
購入
桐野さま
本日、ご著書を購入いたしました。
じっくり読んで楽しむつもりです。(微笑)
2010/05/26(Wed) 22:50 | URL  | 森重和雄 #-[ 編集]
No title
読了いたしました。

>「退き口」の本自体がこれまでありませんでした。
そういえば、浅学菲才の身では「島津奔る」や「真田太平記」といった小説でしか、まとまった分量には出遭ったことがなかったですね。

それだけに、史料を縦横に駆使された、(私にとっては)新知見ばかりで、存分に堪能させていただきました。
2010/05/27(Thu) 00:57 | URL  | 中の人 #-[ 編集]
講読御礼
森重さん、中の人さん

拙著のお買い求めや読了有難うございます。
まわりの方々にも紹介して下さいませ。
2010/05/29(Sat) 00:28 | URL  | 桐野 #hxjklqKc[ 編集]
面白い力作
本多忠勝も驚いチャウ
伊井直政は撃たれ落馬
家康ちゃん、ブルっチャウ

敵の真ん中を突っ込んで突破する島津義弘
どんだけぇ~
2010/12/05(Sun) 12:01 | URL  | 島津最強 #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック