歴史作家桐野作人のブログ                                      織田信長と島津氏・薩摩藩・幕末維新を中心に歴史にまつわる身辺雑記
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

南日本新聞連載「さつま人国誌」第150回
―薩長和解に奔走、非業の死―

連載が更新になりました。
同紙サイトのここか、右のリンク欄「さつま人国誌」をクリックしていただければ、ご覧になれます。

前回に引き続き、薩摩にゆかりのある海援隊士シリーズです。
今回は近藤長次郎=上杉宗次郎を取り上げました。
前回告知で白峰駿馬としましたが、写真手配の関係で順番を変えました。ご了承下さいませ。

なお、海援隊の結成は慶応3年(1867)4月でして、近藤はそれ以前に他界していますから、厳密に言えば、海援隊士ではないのですが、同じ仲間だったということで大目に見ていただければと思います。

近藤の国事周旋力は坂本龍馬に劣らないものがあったような気がします。
ああいう形で非業の死を遂げたのは残念ですね。近藤が町人身分だったことがまったく無関係だったかいえば、そうでもないような気もします。

書いているうち、上・下2回に分けたほうがよかったと気づきました。
薩長和解までと、その死をめぐってと書き分けたほうがよかったかもしれません。
それを1回にまとめてしまったので、やや中途はんぱな出来かも。


この連載も今回で150回になりました。
ご愛読、ご支援に感謝するばかりです。

次回は白峰駿馬の予定です。

よろしければ、下記をクリックして下さい。
人気ブログランキング
スポンサーサイト

【2010/05/25 10:40】 | さつま人国誌
トラックバック(0) |

管理人のみ閲覧できます
-


コメントを閉じる▲
コメント
この記事へのコメント
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2012/08/02(Thu) 20:31 |   |  #[ 編集]
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。