歴史作家桐野作人のブログ                                      織田信長と島津氏・薩摩藩・幕末維新を中心に歴史にまつわる身辺雑記
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大河「風林火山」第7回。

創作部分がつづく。
今川から北条へと渡り歩き、氏康からも体よく追い払われて間者となって信州に入った勘助。

そこで出会ったのが、真田幸綱である。従来、幸隆とされていたが、どうやら幸綱の名乗りが正しいようである。
演じるのは佐々木蔵之介である。
武田晴信の初陣となる海ノ口城の戦いがあった年なので、天文五年(1536)にあたる。幸綱は24歳という設定になる。

さて、武田軍が国境を越えて信州佐久郡に侵入したというので、真田幸綱らは武田軍の進出に危機感を示し、勘助を海ノ口城に使者として派遣するというところで今回は終わった。

しかし、海ノ口城は国境に近く、小県郡の松尾城に拠る真田氏からは相当遠い。果たしてこんなに危機感を抱くものなのか。それより、真田氏にとっては隣接する村上義清のほうがよほどの脅威だと思うが……。
まあ、五年後の天文十年、海野平合戦で、真田氏を含む海野一族が敗北して、幸綱らも上州に逃亡することになるから、その伏線的な意味合いもあろう。

真田幸綱の居城を松尾城としていた。城の遠景が出てきたが、どうも松尾新城ではなく、古城のように見えた。そして同城の櫓から幸綱が勘助とともに村上方の支城である戸石城を望むシーンがあったけれども、それは無理だと思う。

昨夏、真田庄の取材に行ったから地理的な感覚がわかるが、古城からだと、新城(真田本城)の山並みが邪魔して戸石城は見えないはずだ。だから、あのシーンは本来、新城からの眺望にすべきだろうが、あの時期、真田氏はまだあの地に城を築くだけの実力はなかったはずだ。新城が築かれるのは、幸綱が上州から復帰して以降だと思う。

一応、新城(真田本城)から見た戸石城の写真を掲げておく。うっすらと見える中央の市街地は上田市街。市街の手前にある右手の山並み(端が切れている山)が戸石城址。
戸石城

スポンサーサイト

【2007/02/19 23:20】 | 風林火山
トラックバック(1) |

違和感のある地理的設定
かわと
私も真田には去年行ったので、記憶に新しいところですが、ドラマ中の砥石(戸石)城の眺望は明らかに真田本城跡からのものを想定していたようですね。
真田から上田に下りる際には砥石城のすぐ脇を通らねばならないはずなんですが…。ほかに道があったとしても、村上氏の支配地域を通らずに佐久へ抜けるのは不可能だと思うんですが。
いずれにせよ、甲斐国境の情勢にまでちょっかいを出す必然性については、私もかなり疑問でした(笑)。伏線にしてはちょっと強引ですね。

真田本城
桐野
かわとさん、こんにちは。

そういえば、かわとさんも私とほぼ同時期に上田・真田に行かれたんでしたね。

仰せの通り、戸石城を遠望したシーンは真田本城からのものでしたね。

晴信の初陣の相手となる平賀源心ですが、『甲陽軍鑑』にしか登場しない人物らしく、実在したかどうかも疑問視されているようです。晴信の初陣を粉飾した可能性もあるでしょうね。

もし源心が実在していて、しかも海野一族なら、同族の幸綱が危機感をもつのはわかりますが、それでも、地理的にはかなりの距離感があるのはぬぐえないですね。

コメントを閉じる▲
コメント
この記事へのコメント
違和感のある地理的設定
私も真田には去年行ったので、記憶に新しいところですが、ドラマ中の砥石(戸石)城の眺望は明らかに真田本城跡からのものを想定していたようですね。
真田から上田に下りる際には砥石城のすぐ脇を通らねばならないはずなんですが…。ほかに道があったとしても、村上氏の支配地域を通らずに佐久へ抜けるのは不可能だと思うんですが。
いずれにせよ、甲斐国境の情勢にまでちょっかいを出す必然性については、私もかなり疑問でした(笑)。伏線にしてはちょっと強引ですね。
2007/02/20(Tue) 01:55 | URL  | かわと #klRpdzBA[ 編集]
真田本城
かわとさん、こんにちは。

そういえば、かわとさんも私とほぼ同時期に上田・真田に行かれたんでしたね。

仰せの通り、戸石城を遠望したシーンは真田本城からのものでしたね。

晴信の初陣の相手となる平賀源心ですが、『甲陽軍鑑』にしか登場しない人物らしく、実在したかどうかも疑問視されているようです。晴信の初陣を粉飾した可能性もあるでしょうね。

もし源心が実在していて、しかも海野一族なら、同族の幸綱が危機感をもつのはわかりますが、それでも、地理的にはかなりの距離感があるのはぬぐえないですね。
2007/02/20(Tue) 10:48 | URL  | 桐野 #hxjklqKc[ 編集]
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
村上義清村上 義清(むらかみ よしきよ、文亀元年3月11日 (旧暦)|3月11日(1501年3月29日) - 元亀4年1月1日 (旧暦)|1月1日(1573年2月3日))は戦国時代 (日本)|戦国時代の武将。信濃国の戦国大名。本姓は源氏。家系は清和源氏のひとつ河内源氏初代 源
2007/05/22(Tue) 05:13:54 |  あやねのブログ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。