歴史作家桐野作人のブログ                                      織田信長と島津氏・薩摩藩・幕末維新を中心に歴史にまつわる身辺雑記
鹿児島でこの間、天璋院篤姫の銅像をどこに建てるか議論されていましたが、いくつかあった候補地から、結局、鶴丸城跡に決まったようです。
篤姫にいちばんなじみのある今和泉島津家の屋敷跡はいま私有地になっていますから、やはり難しかったのでしょうね。

詳しくはここをご覧下さい。

篤姫は島津斉彬の養女となり、徳川家定に嫁ぐまでの間、しばらく鶴丸城の大奥に住みました。
現在、黎明館裏の駐車場になっている高台あたりだといわれています。

設置されるのは、ゆかりの地である駐車場付近でしょうか?
あるいは表の通りに近い黎明館の前あたりに立つことになるんでしょうか?

鶴丸城
鶴丸城大手門前 このあたりに立つのか?

なお、制作者は大久保利通の銅像などで知られる彫刻家の中村晋也氏です。
篤姫の晩年の写真をもとに立ち姿で制作するとか。実像に近い形になりそうで、ひと安心です。

よろしければ、下記をクリックして下さい。
人気ブログランキング


スポンサーサイト

【2010/07/02 13:51】 | 幕末維新
トラックバック(0) |

No title
ばんない
こんばんは。

銅像帝国の鹿児島県ですが、ついに大河人気に便乗してきましたね…。
担当は大久保利通像を造った方と言うことですが、篤姫のモデルは実際の写真を元にするのか、それとも宮崎あおい嬢を元にするのか気になります(爆)

篤姫と浅田宗伯
代書屋
津々堂さんから飛び越えて参りました…

江戸攻撃の直前に
篤姫さんからの手紙を川崎で西郷さんにお渡ししたのは
医師 浅田宗伯です
これは「浅田宗伯翁伝」(赤沼金三郎著)に記述されてます
※国会図書館の近デジで無料閲覧できます

… やがて 浅田宗伯の下の娘婿に日下氏が入ります
この方は 先に 小栗さんの縁者で福島恵三郎義言という変名で150年前の遣米使節に小栗従者として同行 世界一周します
… そして脱走幕府軍の一員として函館まで転戦します その記録は国立公文書にあります「北戦日誌」(浅田惟季 著 …のちに乙葉林八と改名)です
この乙葉林八の長男に
安藤信正(対馬守)の末の姫さんが嫁いだ長州・福原氏から娘が嫁ぎます…
とりあえず
篤姫樣の幕末の一幕をご紹介申し上げました 



御礼
桐野
代書屋さん、はじめまして。

篤姫情報、有難うございます。
「薩摩藩隊長」(西郷か)に篤姫書簡を持参したのは幾島だという記録もありますが、浅田宗伯だという記録もあるのですね。

さっそく拝見したら、たしかにありました。
このとき、浅田宗伯は「老女局」と同行したと書いてありますね。これが幾島のことでしょうか。
川崎で薩州兵の隊長相良治部に会ったとありますが、相良は小松帯刀の次兄ですね。また西郷もここに来て会ったと書いています。
西郷に有名な天璋院書簡を渡したとはっきり書いてあるのはこの記録だけかもしれませんね。
その意味では貴重な記録だと思います。

No title
ばんない
こんにちは。

追記に気が付きませんでした。
晩年の写真を元に作成されるとか。ちょっと一安心ですね。
しかし大河ドラマでしか篤姫を知らない人が見たら文句が出るかも(汗)
※かつてアニメで「一休さん」を放送していたとき、一休さんゆかりの酬恩庵で一休さんの肖像画(あの無精髭の物です)を飾っていたら「TVと違う!」と苦情殺到だったそうです…。

コメントを閉じる▲
コメント
この記事へのコメント
No title
こんばんは。

銅像帝国の鹿児島県ですが、ついに大河人気に便乗してきましたね…。
担当は大久保利通像を造った方と言うことですが、篤姫のモデルは実際の写真を元にするのか、それとも宮崎あおい嬢を元にするのか気になります(爆)
2010/07/02(Fri) 19:51 | URL  | ばんない #kyBjvhlc[ 編集]
篤姫と浅田宗伯
津々堂さんから飛び越えて参りました…

江戸攻撃の直前に
篤姫さんからの手紙を川崎で西郷さんにお渡ししたのは
医師 浅田宗伯です
これは「浅田宗伯翁伝」(赤沼金三郎著)に記述されてます
※国会図書館の近デジで無料閲覧できます

… やがて 浅田宗伯の下の娘婿に日下氏が入ります
この方は 先に 小栗さんの縁者で福島恵三郎義言という変名で150年前の遣米使節に小栗従者として同行 世界一周します
… そして脱走幕府軍の一員として函館まで転戦します その記録は国立公文書にあります「北戦日誌」(浅田惟季 著 …のちに乙葉林八と改名)です
この乙葉林八の長男に
安藤信正(対馬守)の末の姫さんが嫁いだ長州・福原氏から娘が嫁ぎます…
とりあえず
篤姫樣の幕末の一幕をご紹介申し上げました 

2010/07/03(Sat) 06:31 | URL  | 代書屋 #KE3F99tk[ 編集]
御礼
代書屋さん、はじめまして。

篤姫情報、有難うございます。
「薩摩藩隊長」(西郷か)に篤姫書簡を持参したのは幾島だという記録もありますが、浅田宗伯だという記録もあるのですね。

さっそく拝見したら、たしかにありました。
このとき、浅田宗伯は「老女局」と同行したと書いてありますね。これが幾島のことでしょうか。
川崎で薩州兵の隊長相良治部に会ったとありますが、相良は小松帯刀の次兄ですね。また西郷もここに来て会ったと書いています。
西郷に有名な天璋院書簡を渡したとはっきり書いてあるのはこの記録だけかもしれませんね。
その意味では貴重な記録だと思います。
2010/07/04(Sun) 16:15 | URL  | 桐野 #hxjklqKc[ 編集]
No title
こんにちは。

追記に気が付きませんでした。
晩年の写真を元に作成されるとか。ちょっと一安心ですね。
しかし大河ドラマでしか篤姫を知らない人が見たら文句が出るかも(汗)
※かつてアニメで「一休さん」を放送していたとき、一休さんゆかりの酬恩庵で一休さんの肖像画(あの無精髭の物です)を飾っていたら「TVと違う!」と苦情殺到だったそうです…。
2010/07/05(Mon) 18:34 | URL  | ばんない #kyBjvhlc[ 編集]
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック