歴史作家桐野作人のブログ                                      織田信長と島津氏・薩摩藩・幕末維新を中心に歴史にまつわる身辺雑記
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今夜の「開運なんでも鑑定団」。
なにげに見ていたら、何と、信長の朱印状が登場したではないか!

保存状態はあまりよくなく、馬蹄形の「天下布武」朱印も下部が少しちぎれていたが、一目で紛うことなき本物だとわかった。
お値段は300万円。保存状態がよければ、倍近くになったのではないか。

しかも、内容が気になる。
まず間違いなく新出文書である。讃岐に宛てた信長文書はほとんどない。しかも、知行宛行状か安堵状だと思われ、ちゃんと「天正八」(1580)という年次が書かれていた。日付は四月までは見たが、下は確認できなかった。


天正八年四月といえば、本願寺顕如が降伏した直後である。
それが讃岐の国人の動向にも何らかの影響を与えたのか……。

画面に映ったのはほんのわずかだったので、冒頭に「讃岐」云々という文言が読めただけだった。宛所が切れてなかったが、讃岐の国人への知行宛行もしくは知行安堵だとすれば、信長の武威が四国の讃岐に及んでいたことになる。該当者は香川氏とか香西氏であろうか?

いずれにしろ、信長の四国政策とも関わり、私の問題関心とも重なるもので、非常に重要な朱印状ではないかと思われる。

どなたか、VTRに撮った方はおられませんかねえ。
スポンサーサイト

【2007/02/20 21:55】 | 信長
トラックバック(0) |


かわい
http://www.tv-tokyo.co.jp/kantei/ に小さい画像がありますが、拡大しても読み取れないですね。私も偶然チャンネルを変えた瞬間に「信長」の署名と印判が目に入った状態で、ホームページで確認しようと思ったらこれですから。
局に直接問い合わせるか……、あっ、どこかの編集者を唆して取材させるなんて作戦はいかがでしょうか。


とし
讃岐の国人も生き残りをかけて戦々恐々としていたのでしょうね。背後の長曾我部にも挟まれて辛いところです。当時のそんな動きを感じることができるのは面白いですね。

う~ん
桐野
>かわいさん

私もそのサイトを見てみましたが、他の出品物はあるようですが、信長文書にはたどり着けていません。
編集者を唆すというのはいい手かもしれませんね(笑)。

番組の鑑定者は、京都で骨董や書画なども扱う出版社の思文閣の社長?だと思います。
どうも、同社で買うかもしれませんね。

以前も信長と秀吉文書が一カ所から数点出てきたとき、信長文書は明らかに本物なのに、ある先生が写しだと鑑定したので、値段が安かったですね。あれなら、私でも買います(笑)。

>としさん、はじめまして。

讃岐の国人、たとえば、西讃の有力国人である香川信景は天正三年頃に、信長に服属して一字拝領しています(前名は之景)。これは明らかに三好・十河氏からの離反だったと思います。さらに、天正八、九年には長宗我部元親の一子を養子にしています。
その時点までは、信長への服属という共通点があったので、香川氏も長宗我部氏にそれほど脅威を感じることもなく、むしろ、長宗我部氏の四国平定戦に協力しているようにも見えます。
信長の朱印状が誰宛てなのか興味が尽きませんね。



かわい
「前回のお宝」の「出張鑑定 in 山口市」にありますが、小さいので見るだけ無駄ですからね(^_^;。
A編集長とか興味持ちそうな気がしますが、どうでしょうね。見開きのカラーページに写真と地図と解説記事だったら見栄えはすると思いますが。でも文字量は5枚くらいになるのかな。少ないですね。

見ましたが……
桐野
かわいさん

ようやく見られましたが、拡大してもダメですね。ぼやけてまったく見えません(笑)。

これは編集部経由で掛け合ってもらったほうがいいかも。

織田信長書状
ぴえーる
初めまして。いつも興味深く読ませて頂いています。
「開運!なんでも鑑定団」に登場した織田信長書状ですが、私の住んでいる地域では二週間遅れて放送されたので、映像をキャプチャーすることができました。
全文が映っている画像等をアップしましたので、もしよろしければ御覧下さい。

御礼
桐野
ぴえーるさん、はじめまして。

貴重な情報と写真、有難うございました。
さっそく、本文でその解読、分析をしてみました。

とにかく御礼申し上げるばかりです。

コメントを閉じる▲
コメント
この記事へのコメント
http://www.tv-tokyo.co.jp/kantei/ に小さい画像がありますが、拡大しても読み取れないですね。私も偶然チャンネルを変えた瞬間に「信長」の署名と印判が目に入った状態で、ホームページで確認しようと思ったらこれですから。
局に直接問い合わせるか……、あっ、どこかの編集者を唆して取材させるなんて作戦はいかがでしょうか。
2007/02/20(Tue) 22:39 | URL  | かわい #b7R9Co7w[ 編集]
讃岐の国人も生き残りをかけて戦々恐々としていたのでしょうね。背後の長曾我部にも挟まれて辛いところです。当時のそんな動きを感じることができるのは面白いですね。
2007/02/20(Tue) 23:46 | URL  | とし #-[ 編集]
う~ん
>かわいさん

私もそのサイトを見てみましたが、他の出品物はあるようですが、信長文書にはたどり着けていません。
編集者を唆すというのはいい手かもしれませんね(笑)。

番組の鑑定者は、京都で骨董や書画なども扱う出版社の思文閣の社長?だと思います。
どうも、同社で買うかもしれませんね。

以前も信長と秀吉文書が一カ所から数点出てきたとき、信長文書は明らかに本物なのに、ある先生が写しだと鑑定したので、値段が安かったですね。あれなら、私でも買います(笑)。

>としさん、はじめまして。

讃岐の国人、たとえば、西讃の有力国人である香川信景は天正三年頃に、信長に服属して一字拝領しています(前名は之景)。これは明らかに三好・十河氏からの離反だったと思います。さらに、天正八、九年には長宗我部元親の一子を養子にしています。
その時点までは、信長への服属という共通点があったので、香川氏も長宗我部氏にそれほど脅威を感じることもなく、むしろ、長宗我部氏の四国平定戦に協力しているようにも見えます。
信長の朱印状が誰宛てなのか興味が尽きませんね。
2007/02/21(Wed) 08:38 | URL  | 桐野 #hxjklqKc[ 編集]
「前回のお宝」の「出張鑑定 in 山口市」にありますが、小さいので見るだけ無駄ですからね(^_^;。
A編集長とか興味持ちそうな気がしますが、どうでしょうね。見開きのカラーページに写真と地図と解説記事だったら見栄えはすると思いますが。でも文字量は5枚くらいになるのかな。少ないですね。
2007/02/21(Wed) 17:53 | URL  | かわい #b7R9Co7w[ 編集]
見ましたが……
かわいさん

ようやく見られましたが、拡大してもダメですね。ぼやけてまったく見えません(笑)。

これは編集部経由で掛け合ってもらったほうがいいかも。
2007/02/21(Wed) 19:11 | URL  | 桐野 #hxjklqKc[ 編集]
織田信長書状
初めまして。いつも興味深く読ませて頂いています。
「開運!なんでも鑑定団」に登場した織田信長書状ですが、私の住んでいる地域では二週間遅れて放送されたので、映像をキャプチャーすることができました。
全文が映っている画像等をアップしましたので、もしよろしければ御覧下さい。
2007/03/04(Sun) 15:37 | URL  | ぴえーる #cxOfCZlk[ 編集]
御礼
ぴえーるさん、はじめまして。

貴重な情報と写真、有難うございました。
さっそく、本文でその解読、分析をしてみました。

とにかく御礼申し上げるばかりです。
2007/03/04(Sun) 17:14 | URL  | 桐野 #hxjklqKc[ 編集]
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。