歴史作家桐野作人のブログ                                      織田信長と島津氏・薩摩藩・幕末維新を中心に歴史にまつわる身辺雑記
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

先週の話題ですみません。

7月8日(木)、明治大学のリバティアカデミーの特別企画講座「幕末維新 志士の手紙を味わう」
その第8講「天璋院篤姫書簡―実家島津家への愛憎こもごもを読む―」に出講しました。

篤姫の史料を扱うのは久しぶりでした。
2年前の展示図録所収の篤姫書簡を中心に読みました。
慶応4年(1867)の徳川幕府終焉のあたりで、

薩藩隊長
輪王寺宮公現法親王
伊達慶邦

に宛てたものです。
とくに後二者宛ては激烈な内容で、仙台・会津両藩に対して徳川家再興を呼びかけるとともに、薩長を「朝敵」「逆賊」扱いしています。

実家をこれだけ糾弾する篤姫の一面はほとんど知られていないでしょう。
2年前の大河ドラマではもちろんそんなシーンはありませんでした。

篤姫の銅像が鹿児島の鶴丸城跡に立つことになりましたが、これらの書簡を読むかぎり、篤姫が喜ぶかどうか疑問ですね。むしろ、旧江戸城本丸あたりか、千駄ヶ谷の徳川邸跡にでも立てたほうがよいのではという気がしてきました。

彼女が完全に徳川家の人になっていたことを再確認した講座でした。

講座はあとひとつ残すのみになりましたが、私の担当分の5回は無事終了しました。
熱心に聴いていただいた受講者の皆さんに感謝です。

次の企画があれば、またよろしくお願いします。

よろしければ、下記をクリックして下さい。
人気ブログランキング


スポンサーサイト

【2010/07/18 01:07】 | 明治大学リバティアカデミー
トラックバック(1) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
がーん! 選挙速報で時間変更になっていることを忘れ、 17日の再放送録画でようやく消化しました。 しかし、この日は取材で炎天下を10キロ以上歩いたから、 疲労でバタンキュ~。更新は18日になってしまい、 また、この日も出かけてしまうので再度録画です。 本題です。ど
2010/07/18(Sun) 10:14:49 |  shugoroの日記
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。