歴史作家桐野作人のブログ                                      織田信長と島津氏・薩摩藩・幕末維新を中心に歴史にまつわる身辺雑記
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

昨30日午前10時から、東京西新宿の京王プラザホテル5F大ホールにて、表題のシンポジウム開催。

京王電鉄広報部が主催する京王文化探訪のイベント。
会場はぎっしりとイスが並べられ、800名以上の参加者の熱気であふれる。
主催者によれば、通常、所定の募集人員よりやや多めに当選者を出すそうだ。一定の欠席があるのを織り込んでのことである。

しかし、今回は欠席率が極端に低かったらしく、新たに後方にイスを並べる仕儀となり、資料も足りなくなり、急いでプリントしたとか。
会場は後方までぎっしり一杯で、当初、後方スペースに何か展示しようかという話もあったが、取り止めてよかった。結果オーライです。

それというのも、前日が日曜日で、大河ドラマ「龍馬伝」は薩長同盟締結の巻。龍馬を助ける長府藩士の三吉慎蔵も登場したため、その子孫である三吉治敬さんがパネリストだったことは絶好のタイミングと相成った。
欠席率が極端に低かったのも、前夜の余韻のためか。

さて、当シンポ、不肖小生がコーディネーター役で、企画立案から関わった。
今回は3月の同会場でのシンポと少し趣向を変えて、各パネリストに20分程度ずつ、思うところを述べてもらうミニ講演を第1部とし、第2部をパネルディスカッションとした。

パネリストと演題は、

伊東成郎氏(新選組研究者)  龍馬と新選組
古城春樹氏(長府市立博物館) 龍馬と下関
宮川禎一氏(京都国立博物館) 龍馬とお龍・千葉道場の人々
三吉治敬氏(三吉慎蔵曾孫)  龍馬と寺田屋事件
桐野作人(歴史作家)      龍馬と薩摩藩


なお、全体テーマの「龍馬の2000日」とは、文久2年(1862)3月24日の脱藩から、慶応3年(1867)11月15日の近江屋事件まで、5年有余の龍馬の足跡を意味する。
より厳密に計算したところ、2.059日だった。多少の誤差はご愛嬌。

龍馬が歴史上の人物としてその名を残しているのは、やはりこの5年間の活動によるものである。
最後の私の出番では、時間がすでに押していて、持ち時間は15分しかなく、「坂本龍馬は大政奉還派か、武力討幕派か」という肝心の一章が話せずに終わった。第2部でと言い訳したが、それもできかなった(汗)。

第2部では、龍馬の「私」の部分として、お龍、千葉佐那・重太郎、下関の人々との関わり、「公」として薩長同盟、寺田屋事件、大政奉還、近江屋事件などを取り上げた。

もっとも、時間が足りずに、近江屋事件はさわりだけで終わったのが残念でした。

あとで聞いたところによれば、おおむね好評で、「飽きなかった」「あっという間に時間がたった」「もっと聞きたかった」といった感想が寄せられたとか。

何とか大役を果たせて、ホッとしている。
当日の参加者のみなさんはもちろん、主催者のみなさん、各パネリストのみなさん、有難うございました。

さて、来月5日、今度は鹿児島で龍馬のシンポジウムです。
基調講演ですから大変です。

よろしければ、下記をクリックして下さい。
人気ブログランキング

スポンサーサイト

【2010/08/31 22:11】 | イベント
トラックバック(1) |

管理人のみ閲覧できます
-


一昨日は
小林 哲也
桐野先生、コーディネーター本当にお疲れ様でした!

「龍馬伝」で「薩摩編」が描かれていない分、今回のシンポジウムで「龍馬と薩摩」や「龍馬脱藩後の2000日」をじっくり堪能することができました(笑)
本当にあっという間の3時間でまだまだ議論を聞いていたい、そんな熱い気持ちになりました。

またよろしくお願い致します。

昨日の講演会
hirock
昨日のような講演会は初めて参加させて頂きましたが、あっという間の三時間でした。坂本龍馬や新撰組はネット上でも大人気ですが、やはり専門家の意見をじかに聴くことができたのは意義深いことだったと思います。なによりも、先生方の熱意を肌で感じられたのはとても嬉しかったです。またこのような講演会がありましたら、ぜひ参加したいと思います。本当にありがとうございました。

管理人のみ閲覧できます
-


御礼
桐野
小林 哲也さん

シンポジウムにご出席いただき、有難うございました。
人数が多かったから大変だったでしょう。
何とか満足していただけたようで、よかったです。今後ともよろしく。


御礼
桐野
hirockさん

シンポに参加していただき、有難うございました。
拙い進行でしたが、何か得られるものがあったようで、よかったです。
今後ともよろしく。

コメントを閉じる▲
コメント
この記事へのコメント
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2010/09/01(Wed) 01:03 |   |  #[ 編集]
一昨日は
桐野先生、コーディネーター本当にお疲れ様でした!

「龍馬伝」で「薩摩編」が描かれていない分、今回のシンポジウムで「龍馬と薩摩」や「龍馬脱藩後の2000日」をじっくり堪能することができました(笑)
本当にあっという間の3時間でまだまだ議論を聞いていたい、そんな熱い気持ちになりました。

またよろしくお願い致します。
2010/09/01(Wed) 10:49 | URL  | 小林 哲也 #-[ 編集]
昨日の講演会
昨日のような講演会は初めて参加させて頂きましたが、あっという間の三時間でした。坂本龍馬や新撰組はネット上でも大人気ですが、やはり専門家の意見をじかに聴くことができたのは意義深いことだったと思います。なによりも、先生方の熱意を肌で感じられたのはとても嬉しかったです。またこのような講演会がありましたら、ぜひ参加したいと思います。本当にありがとうございました。
2010/09/01(Wed) 19:12 | URL  | hirock #-[ 編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2010/09/01(Wed) 19:22 |   |  #[ 編集]
御礼
小林 哲也さん

シンポジウムにご出席いただき、有難うございました。
人数が多かったから大変だったでしょう。
何とか満足していただけたようで、よかったです。今後ともよろしく。
2010/09/02(Thu) 09:00 | URL  | 桐野 #hxjklqKc[ 編集]
御礼
hirockさん

シンポに参加していただき、有難うございました。
拙い進行でしたが、何か得られるものがあったようで、よかったです。
今後ともよろしく。
2010/09/02(Thu) 09:08 | URL  | 桐野 #hxjklqKc[ 編集]
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
■オンナの株が上がる♪■【送料無料】 DVD/趣味教養/NHK その時歴史が動いた「坂本龍馬 幕末の日本を動かす」..... 最も輝ける、劇的な一瞬。人間のドラマ「生きた歴史」を伝える。CRBI-5064 その時歴史..... 薩長同盟 三好流行ってますよね - 投資の話 儲かる投資の種
2010/09/01(Wed) 00:40:15 |  史上最強の人生戦略マニュアル
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。