歴史作家桐野作人のブログ                                      織田信長と島津氏・薩摩藩・幕末維新を中心に歴史にまつわる身辺雑記
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今週発売の10月9日号。

西郷隆盛をどう評価すべきか」という特集記事があり、少しコメントしています。
近江屋事件についてです。

私のコメントの前に薩摩黒幕説が述べられていますが、見廻組の佐々木只三郎が高崎正風と関係があったということらしいです。
それをいうなら、会津藩公用方の実力者である手代木直右衛門は佐々木の実兄ですけどね。
見廻組と幕府・会津藩の太いパイプとくらべれば、あまりにもか細いですし、第一、高崎は慶応3年10月前後、土佐の後藤象二郎と懇意にしており、後藤と示し合わせて小松帯刀を責め立てているほどです。
つまり、高崎は後藤と歩調を合わせた大政奉還派です。その縁から龍馬を暗殺したというのはどう考えてもおかしいのでは?
だって、同じ考えだとされる同志の殺害を慫慂するわけですから。

とまあ、そんな特集記事です。
興味のある方はご覧下さい。

よろしければ、下記をクリックして下さい。
人気ブログランキング
スポンサーサイト

【2010/09/30 02:38】 | 幕末維新
トラックバック(0) |


びわこ
桐野さん、こんにちは。

偶然、主人が買ってきていましたので、読ませていただきました。

御礼
桐野
びわこさん

わざわざ読んでいただき、有難うございます。
ご覧の通りのお粗末コメントでした。
ほかにもいろいろ話したのですが、冗長だったのと、西郷に批判的なこともしゃべったのでカットされたんでしょうね。



エノカマ
8月に大阪で講演を聞かせていただいた者です!
その節は実証的な史料で説明いただいて、とてもわかりやすいものでした。
ありがとうございました!

今年、龍馬伝でこの週刊誌でも月一ぐらい「歴史ネタ」をしていて
この方は毎回、薩長の悪口を言う立ち位置ですけど
けっして公平な目線でなく「言いがかり」に近いように思う時もあります 。。。

この雑誌の読者層からして、信用してしまう人も多いと思うんで
桐野先生がもっと発信できて、ご活躍されるよう
願っております!

頑張ります
桐野
エノカマさん

コメント有難うございます。
大阪ではお世話になりました。

龍馬の有名税なのでしょうが、珍妙な説が横行しているのには困ったものです。

私も発信力を強化しないと思っているところでした。



コメントを閉じる▲
コメント
この記事へのコメント
桐野さん、こんにちは。

偶然、主人が買ってきていましたので、読ませていただきました。
2010/10/02(Sat) 22:45 | URL  | びわこ #-[ 編集]
御礼
びわこさん

わざわざ読んでいただき、有難うございます。
ご覧の通りのお粗末コメントでした。
ほかにもいろいろ話したのですが、冗長だったのと、西郷に批判的なこともしゃべったのでカットされたんでしょうね。
2010/10/03(Sun) 10:25 | URL  | 桐野 #hxjklqKc[ 編集]
8月に大阪で講演を聞かせていただいた者です!
その節は実証的な史料で説明いただいて、とてもわかりやすいものでした。
ありがとうございました!

今年、龍馬伝でこの週刊誌でも月一ぐらい「歴史ネタ」をしていて
この方は毎回、薩長の悪口を言う立ち位置ですけど
けっして公平な目線でなく「言いがかり」に近いように思う時もあります 。。。

この雑誌の読者層からして、信用してしまう人も多いと思うんで
桐野先生がもっと発信できて、ご活躍されるよう
願っております!
2010/10/03(Sun) 19:50 | URL  | エノカマ #RmGxxEBc[ 編集]
頑張ります
エノカマさん

コメント有難うございます。
大阪ではお世話になりました。

龍馬の有名税なのでしょうが、珍妙な説が横行しているのには困ったものです。

私も発信力を強化しないと思っているところでした。

2010/10/05(Tue) 20:45 | URL  | 桐野 #hxjklqKc[ 編集]
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。