歴史作家桐野作人のブログ                                      織田信長と島津氏・薩摩藩・幕末維新を中心に歴史にまつわる身辺雑記
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

25日から一泊二日で帰鹿した。

今回の目的は、鹿児島県歴史資料センター黎明館が新たに購入した諸文書の閲覧などのためである。
黎明館に閲覧申請書を出したところ許可が出たので、畏友の調所一郎氏(広郷子孫)と同行して鹿児島入りした。
朝4時起きで、ちょっとつらかった。

鹿児島空港に着くと、雨がぱらついていた。天気予報は曇りだったはずだが、黎明館に着く頃には大雨になった。
午前11時頃、黎明館で、前日から入鹿していた猪股さん(村田新八研究家)と合流する。黎明館が購入した古文書のなかに、村田新八文書が含まれるとのことで、彼女も来鹿した次第。

さっそく学芸員の中村さんに見せていただく。こちらの要望どおり、巻物になっている小松帯刀と村田新八の書簡を拡げてあった。
小松帯刀書簡は2点あった。いずれも新出文書だと思われる。うち1点は慶応三年(1867)八月のもので、イカロス号事件の記事が書かれていた。ちょうど古文書講座でやっていたので、まことに興味深かった。

村田新八文書は、残念ながら新出文書ではなかった。猪股さんが「これは見たことがある」と言って、日付や宛所などすらすら語ってくれたが、まったくそのとおりだった。さすが「新八命」だけあって、よく勉強されている。ただ、新出文書ではなかったので、少し残念そうにされていた。

同館が購入した文書は小松・村田だけでなく、西郷・大久保はむろん、桂久武・桐野利秋・別府晋介・辺見十郎太・淵辺高照・池上四郎・村田三助・大山格之助など多岐にわたっていた。全部を閲覧したわけではないが、とくに西南戦争関係が多いのではないかと思われた。

その後、黎明館の企画展「薩摩刀 波平 ~武の国の刀工~」を見学する。同行した調所氏の企画立案であるだけに、その当事者から直接解説を聞けたのは望外の幸せだった。調所氏は薩摩拵の蒐集家であり、著作をもつ研究者でもあるが、刀剣についてもとても詳しくて大変勉強になった。

黎明館をあとにして、仙巌園(磯庭園)に向かう。
同園のある茶屋に、今和泉島津家11代夫人が勤務されていると調所氏が語ってくれたので、私がぜひお会いしたいと無理やりお願いしたところ、調所氏の多彩な人脈のおかげで、夫人が会ってくださることになった。

今和泉島津家とは、来年の大河ドラマ「篤姫」の主役、天璋院篤姫の実家である。夫人は11代御当主が他界されておられるので、実質的な当主でもある。

茶屋に訪ねていくと、出てこられたのは和服のよく似合う上品なご婦人だった。抹茶をいただきながら、少しお話をうかがえた。さらに記念写真まで撮らせていただいた。
来年大河関係の仕事を準備中だけに、主人公の係累の方とお会いできたのは何とも幸運だった。
調所氏と和子氏

写真:調所氏と今和泉家和子夫人。バックは鹿児島特産の土人形の雛壇。

その後、地元紙の南日本新聞社の社屋を訪ねる。
文化部の記者の方と某企画の打ち合わせ。

夜は黒豚しゃぶしゃぶに舌鼓を打ち、お店特製の焼酎を呑み、ご満悦。
翌日は指宿に向かう。(つづく)




スポンサーサイト

【2007/02/27 16:12】 | 幕末維新
トラックバック(0) |

今和泉家第11代当主の御夫人のお姿に感激
やまもも
桐野作人さん、初めまして、鹿児島在住のやまももと申します。

 最近になって幕末の薩摩藩のことに興味を持つようになり、その関係で貴ブログの存在も知りました。また、『真説 本能寺』も購入して拝読させていただきました。光秀謀反の背景にある歴史的真実の考察には大いに納得させられましたが、また実に丁寧に関連する一次資料や研究書を読んでおられるのに感心させられました。

 ところで、今日のブログを拝見していましたら、今和泉家第11代当主の御夫人とお会いになったことを書いておられました。私はいま天璋院篤姫のことに興味をもっていろいろ調べ、それを拙ブログ「ポンコツ山のタヌキの便り」にアップしたりしていますが、それだけにご夫人のお姿をこのブログで拝見することが出来て大いに感激しています。

 今後、篤姫のことを含めて幕末の薩摩関連のことをいろいろ教えていただきたいと思いますので、どうかよろしくお願いいたします。


こちらこそ
桐野
やまももさん、はじめまして。

コメント有難うございます。少しはお役に立てたところもあったようで、何よりです。
また拙著もお買い上げいただいて有難いです。じつは、来月中旬、やはり信長をテーマにした「だれが信長を殺したのか」(PHP新書)を刊行予定です。興味がおありなら、本屋をのぞいてみて下さい。

やまももさんのブログも拝見しました。
とても充実してますね。とくに史実や史料を重視されている姿勢がうかがえ、こちらも勉強させていただきたいと思います。
先日、指宿の今和泉に行ってきましたが、小学校内の手水鉢までは見てきませんでした。別邸と仮屋の違いなど興味深いことをお書きになっていますね。

今後ともよろしくお願いします。

ご丁寧なお返事に感謝
やまもも
桐野作人さん、こんばんは、やまももです。

 昨夜の私のコメントにご丁寧なお返事をいただき、とても喜んでおります。それで、今夜の拙ブログにそのことを記事にして書かせてもらいました。もしなにか問題がございましたら、いつでも訂正させてもらいます。

 また、「だれが信長を殺したのか」(PHP新書)をお出しになる予定とのお知らせ、ありがとうございます。出版されましたら入手したいと思っております。

 なお、桐野作人さんが集英社から出された「孤高の将軍 徳川慶喜」をぜひ拝見したいと思いましたので、紀伊国屋書店に注文しましたところ、もう在庫もありませんとの返事でした。仕方がありませんので、古書店で入手できないか調べてみようと思っています。

 それから、今和泉を訪問されたそうですが、そのご報告を楽しみにしております。

お世話になりました
猪股
この度は,お世話になりました。
行く先々で解説等をいただき,大変勉強になりました。ありがとうございました。

村田新八の書簡は現物を目にする機会が少なく,私としてはカナリの興奮状態にありましたが,貴重な資料を前に緊張もしていましたので,それが「残念そう」に見えたのかも知れません。

知りたいことは沢山ありますが,機会を見つけてコツコツ学んでいこうと思っています(研究家などと恐れ多いです。村田新八ファンの一人ということでご容赦ください)。

今後とも,どうぞよろしくお願いします。

こちらこそ
桐野
>やまももさん

表題の拙著、だいぶ前に絶版になりました。
古書ではあるかもしれません
ただ、私的には内容に不満があるのですが(爆)。
ブログも拝見しました。

>猪股さん

お疲れさまでした。
研究家云々はともかく、よく調べられていると思います。とくに足を使って。好きこそ何とかという格言のとおりですね。
村田について、何か新しいことがわかったら、また教えて下さい。


コメントを閉じる▲
コメント
この記事へのコメント
今和泉家第11代当主の御夫人のお姿に感激
桐野作人さん、初めまして、鹿児島在住のやまももと申します。

 最近になって幕末の薩摩藩のことに興味を持つようになり、その関係で貴ブログの存在も知りました。また、『真説 本能寺』も購入して拝読させていただきました。光秀謀反の背景にある歴史的真実の考察には大いに納得させられましたが、また実に丁寧に関連する一次資料や研究書を読んでおられるのに感心させられました。

 ところで、今日のブログを拝見していましたら、今和泉家第11代当主の御夫人とお会いになったことを書いておられました。私はいま天璋院篤姫のことに興味をもっていろいろ調べ、それを拙ブログ「ポンコツ山のタヌキの便り」にアップしたりしていますが、それだけにご夫人のお姿をこのブログで拝見することが出来て大いに感激しています。

 今後、篤姫のことを含めて幕末の薩摩関連のことをいろいろ教えていただきたいと思いますので、どうかよろしくお願いいたします。
2007/02/27(Tue) 20:54 | URL  | やまもも #2ZuXDQH2[ 編集]
こちらこそ
やまももさん、はじめまして。

コメント有難うございます。少しはお役に立てたところもあったようで、何よりです。
また拙著もお買い上げいただいて有難いです。じつは、来月中旬、やはり信長をテーマにした「だれが信長を殺したのか」(PHP新書)を刊行予定です。興味がおありなら、本屋をのぞいてみて下さい。

やまももさんのブログも拝見しました。
とても充実してますね。とくに史実や史料を重視されている姿勢がうかがえ、こちらも勉強させていただきたいと思います。
先日、指宿の今和泉に行ってきましたが、小学校内の手水鉢までは見てきませんでした。別邸と仮屋の違いなど興味深いことをお書きになっていますね。

今後ともよろしくお願いします。
2007/02/28(Wed) 09:59 | URL  | 桐野 #hxjklqKc[ 編集]
ご丁寧なお返事に感謝
桐野作人さん、こんばんは、やまももです。

 昨夜の私のコメントにご丁寧なお返事をいただき、とても喜んでおります。それで、今夜の拙ブログにそのことを記事にして書かせてもらいました。もしなにか問題がございましたら、いつでも訂正させてもらいます。

 また、「だれが信長を殺したのか」(PHP新書)をお出しになる予定とのお知らせ、ありがとうございます。出版されましたら入手したいと思っております。

 なお、桐野作人さんが集英社から出された「孤高の将軍 徳川慶喜」をぜひ拝見したいと思いましたので、紀伊国屋書店に注文しましたところ、もう在庫もありませんとの返事でした。仕方がありませんので、古書店で入手できないか調べてみようと思っています。

 それから、今和泉を訪問されたそうですが、そのご報告を楽しみにしております。
2007/02/28(Wed) 21:40 | URL  | やまもも #2ZuXDQH2[ 編集]
お世話になりました
この度は,お世話になりました。
行く先々で解説等をいただき,大変勉強になりました。ありがとうございました。

村田新八の書簡は現物を目にする機会が少なく,私としてはカナリの興奮状態にありましたが,貴重な資料を前に緊張もしていましたので,それが「残念そう」に見えたのかも知れません。

知りたいことは沢山ありますが,機会を見つけてコツコツ学んでいこうと思っています(研究家などと恐れ多いです。村田新八ファンの一人ということでご容赦ください)。

今後とも,どうぞよろしくお願いします。
2007/02/28(Wed) 22:41 | URL  | 猪股 #x1SvnNbc[ 編集]
こちらこそ
>やまももさん

表題の拙著、だいぶ前に絶版になりました。
古書ではあるかもしれません
ただ、私的には内容に不満があるのですが(爆)。
ブログも拝見しました。

>猪股さん

お疲れさまでした。
研究家云々はともかく、よく調べられていると思います。とくに足を使って。好きこそ何とかという格言のとおりですね。
村田について、何か新しいことがわかったら、また教えて下さい。
2007/03/01(Thu) 00:14 | URL  | 桐野 #hxjklqKc[ 編集]
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。