歴史作家桐野作人のブログ                                      織田信長と島津氏・薩摩藩・幕末維新を中心に歴史にまつわる身辺雑記
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

坂本龍馬関連の講演のご案内です。

来月5日(金)19:00から、鹿児島県日置市伊集院町で表題の講演を行います。

伊集院といえば、島津義弘ゆかりの地ですが、近年の市町村合併により日置市となり、日吉町とも一緒になった関係から、小松帯刀ゆかりの自治体にもなっております。

大河ドラマへの関心の高さもあり、同市から坂本龍馬と小松帯刀の関係について講演依頼を受けました。
2人の出会いや交流について、またそれが幕末維新にどのような影響を与えたのかといった話にしたいと思っております。
日置市はむろん、鹿児島で関心のある方は参加してみませんか。

ここを開けば、講演会の要領が書かれています。
また、そのなかに講演会チラシがPDFファイルになっていますので、さらに詳しくわかります。
一応、会員対象で入会金必要となっていますが、会員でない方も入会金程度で参加できるのではないかと思います。関心のある方はお問い合わせ下さい。

参考までに講演会の要領を下記に書いておきます。

日時:11月5日(金)19:00~
会場:日置市伊集院文化会館 場所・アクセスなどはここここを参照
演題:小松帯刀と龍馬
主催:日置地区「講演を聴く会」
問い合わせ先:日置市教育委員会社会教育課文化係
 電話:099-273-2111(内線)1433
 FAX:099-272-3145
 MAIL:bunkazai@city.hioki.lg.jp

なお、日置市が所蔵している未公開の小松帯刀文書も何点か当日展示される予定です。これらについても、少し解説するつもりです。
 
よろしければ、下記をクリックして下さい。
人気ブログランキング
スポンサーサイト

【2010/10/27 13:02】 | イベント
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。