歴史作家桐野作人のブログ                                      織田信長と島津氏・薩摩藩・幕末維新を中心に歴史にまつわる身辺雑記
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

最終回のために、この雑文を書き綴ってきたようなものですが、感想を一言でいえば、あっけない終わり方でした。

岩崎弥太郎が近江屋事件直前に龍馬に会うはずがない。
中岡慎太郎が龍馬を斬りに来るはずがない。
大政奉還直後に小松帯刀・西郷吉之助・大久保一蔵は帰国しており、京都にいるはずがない。
「新官制擬定書」は龍馬ではなく尾崎三良が起草し、そのなかに龍馬の名前が厳然と存在しますから、慎太郎の台詞はおかしい。

などなど、相変わらずのツッコミどころが散見されましたが、もういいでしょう。

どういうわけか、「黒幕」云々というトンデモ世界に踏み込まなかったですね。これまで散々思わせぶりのシーンを見せつけてきたのは何だったのか、その「因循」さには少し困惑しました。

いささか唐突でしたが、市川亀治郎演じる今井信郎に「徳川の恨み」と口走らせただけで十分です。
まさにこの台詞こそ、龍馬の死の背景と理由を暗示してあまりあります。

最後の一線で踏み止まったのは、ドラマ構成的には破綻というか失敗ですが、番組制作者の「見識」だったと思うことにします。
やはり「史実」の重みには敬意を払わざるを得なかったということでしょうか。

余談ですが、亀治郎と香川照之は従兄弟だけに、よく似てましたね。
2人がからむ場面で、頭の形とか顔のつくりがそっくりでした。

さて、来年の大河ドラマも私の守備範囲になりますが、どうしたものやら?

よろしければ、下記をクリックして下さい。
人気ブログランキング
スポンサーサイト

【2010/11/28 21:49】 | 龍馬伝
トラックバック(1) |

お疲れさまでした
武藤 臼
苦手な幕末の話について
一年間勉強させていただきました。
ありがとうございました。

来年はまあ・・・
だいぶ見えているようにも思いますが^^;

ここは!
というところだけでも有意な話を聞かせていただけると
また違う世界が見られる・・・と思っている人は
私だけではないと思います^^;

いろいろ御礼
桐野
武藤 臼さん

コメント有難うございます。
来年も無視するわけにはいかないと思いますが……。

この間、いろいろ有難うございました。


結構有意義でした。
NAO4@吟遊詩人
司馬遼太郎の「竜馬がゆく」で知った気になっていた私には桐野先生より、史実をお教えいただき、大変有意義でした。

ありがとうございました。

たかが浪人と過小評価する考えにも接したことはありますが、

つくづく考えますと、龍馬は、何でもかんでも龍馬の功績ではないにしろ、周旋の力を発揮した一人の革命児でではなかったかと思っています。


市野澤 永
こんばんわ。

お世話になります。

『龍馬伝』、最終回だけは見ました。

>あっけない終わり方でした

同感です。
まさにそのとおりでした。

>相変わらずのツッコミどころが散見されましたが、もういいでしょう

中村武生氏がブログの2010.11.22「龍馬伝紀行47話をみた」でも同様なコメントを残していらっしゃいますね。

》本編には何もいわない。きりがないから。

個人的には福山さんの龍馬より、今回は中岡役だった上川さんが以前にTBS系で演じられた龍馬の方が私には印象に残ったかな・・・

>来年の大河ドラマも私の守備範囲になりますが、どうしたものやら?

来年もできる限り、お願い致します。
例の講演のテーマとして、3つの候補の内の1つなのです。

前記した中村氏が同日のブログで

》「ほたえな」って、龍馬は本当に言ったのですか。なぜわかるのですか。
》言われた人は本当に部屋の外にいたのですか。出典は何かご存じですか。

というような、鋭いツッコミを来年も期待しております。

ブログを拝見していて、「風林火山」の時のように途中でお止めになりそうな感じがチラホラしていて、
気がかりでした。
一年間、お疲れ様でした。

藤本正行氏の新著、「本能寺の変」(洋泉社)を読了しました。
以前にお尋ねした鈴木眞哉氏が時折、引用している高瀬羽皐氏の翻訳ですが、
これって史料っていえるのでしょうか?原文にあたるべきように感じました。
藤本氏は桐野さんの見解に同感なされる点も述べられていましたが、反論もおありのようで。
これも以前に申しましたが、藤本氏の桐野さんへの桶狭間・長篠、本能寺の一連の反論は腹に落ちないです。

それでは失礼致します。




164go
桐野先生、ありがとうございました。

ブログにも書きましたが
先生と大河ドラマのおかげで
ようやく、ホントにようやく
フィクションの竜馬から
史実の龍馬へふっきれそうです。

そういう意味では
個人的には意義深い一年となりました。

1年間お疲れ様でした!
小林哲也
桐野先生1年間お疲れ様でした! このブログでの桐野先生の鋭い考察を参考にさせて頂いたおかげで(直接お話・質問させていただいたことも含めて)
自分も何とか1年間「龍馬伝」の感想を綴ることができました。ありがとうございました!

福山龍馬がなかなか薩摩へ行かないことや龍馬以外の人物たちのつくり込みの浅さ時系列の無視などなど不安・苛立ちを感じたことも多かった「龍馬伝」ですが最終回を迎えてよかったと思います。

1年を終えて自分が「龍馬ファン」・「幕末ファン」で良かったなあと改めて思いました。

また先生ともお会いできれば嬉しいです。

これからもよろしくお願い致します。

ありがとうございました
tsubu
桐野先生、こんにちは。

私も先生の感想で大変勉強させて頂きまして、ありがとうございました。
そしてお疲れさまでございました。

龍馬伝については、薩摩藩の扱いが粗略極まりないものになっていましたので、
最終回は黒幕関係でかなり心配していたのですが、ほんと案外な終わり方でしたね。
あんな終わり方をするのであれな、わざわざ終盤に大久保を登場させる必要もなかったと思うのですが……。
ともあれ、変な黒幕設定されずに良かったと一安心しております。

有難うございます
桐野
みなさん

激励のお言葉、有難うございます。
感想を書けたのはせいぜい6割程度ですが、読んでいただき感謝です。

来年はどうなるかわかりませんが、これからもご愛読のほどお願いします。

2011年NHK大河ドラマ特別展「江~姫たちの戦国~」
市野澤 永
>さて、来年の大河ドラマも私の守備範囲になりますが、どうしたものやら?

私の勤務する図書館へ江戸東京博物館において、開催される

2011年NHK大河ドラマ特別展「江~姫たちの戦国~」
期間 2011年1月2日(日)~2011年2月20日(日)

の広告が届きました。
私は行きます!桐野さんは行かれますか?

えどはくカルチャー「お市と浅井三姉妹の生涯」
2011年1月27日(木)14:00~16:00
講師は太田浩司氏です。対談は斎藤慎一氏です。

江戸東京博物館のHP ↓

http://www.edo-tokyo-museum.or.jp/

情報多謝
桐野
市野澤さん

いろいろ情報を提供していただき、有難うございます。
太田浩司さんとは知り合いなので、見に行けたらと思いますが……。


コメントを閉じる▲
コメント
この記事へのコメント
お疲れさまでした
苦手な幕末の話について
一年間勉強させていただきました。
ありがとうございました。

来年はまあ・・・
だいぶ見えているようにも思いますが^^;

ここは!
というところだけでも有意な話を聞かせていただけると
また違う世界が見られる・・・と思っている人は
私だけではないと思います^^;
2010/11/28(Sun) 22:21 | URL  | 武藤 臼 #-[ 編集]
いろいろ御礼
武藤 臼さん

コメント有難うございます。
来年も無視するわけにはいかないと思いますが……。

この間、いろいろ有難うございました。
2010/11/28(Sun) 23:02 | URL  | 桐野 #hxjklqKc[ 編集]
結構有意義でした。
司馬遼太郎の「竜馬がゆく」で知った気になっていた私には桐野先生より、史実をお教えいただき、大変有意義でした。

ありがとうございました。

たかが浪人と過小評価する考えにも接したことはありますが、

つくづく考えますと、龍馬は、何でもかんでも龍馬の功績ではないにしろ、周旋の力を発揮した一人の革命児でではなかったかと思っています。
2010/11/28(Sun) 23:26 | URL  | NAO4@吟遊詩人 #laIirjiw[ 編集]
こんばんわ。

お世話になります。

『龍馬伝』、最終回だけは見ました。

>あっけない終わり方でした

同感です。
まさにそのとおりでした。

>相変わらずのツッコミどころが散見されましたが、もういいでしょう

中村武生氏がブログの2010.11.22「龍馬伝紀行47話をみた」でも同様なコメントを残していらっしゃいますね。

》本編には何もいわない。きりがないから。

個人的には福山さんの龍馬より、今回は中岡役だった上川さんが以前にTBS系で演じられた龍馬の方が私には印象に残ったかな・・・

>来年の大河ドラマも私の守備範囲になりますが、どうしたものやら?

来年もできる限り、お願い致します。
例の講演のテーマとして、3つの候補の内の1つなのです。

前記した中村氏が同日のブログで

》「ほたえな」って、龍馬は本当に言ったのですか。なぜわかるのですか。
》言われた人は本当に部屋の外にいたのですか。出典は何かご存じですか。

というような、鋭いツッコミを来年も期待しております。

ブログを拝見していて、「風林火山」の時のように途中でお止めになりそうな感じがチラホラしていて、
気がかりでした。
一年間、お疲れ様でした。

藤本正行氏の新著、「本能寺の変」(洋泉社)を読了しました。
以前にお尋ねした鈴木眞哉氏が時折、引用している高瀬羽皐氏の翻訳ですが、
これって史料っていえるのでしょうか?原文にあたるべきように感じました。
藤本氏は桐野さんの見解に同感なされる点も述べられていましたが、反論もおありのようで。
これも以前に申しましたが、藤本氏の桐野さんへの桶狭間・長篠、本能寺の一連の反論は腹に落ちないです。

それでは失礼致します。

2010/11/29(Mon) 00:24 | URL  | 市野澤 永 #-[ 編集]
桐野先生、ありがとうございました。

ブログにも書きましたが
先生と大河ドラマのおかげで
ようやく、ホントにようやく
フィクションの竜馬から
史実の龍馬へふっきれそうです。

そういう意味では
個人的には意義深い一年となりました。
2010/11/29(Mon) 00:45 | URL  | 164go #Tw1YsqZc[ 編集]
1年間お疲れ様でした!
桐野先生1年間お疲れ様でした! このブログでの桐野先生の鋭い考察を参考にさせて頂いたおかげで(直接お話・質問させていただいたことも含めて)
自分も何とか1年間「龍馬伝」の感想を綴ることができました。ありがとうございました!

福山龍馬がなかなか薩摩へ行かないことや龍馬以外の人物たちのつくり込みの浅さ時系列の無視などなど不安・苛立ちを感じたことも多かった「龍馬伝」ですが最終回を迎えてよかったと思います。

1年を終えて自分が「龍馬ファン」・「幕末ファン」で良かったなあと改めて思いました。

また先生ともお会いできれば嬉しいです。

これからもよろしくお願い致します。
2010/11/29(Mon) 10:55 | URL  | 小林哲也 #-[ 編集]
ありがとうございました
桐野先生、こんにちは。

私も先生の感想で大変勉強させて頂きまして、ありがとうございました。
そしてお疲れさまでございました。

龍馬伝については、薩摩藩の扱いが粗略極まりないものになっていましたので、
最終回は黒幕関係でかなり心配していたのですが、ほんと案外な終わり方でしたね。
あんな終わり方をするのであれな、わざわざ終盤に大久保を登場させる必要もなかったと思うのですが……。
ともあれ、変な黒幕設定されずに良かったと一安心しております。
2010/11/29(Mon) 12:28 | URL  | tsubu #-[ 編集]
有難うございます
みなさん

激励のお言葉、有難うございます。
感想を書けたのはせいぜい6割程度ですが、読んでいただき感謝です。

来年はどうなるかわかりませんが、これからもご愛読のほどお願いします。
2010/11/29(Mon) 23:54 | URL  | 桐野 #hxjklqKc[ 編集]
2011年NHK大河ドラマ特別展「江~姫たちの戦国~」
>さて、来年の大河ドラマも私の守備範囲になりますが、どうしたものやら?

私の勤務する図書館へ江戸東京博物館において、開催される

2011年NHK大河ドラマ特別展「江~姫たちの戦国~」
期間 2011年1月2日(日)~2011年2月20日(日)

の広告が届きました。
私は行きます!桐野さんは行かれますか?

えどはくカルチャー「お市と浅井三姉妹の生涯」
2011年1月27日(木)14:00~16:00
講師は太田浩司氏です。対談は斎藤慎一氏です。

江戸東京博物館のHP ↓

http://www.edo-tokyo-museum.or.jp/
2010/12/03(Fri) 19:44 | URL  | 市野澤 永 #-[ 編集]
情報多謝
市野澤さん

いろいろ情報を提供していただき、有難うございます。
太田浩司さんとは知り合いなので、見に行けたらと思いますが……。
2010/12/05(Sun) 10:18 | URL  | 桐野 #hxjklqKc[ 編集]
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
ご無沙汰になりました。これを書いているのが12月2日です。 毎度のことながらshugoro死亡説が流れたのではないかと思いますが、 もちろんタイムリーで観れたわけもなく、 録画しておいたのですが、75分拡大ということは忘れていて、 60分のところで切れてしまいました。 再
2010/12/02(Thu) 09:32:45 |  shugoroの日記
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。