歴史作家桐野作人のブログ                                      織田信長と島津氏・薩摩藩・幕末維新を中心に歴史にまつわる身辺雑記
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今月19日午前10時から、天璋院篤姫の銅像の除幕式が行われる。
ちなみに、12月19日は篤姫の誕生日でもある。

場所は鶴丸城跡にある鹿児島県資料センター黎明館前庭とのこと。

姿は椅子に腰かけた銅像らしい。

(以上、南日本新聞12月15日付記事より)

これは昨年から持ち上がり、建立場所をどこにするか、鹿児島で議論があり、生誕地(今和泉島津家の鹿児島屋敷跡、現・私有地)などさまざま検討された末に、当該地に落ち着いた次第。

鹿児島で議論しているから、県内建立は当たり前の前提なのかもしれないが、個人的には複雑な感慨がある。
その理由は3つほどある。

ひとつは、肝心の篤姫の気持ちに添っていないことである。
明治維新前後の篤姫の書簡などを見れば、婚家の徳川家を滅亡の縁に追い込んだ薩摩藩と実家の島津家に対して、相当の不信感をもち、「朝敵」云々といった激烈な言葉で非難しているほどである。
維新から明治における篤姫の気持ちを考えれば、実家の城跡に銅像を建てられるのを喜ぶかどうか。
むしろ、江戸城跡か、明治になってからの千駄ヶ谷の徳川家邸宅跡に建立してもらったほうが、篤姫は喜ぶのではないか。
もっとも、一方は皇居、他方は私有地だから実現困難ではあるが。

もうひとつは、鹿児島は銅像が多すぎることである。
今年だけで、篤姫像のほか、鹿児島市は龍馬・お龍像はじめ、6カ所だったか、あまり風格を感じさせない合金像を乱立させている。そして今回の篤姫銅像建立実行委員長も鹿児島市長である。

鹿児島市と同市長は、銅像といえば、もっと早期に解決しなければならない問題があるはずである。
それはいうまでもなく、鹿児島中央駅前の「若き維新の群像」である。
欠けている2人の銅像(高見弥一と堀孝之)を何とかすべきではないか。
薩摩藩英国留学生派遣という鹿児島の先見性と国際性を示すこの壮図に対して、県外出身だというだけで2人を除外した現代鹿児島の狭量と見識のなさは幕末維新の先人たちに比して、恥ずかしくないのだろうか。
来年3月には九州新幹線が全線開通するというのに、この問題を放置し続け、いつまでも鹿児島の恥をさらすつもりなのだろうか。

篤姫銅像からとは少し脱線しましたが、鹿児島の状況を見るにつけ、決して無関係ではないと思って書きました。
もっとも、銅像が立ったら立ったで、また見に行くでしょうが。

よろしければ、下記をクリックして下さい。
人気ブログランキング
スポンサーサイト

【2010/12/16 11:59】 | 幕末維新
トラックバック(0) |


はじめまして。
篤姫像は東京にあってこそ、生きると思います。
私的には上野公園の中のそれも坂の上か、皇居の周りに立って欲しいと思います。
江戸城が焼け落ちていたら、東京はなかったかもしれません。


わだ
現代鹿児島市長及び役人の狭量…まさしく優先すべきは御指摘のことでしょう。
市内に乱立する合金製の像、ちょっと辟易しています。


桐野
はじめまして。さん、わださん

篤姫はすっかり徳川家の人間になりきっていますから、銅像もそのゆかりの地に立てたほうが本人も喜ぶのではないかと思います。

上野もいいですね。
寛永寺墓地の近くもいいかもしれないですね。夫の家定も眠っていますから。


コメントを閉じる▲
コメント
この記事へのコメント
篤姫像は東京にあってこそ、生きると思います。
私的には上野公園の中のそれも坂の上か、皇居の周りに立って欲しいと思います。
江戸城が焼け落ちていたら、東京はなかったかもしれません。
2010/12/19(Sun) 09:13 | URL  | はじめまして。 #-[ 編集]
現代鹿児島市長及び役人の狭量…まさしく優先すべきは御指摘のことでしょう。
市内に乱立する合金製の像、ちょっと辟易しています。
2010/12/19(Sun) 11:51 | URL  | わだ #EBUSheBA[ 編集]
はじめまして。さん、わださん

篤姫はすっかり徳川家の人間になりきっていますから、銅像もそのゆかりの地に立てたほうが本人も喜ぶのではないかと思います。

上野もいいですね。
寛永寺墓地の近くもいいかもしれないですね。夫の家定も眠っていますから。
2010/12/21(Tue) 11:02 | URL  | 桐野 #hxjklqKc[ 編集]
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。