歴史作家桐野作人のブログ                                      織田信長と島津氏・薩摩藩・幕末維新を中心に歴史にまつわる身辺雑記
昨夜、表題の新年会に参加。

お台場のフジテレビのレストランで開催となる。
お台場はほとんど行ったことがなく、しかも夜暗くて、ちゃんと目的地にたどり着けるか心細かったが、参加者の一人の方(フジテレビ系にお勤め)と出会ったので、連れて行ってもらった。

薩摩の会は、鹿児島の加治木島津家の当主・島津義秀氏が上京されたときに開催している。
今回は少し特別な事情があった。
宝塚歌劇団月組の新人(95期生、娘役)で、鹿児島出身の美里夢乃さんを囲み、応援しようという会だった。
鹿児島出身のタカラジェンヌといえば、先輩に愛華みれさんがいる。彼女は男役だが、美里さんにも彼女のようにトップスターになってもらいたいものである。
今回は彼女を親代わりで応援しているお台場のTV局社員のK村さんが主催だったが、急病にて欠席。ご本人の痛恨はいかばかりか、病室からメールやツイッターで何度も問い合わせがあった。

それにしても、中年男性ばかりのなかに、彼女が混じるとまさに「掃き○○に鶴」という感じで、ひときわオーラが光り輝いていた。
宝塚で頑張っている様子をいろいろうかがう。
個人的には、芸名の付け方とか教えてもらった。
彼女は小さいときからクラシックバレーで鍛えていたそうで、座っていても、背筋がピンと伸びていて、その凛とした姿はいかにもタカラジェンヌである。

オヤジたちで、彼女が出演する4月の月組公演を観劇しようと盛り上がった。
彼女のサイン付きブロマイドもいただいた。

また世話役の某社編集長と編集者もおいで。
何年か前から原稿を依頼されたまま不義理をしていたが、半分ほど原稿をお渡しする。
このところ、不義理のため顔向けできず、こちらからちゃんと話ができずにいたが、かなり話し合うことができて、ホッとする。

また義秀さんとも、島津義弘の評価(とくに島津家当主であるか否か)について少し突っ込んだ話をする。島津義弘研究で有名な某先生とも議論されたそうで、意見が合わなかったらしい。
私は最近、ひそかに温めていた考えを少し披露した。義久と義弘の関係をどうとらえるかという点についてである。

それにしても、拙宅からお台場は遠い。
りんかい線に初めて乗るなど、いろいろ経験できた。

よろしければ、下記をクリックして下さい。
人気ブログランキング

スポンサーサイト

【2011/01/15 16:00】 | 雑記
トラックバック(0) |


鹿屋市民
桐野先生のブログ いつも楽しく
興味深く読んでます。

宝塚の人の名前を読んで 焼酎の銘柄を連想する私は のんべいの駄目な人でしょうw。

鹿屋市の小鹿酒造に 美里じゃなかった
美し里 という 銘柄があります。しが余計ですが&読みも違いますが
なんか 良くありません
小鹿酒造の人 美里夢乃さんの事知っているかなァ?宝塚の人の名前なんて知らないですよね
知らないなら教えたいなあ。
彼女が メジャーになる前に 両方つながりできたらいいかなーと
思う 私でした。

美し里
桐野
鹿屋市民さん、はじめまして。

コメント有難うございます。

「美し里」は「うましさと」とでも読むのでしょうか? 素敵なネーミングですね。
美里夢乃さんとのコラボもできるかも。小鹿酒造さんによろしくお伝え下さい。


ばんない
こんばんは。

>また義秀さんとも、島津義弘の評価(とく
>に島津家当主であるか否か)について少し
>突っ込んだ話をする。島津義弘研究で有名
>な某先生とも議論されたそうで、意見が合
>わなかったらしい。
M先生のことでしょうか?もしそうなら、議論は平行線だったんだろうなあ、と容易に想像できます…。義秀氏はやはり加治木島津家当主としてのお立場もあるでしょうし。

>最近、ひそかに温めていた考え
たぶん、桐野さんの考えと義秀氏の考えも一致しなかったんだろうなあ、と予想されるのですが(汗)
この時話されたという桐野さんの説に非常に興味津々なのですが、このブログで近日公開されることは…たぶん無いのでしょうね…。

話は変わりますが、宝塚音楽学校に入るための予備校が当県の地元には存在します。そこまで頑張ってヅカジェンヌになってもトップの座につくのは大変なわけで、厳しい世界みたいですねえ。また、ヅカジェンヌたるもの廊下を直角に曲がらなくてはいけないという規則があったのですが、いまでもそうなんでしょうか、ちょっと気になります(苦笑)
男性集団で応援に行かれるご予定のようですが、観客の中で浮かないように頑張って下さいね。

宝塚
桐野
ばんないさん

宝塚観劇へのアドバイス有難うございます。
考えてみれば、地元に近いですね。

プレゼントのしかたとか、ほかの方からもアドバイスいただいてます。



ばんない
こんばんは。

確かに当方の住んでいるところ、地元と言えば地元なんですが、生まれてこの方一度もタカラヅカを生で見たことがないことに気が付きました(汗)。ある意味かなり特殊な演劇ですから。
観客の方にもいろいろ要求されることが多いとか言う話は聞いたことがあります(例えば差し入れのサンドイッチは宝塚市のこの店!と決まっているとか)。
いろいろ既にアドバイスをもらってられるご様子、経験者や上級者のアドバイスに従われるのが一番無難かと思います。

蛇足になりますが、タカラヅカは競争の厳しい世界ですので、郷土関係の方の応援はすごく励みになるのではと思います。回りの観客からの視線がちょっと?気になるかも知れませんが、楽しんできて下さいませ。

ちなみに、結構日本史ネタも多いような気がします、タカラヅカの持ちネタ。坂本龍馬もネタになっていたような。しかし、誰が西郷役を務めていたのか気になります(苦笑)

コメントを閉じる▲
コメント
この記事へのコメント
桐野先生のブログ いつも楽しく
興味深く読んでます。

宝塚の人の名前を読んで 焼酎の銘柄を連想する私は のんべいの駄目な人でしょうw。

鹿屋市の小鹿酒造に 美里じゃなかった
美し里 という 銘柄があります。しが余計ですが&読みも違いますが
なんか 良くありません
小鹿酒造の人 美里夢乃さんの事知っているかなァ?宝塚の人の名前なんて知らないですよね
知らないなら教えたいなあ。
彼女が メジャーになる前に 両方つながりできたらいいかなーと
思う 私でした。
2011/01/15(Sat) 19:03 | URL  | 鹿屋市民 #-[ 編集]
美し里
鹿屋市民さん、はじめまして。

コメント有難うございます。

「美し里」は「うましさと」とでも読むのでしょうか? 素敵なネーミングですね。
美里夢乃さんとのコラボもできるかも。小鹿酒造さんによろしくお伝え下さい。
2011/01/16(Sun) 23:12 | URL  | 桐野 #hxjklqKc[ 編集]
こんばんは。

>また義秀さんとも、島津義弘の評価(とく
>に島津家当主であるか否か)について少し
>突っ込んだ話をする。島津義弘研究で有名
>な某先生とも議論されたそうで、意見が合
>わなかったらしい。
M先生のことでしょうか?もしそうなら、議論は平行線だったんだろうなあ、と容易に想像できます…。義秀氏はやはり加治木島津家当主としてのお立場もあるでしょうし。

>最近、ひそかに温めていた考え
たぶん、桐野さんの考えと義秀氏の考えも一致しなかったんだろうなあ、と予想されるのですが(汗)
この時話されたという桐野さんの説に非常に興味津々なのですが、このブログで近日公開されることは…たぶん無いのでしょうね…。

話は変わりますが、宝塚音楽学校に入るための予備校が当県の地元には存在します。そこまで頑張ってヅカジェンヌになってもトップの座につくのは大変なわけで、厳しい世界みたいですねえ。また、ヅカジェンヌたるもの廊下を直角に曲がらなくてはいけないという規則があったのですが、いまでもそうなんでしょうか、ちょっと気になります(苦笑)
男性集団で応援に行かれるご予定のようですが、観客の中で浮かないように頑張って下さいね。
2011/01/27(Thu) 00:23 | URL  | ばんない #kyBjvhlc[ 編集]
宝塚
ばんないさん

宝塚観劇へのアドバイス有難うございます。
考えてみれば、地元に近いですね。

プレゼントのしかたとか、ほかの方からもアドバイスいただいてます。
2011/01/29(Sat) 21:12 | URL  | 桐野 #hxjklqKc[ 編集]
こんばんは。

確かに当方の住んでいるところ、地元と言えば地元なんですが、生まれてこの方一度もタカラヅカを生で見たことがないことに気が付きました(汗)。ある意味かなり特殊な演劇ですから。
観客の方にもいろいろ要求されることが多いとか言う話は聞いたことがあります(例えば差し入れのサンドイッチは宝塚市のこの店!と決まっているとか)。
いろいろ既にアドバイスをもらってられるご様子、経験者や上級者のアドバイスに従われるのが一番無難かと思います。

蛇足になりますが、タカラヅカは競争の厳しい世界ですので、郷土関係の方の応援はすごく励みになるのではと思います。回りの観客からの視線がちょっと?気になるかも知れませんが、楽しんできて下さいませ。

ちなみに、結構日本史ネタも多いような気がします、タカラヅカの持ちネタ。坂本龍馬もネタになっていたような。しかし、誰が西郷役を務めていたのか気になります(苦笑)
2011/02/06(Sun) 00:41 | URL  | ばんない #kyBjvhlc[ 編集]
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック