歴史作家桐野作人のブログ                                      織田信長と島津氏・薩摩藩・幕末維新を中心に歴史にまつわる身辺雑記
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「江」第2回

史実よりも何よりも、天正7年(1579)に安土城天主落成の祝いに赴いたお市と三姉妹。
元亀4年(天正元年、1573)生まれのお江はわずか7歳なのですが(笑)。
小学校1年生程度で信長とあんな会話ができるとは!!
前回、茶々の子ども時代を演じた噂の名子役芦田愛菜ちゃんは満6歳(数え7歳か)とのこと。ちょうど本日のドラマでの江と同じ実年齢です。違和感ありすぎですね。

あと、これは「利家とまつ」などでも非常に違和感を覚えたのですが、信長の呼称。
家来が「御屋形様」と呼んでいましたが、「上様」と呼ぶべきです。
「御屋形様」はせいぜい守護程度の呼称、信長は天下人ですぞ。

安土城天主での出来事は、『信長公記』巻12、天正7年5月11日にある、信長が天主に移徙(わたまし)した直後でしょうね。

でも、天主は信長の生活空間であり、その許しなく勝手に上れません。
のち秀吉が他界する直前の慶長3年(1598)、遺書を残していますが、それには徳川家康に伏見城天守に上ることを許すと書かれています(『浅野家文書』)。秀吉時代は天守閣が日常的な生活空間ではなかったと思われますが、信長時代はなおさらのことです。
天主・天守閣は主人のもので、通常、家来や他人は上ることはできませんでした。お江は許可を得ていたとは思えませんが。許可を得たなら、信長が襖越しに鑓で突いたりしないでしょう。

あと、安土城に、信忠・信雄・信孝の三兄弟はじめ、柴田勝家や徳川家康、明智光秀までおり、あとから羽柴秀吉も来ました。
でも、どうでしょうかね?
この頃、織田軍は全力を挙げて荒木村重のこもる摂津有岡城を包囲しています。とくに信忠はその総司令官ですから、安土に行けたか。また勝家はじめ越前衆は有岡城攻めから越前帰国を命じられています。
光秀は同様に波多野氏がこもる丹波八上城を囲んでいます。
秀吉も播磨三木城主の別所長治の支城を攻めています。
ですから、主だった武将たちが安土にいるとは思えませんね。

家康が嫡男信康を同行していたのも微妙です。
というのは、安土城天主の落成からわずか3カ月後の8月に、信康は「逆心」の廉で家康の命で岡崎城から追放されているのですよ。
ドラマでは、追放から3カ月前だから、安土城に親子で行ってもよいと解釈しているのでしょうが、親が嫡男を追放するというのはよほど根深い対立や確執が推定されるわけで、3カ月前は仲がよかったとは常識的に考えられませんね。実際、前年の同6年9月、武田方との戦いで、信康は馬が病気になったことを理由に勝手に陣払いしており、すでに家康との関係が良好だとは思えません。
ですから、安土城天主が完成した頃はすでに家康と信康・築山殿は不仲どころか、浜松城と岡崎城で対立している状況だったはずです。だから、打ち揃って安土に来られるような親子関係ではなかったと思われます。信康夫人五徳(信長長女)と築山殿が不仲だと家康がなぜか暴露していましたが、むしろ、家康と信康が対立していたと見るべきでしょう。

ほかにもいろいろありますが、しゃべりや所作がほとんどのだめ江なので、先行きが心配ですね。

よろしければ、下記をクリックして下さい。
人気ブログランキング
スポンサーサイト

【2011/01/16 21:52】 |
トラックバック(1) |


市野澤 永
こんばんわ。

>御屋形様

竹中直人さん主演『秀吉』もそうでした。
凄い違和感ありました。

>信康

私が先日、新宿でお話した点と類似する問題と考えているのですが、
信康は徳川姓ではなく、文書では松平・もしくは岡崎姓なんですよね。
桐野さんは、この点は如何思われますか?


「御屋形様」問題
千葉和彦
>「御屋形様」

「武田信玄」の脚本家が、「秀吉」も書いたときに錯覚したのでしょうね。
信玄は死ぬまで「御屋形様」でいいのですが、信長が「御屋形様」であった(かもしれない)のはほんの一時期とは思ってもいなかった。
困るのは他の脚本家まで右ならえしていることで…それ以前の大河ドラマでは信長は「上様」で統一されていたはずです。

ただ…「御屋形様」のほうが「上様」より上位である場合もあるようなので??なのですが。ウィキぺディアの「屋形」の項で『北条幻庵覚書』を紹介しているのですが、幻庵は甥氏康の娘に『舅吉良頼康は「おやかた様」…夫は「上様」と尊称するように説いた』とあります。

上様
桐野
千葉和彦さん

「北条幻庵覚書」のご紹介有難うございます。
ここでは、御屋形様と上様が逆の関係になっていますね(笑)。ただ、この場合も「御屋形様」はせいぜい吉良頼康レベルの領主にすぎず、大名でさえありません。
このようなある家での特殊事例を全体に敷衍するのはどうかと思います。

「上様」については、じつは毛利元就や上杉景勝も家中からそのように呼ばれています。
ただ、これらの事例は天下人とか将軍の「上様」とはレベルの違う話で、その家中での決まり事であり、外部で通用するものではありません。守護や大名への例外的な敬称だと思います。

その点、信長は織田家中はむろん、他の大名や領主、寺社、商人など幅広い層から「上様」と呼ばれています。
やはり、実態と対応した呼称がよいように思います。

信康
桐野
市野澤さん

信康の名字は徳川だったのではないでしょうか。
証明しろといわれても難しいですが、松平呼称は徳川幕府が成立してからの位置づけでしょう。
信康は家康の嫡男だけではなく、信長から一字拝領した女婿にもあたります。これ以上ない徳川家の正統なる後継者のはずでした。だから、名字は徳川以外考えられないと思いますが。
逆に同時代史料で松平信康と呼ぶ史料はあるのでしょうか?

「岡崎」云々は信康の居城というか居所の地名を冠しただけで、それほど深い意味はないと思います。
信長が岐阜殿とか、茶々が淀殿と呼ばれているのと同様かと。


コメントを閉じる▲
コメント
この記事へのコメント
こんばんわ。

>御屋形様

竹中直人さん主演『秀吉』もそうでした。
凄い違和感ありました。

>信康

私が先日、新宿でお話した点と類似する問題と考えているのですが、
信康は徳川姓ではなく、文書では松平・もしくは岡崎姓なんですよね。
桐野さんは、この点は如何思われますか?
2011/01/17(Mon) 00:18 | URL  | 市野澤 永 #-[ 編集]
「御屋形様」問題
>「御屋形様」

「武田信玄」の脚本家が、「秀吉」も書いたときに錯覚したのでしょうね。
信玄は死ぬまで「御屋形様」でいいのですが、信長が「御屋形様」であった(かもしれない)のはほんの一時期とは思ってもいなかった。
困るのは他の脚本家まで右ならえしていることで…それ以前の大河ドラマでは信長は「上様」で統一されていたはずです。

ただ…「御屋形様」のほうが「上様」より上位である場合もあるようなので??なのですが。ウィキぺディアの「屋形」の項で『北条幻庵覚書』を紹介しているのですが、幻庵は甥氏康の娘に『舅吉良頼康は「おやかた様」…夫は「上様」と尊称するように説いた』とあります。
2011/01/17(Mon) 05:18 | URL  | 千葉和彦 #B2zLP17c[ 編集]
上様
千葉和彦さん

「北条幻庵覚書」のご紹介有難うございます。
ここでは、御屋形様と上様が逆の関係になっていますね(笑)。ただ、この場合も「御屋形様」はせいぜい吉良頼康レベルの領主にすぎず、大名でさえありません。
このようなある家での特殊事例を全体に敷衍するのはどうかと思います。

「上様」については、じつは毛利元就や上杉景勝も家中からそのように呼ばれています。
ただ、これらの事例は天下人とか将軍の「上様」とはレベルの違う話で、その家中での決まり事であり、外部で通用するものではありません。守護や大名への例外的な敬称だと思います。

その点、信長は織田家中はむろん、他の大名や領主、寺社、商人など幅広い層から「上様」と呼ばれています。
やはり、実態と対応した呼称がよいように思います。
2011/01/17(Mon) 10:26 | URL  | 桐野 #hxjklqKc[ 編集]
信康
市野澤さん

信康の名字は徳川だったのではないでしょうか。
証明しろといわれても難しいですが、松平呼称は徳川幕府が成立してからの位置づけでしょう。
信康は家康の嫡男だけではなく、信長から一字拝領した女婿にもあたります。これ以上ない徳川家の正統なる後継者のはずでした。だから、名字は徳川以外考えられないと思いますが。
逆に同時代史料で松平信康と呼ぶ史料はあるのでしょうか?

「岡崎」云々は信康の居城というか居所の地名を冠しただけで、それほど深い意味はないと思います。
信長が岐阜殿とか、茶々が淀殿と呼ばれているのと同様かと。
2011/01/17(Mon) 13:43 | URL  | 桐野 #hxjklqKc[ 編集]
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
今回はタイムリーに観ました。初回視聴率は21.7%で、 『天地人』や『龍馬伝』よりかは低く、あの『武蔵 MUSASHI』と同じというのも、 少々不気味ですが、『篤姫』なんかは初回はもっと低かったわけだし、 田渕マジックは見られるのでしょうか? それにしても脚本家ってこの
2011/01/16(Sun) 22:42:25 |  shugoroの日記
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。