歴史作家桐野作人のブログ                                      織田信長と島津氏・薩摩藩・幕末維新を中心に歴史にまつわる身辺雑記
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

先日、旧暦の年忌でも書きました。
本日は新暦での400年忌です。

その実績の割に知名度で報われない義久なので、くどいくらいの告知をしてもいいと思います。

先日の新聞連載記事で、義久の死は戦国島津氏の終焉だと書きましたが、別の言い方をすれば、日新斎忠良以来、貴久、義久という3代の島津本宗家の終焉でもありましょう。

勝久から貴久への代替わりのとき、勝久は守護職の「悔い返し」をしています。「悔い返し」はいったん譲与した所領や権限を取り戻すことです。

そして、義久も一度目は義弘から、二度目は忠恒(のち家久)から三州太守の地位を「悔い返し」していますね。

義弘は家督を継いだか否かという議論がありますが、それだけではこの問題の答えは得られないのではと思っています。

よろしければ、下記をクリックして下さい。
人気ブログランキング

スポンサーサイト

【2011/03/05 23:32】 | 信長
トラックバック(0) |


ばんない
こんばんは。

>義久も一度目は義弘から、二度目は忠恒(のち家久)から三州太守の地位を「悔い返し」しています

不勉強な物で、忠恒からの悔い返しは知っていたのですが、義弘からも悔い返していたことがあったのは知りませんでした。いつ頃の話でしょうか?

悔い返し
桐野
ばんないさん

お尋ねの件、うっかり書いてしまいましたが、「企業秘密」でした(汗)。

いくつかの史料によれば、天正13年から14年にかけて、義弘が家督相続をしたらしく、上井覚兼が忠節を誓う起請文を呈したり、近衛前久や将軍義昭から祝儀の使者が義弘に送られています。

義久は一度は義弘に家督を譲ろうとしたのは確実だと思われますが、いつの間にか沙汰止みなったようです。
いつ、どのような理由なのか不明ですが、その後、久保が家督候補になっていますから、義弘の家督相続は取り消されたものと思われます。

これをもって、義久の「悔い返し」だと私は思っているのですが……。

めしのたね
ばんない
御回答どうもありがとうございました。
>お尋ねの件、うっかり書いてしまいましたが、「企業秘密」でした(汗)。
え、そうだったのですか…。
なかなか興味深い話なのですが、ここではこれ以上続けない方が良さそうですね(苦笑)。

といいつつ、ちょっと書いてしまいますが(汗)義弘は足利義昭から偏諱をもらい一時期「義珍」と名乗っていますが、この辺もこのネタに関連があるのかも知れませんね。

しかしいつ書いても思うのですが「義珍」って変わった名前ですよねえ…。私の知っている限りでは、他に島津氏で「珍」を名前に入れた人は、時代が一気に下がりますが島津珍彦ぐらいのような。


桐野
ばんないさん

義珍(よしたか)名乗り、大いに関係あります。

「珍」の付く名乗りはたしかに少ないですね。
ただ、珍彦は義珍と違い、通称ですね(実名は忠鑑)。

「薩陽武鑑」の人名索引を見ましたが、「珍」が付くのは珍彦さんだけでした。
ほんと「珍」しいですね。

コメントを閉じる▲
コメント
この記事へのコメント
こんばんは。

>義久も一度目は義弘から、二度目は忠恒(のち家久)から三州太守の地位を「悔い返し」しています

不勉強な物で、忠恒からの悔い返しは知っていたのですが、義弘からも悔い返していたことがあったのは知りませんでした。いつ頃の話でしょうか?
2011/03/07(Mon) 00:45 | URL  | ばんない #kyBjvhlc[ 編集]
悔い返し
ばんないさん

お尋ねの件、うっかり書いてしまいましたが、「企業秘密」でした(汗)。

いくつかの史料によれば、天正13年から14年にかけて、義弘が家督相続をしたらしく、上井覚兼が忠節を誓う起請文を呈したり、近衛前久や将軍義昭から祝儀の使者が義弘に送られています。

義久は一度は義弘に家督を譲ろうとしたのは確実だと思われますが、いつの間にか沙汰止みなったようです。
いつ、どのような理由なのか不明ですが、その後、久保が家督候補になっていますから、義弘の家督相続は取り消されたものと思われます。

これをもって、義久の「悔い返し」だと私は思っているのですが……。
2011/03/07(Mon) 15:29 | URL  | 桐野 #hxjklqKc[ 編集]
めしのたね
御回答どうもありがとうございました。
>お尋ねの件、うっかり書いてしまいましたが、「企業秘密」でした(汗)。
え、そうだったのですか…。
なかなか興味深い話なのですが、ここではこれ以上続けない方が良さそうですね(苦笑)。

といいつつ、ちょっと書いてしまいますが(汗)義弘は足利義昭から偏諱をもらい一時期「義珍」と名乗っていますが、この辺もこのネタに関連があるのかも知れませんね。

しかしいつ書いても思うのですが「義珍」って変わった名前ですよねえ…。私の知っている限りでは、他に島津氏で「珍」を名前に入れた人は、時代が一気に下がりますが島津珍彦ぐらいのような。
2011/03/08(Tue) 23:09 | URL  | ばんない #kyBjvhlc[ 編集]
ばんないさん

義珍(よしたか)名乗り、大いに関係あります。

「珍」の付く名乗りはたしかに少ないですね。
ただ、珍彦は義珍と違い、通称ですね(実名は忠鑑)。

「薩陽武鑑」の人名索引を見ましたが、「珍」が付くのは珍彦さんだけでした。
ほんと「珍」しいですね。
2011/03/09(Wed) 00:12 | URL  | 桐野 #hxjklqKc[ 編集]
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。