歴史作家桐野作人のブログ                                      織田信長と島津氏・薩摩藩・幕末維新を中心に歴史にまつわる身辺雑記
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

南日本新聞連載「さつま人国誌」本日更新。第411回「古田織部と島津家」。
詳しくは、ここをクリックして下さい。

最近は「へうげもの」で知られている古田織部。あまり知られていない島津家との交流について書きました。とくに最初の出会いは天正3年(1575)で信長時代と早い。

上京した島津家久が帰途につくとき、道案内したのが古田左介こと織部。家久は上鳥羽から下鳥羽まで織部に案内されている。なぜ織部が登場するのかよくわからないが、連歌師の里村紹巴師弟と友人関係にあったからか。島津義弘も息忠恒も織部と交流し、いろいろ指南を受けたことを紹介した。

織部の最期は大坂夏の陣の直後で、豊臣方への内通を疑われたもの。御内の木村宗喜が内通していたというが、なぜ織部父子
にまで罪が及んだのか? また一説によれば、織部が島津方と一味して洛中放火を企てていたという噂まであったとか。織部焼も銀座のデパートでの展示を拝観した。

***ぜひ下記をクリックして下さいね***
人気ブログランキング

【2016/05/18 23:40】 | さつま人国誌
トラックバック(0) |

織部燈籠
ながお
 桐野様

こんにちは。

「へうげもの」は読んでいないので登場したかどうかわかりませんが、古田織部が考案したとされる織部燈籠という不思議なものがあります。別名切支丹燈籠と呼ばれていますがキリスト教とは無関係だとされています。
ところが、先日ご紹介したジュゼッペ・キアラの墓石を戦時中にサレジオ神学院の神父さんが雑司が谷墓地で発見した時に、この燈籠がそばにあったのです。
誰かが他から持ってきたのかも知れませんし、この一例だけではなんともですが、こんな不思議なものを残すところが「へうげもの」かも知れません。


情報御礼
桐野
ながおさま
お知らせ有難うございます。
織部燈籠、いまも雑司ヶ谷墓地にあるのでしょうか? もしあれば、そのうち観に行きたいものです。

織部燈籠②
ながお
桐野様

写真には写っていますが、その現物は現在行方不明

とのことです。

織部燈籠自体は各地にありますので探していただけ

れば都内の寺院にもあります。

コメントを閉じる▲
南日本新聞連載「さつま人国誌」で、長く16回も続いた五代友厚の連載が先週で終了しました。
昨2日は、江戸時代中期、イタリア人宣教師シドッチが屋久島に上陸した顛末について書きました。
詳しくは、ここをクリックして下さい。
五代友厚の連載もご覧になれます。

***ぜひ下記をクリックして下さい***
人気ブログランキング

【2016/05/03 19:07】 | さつま人国誌
トラックバック(0) |
長らく更新できませんでした。

南日本新聞連載「さつま人国誌」の五代友厚特集もいつの間にか第14回まできました。
詳しくは、ここをクリックして下さい。

これまで、ワンテーマの最長連載は伊牟田尚平の9回でしたが、それをとっくに抜き去りました。
今回は、内務卿大久保利通の死後、大阪商法会議所、大阪証券取引所を次々と設立し、大阪経済復興の基礎づくりをした五代を書きました。
五代の連載はあと2回を予定しています。
有名な官有物払い下げ事件と、五代の終焉について書く予定です。

***ぜひ下記をクリックして下さいね***
人気ブログランキング

【2016/04/06 00:05】 | さつま人国誌
トラックバック(0) |

ジュゼッペ・キアラ(1602~1685)
ながお
桐野様

こんにちは。お久しぶりです。お元気ですか。

5/2付、さつま人国誌「シドッチの屋久島上陸」読みました。

シドッチと同じくイタリアのシシリア島出身でシドッチが潜入する少し前ですが、日本に潜入して捕らえられキリスト教を棄教させられ「岡本三右衛門」の日本名を与えられて切支丹屋敷に幽閉され一生を終えたジュゼッペ・キアラという宣教師がいます。

実は彼の墓碑が調布市のサレジオ神学院の庭にあります。今年調布市の文化財に指定されました。
頭部に帽子(司祭帽?)をかぶった珍しいものです。一度ご覧になって下さい。

彼は遠藤周作著小説『沈黙』のモデルになった人物です。

薩摩とは関係がないとは思いますし、もしご存知だったらすみません。

ご紹介御礼
桐野
ながおさま

ジュゼッペ・キアラのご紹介有難うございます。
私も遠藤周作の小説の主人公であることは存じておりましたが、詳しいことは知りませんでした。
彼の場合、切支丹禁令が敷かれた頃の来日ですから、幕府の糾問が厳しかったのだと思います。
シドッチとは半世紀以上離れているので、その時代の違いが大きいかもしれませんね。


コメントを閉じる▲
南日本新聞連載「さつま人国誌」が本日更新になりました。
第399回です。

今回は長崎にある小菅修船場、通称ソロバンドック建設での五代の役割について書きました。
同ドックは昨年、世界文化遺産に登楼されました。

次回はいよいよ記念すべき400回になります。
ご愛読よろしくお願いします。

***ぜひ下記をクリックして下さいね***
人気ブログランキング

【2016/02/01 13:44】 | さつま人国誌
トラックバック(0) |
賀詞もおそくなってしまいました。
本年もよろしくお願いします。

「さつま人国誌」のほうは、現在、五代友厚を連載中で、5回まで書いています。
ここをクリックすると、ご覧になれます。

明日11日も掲載日ですが、五代の連載を1回お休みして、長崎で見つかった小松帯刀の新出写真について書いています。
よろしかったらご覧下さい。

***ぜひ下記をクリックして下さいね***
人気ブログランキング

【2016/01/10 23:19】 | さつま人国誌
トラックバック(0) |


かんな
寒中お伺い申し上げます。
今年もよろしくお願いいたします。
今回の「さつま人国誌」は小松帯刀の新出写真でまさにタイムリーな話題ですね。
17日のバスツアーは残念ながら落選してしまいましたので、講演会の方にお伺いいたしますね。
落選した人が30人ほどと聞いているので、キャンセル待ちでも入り込めそうにないのが残念です。
別の機会にまた先生のバスツアーがあることを期待しております。
講演会前日もお忙しそうですがお体にお気をつけてください。


17日よろしく
桐野作人
かんなさん、ご無沙汰しています。
本年もよろしく。

バスツアーは残念でしたね。
講演会場でお会いしましょう。
また感想をお聞かせ下さい。

桐野

コメントを閉じる▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。