歴史作家桐野作人のブログ                                      織田信長と島津氏・薩摩藩・幕末維新を中心に歴史にまつわる身辺雑記
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日次記です。

17日(金)天晴れ
朝早く新幹線で京都へ。
ようやく時間がとれたので、同志社大学で開かれている「幕末と同志社」展を見に行く。

展示のサブタイトルが「薩摩藩邸址にあって」とあるように、同志社大学今出川キャンパスは二本松の薩摩藩邸跡にある。そして現在も発掘が進められている。その成果として、出土したばかりの丸十の家紋が付いた茶碗を展示してあった。

目玉は玉里島津家で発見された二本松藩邸の詳細な見取り図。
部屋割りが詳しくわかる。畳数や役職別の部屋割りが詳しく書かれている。家老、側用人、祐筆、目付などの部屋があった。
カラーで描かれており、まことに鮮やかである。

会場の係員さんから、先日の尚古集成館の田村館長の講演の様子をうかがう。
小松邸「御花畑」も話題になって、質問が多く出た由。
会場で、今夏、大阪龍馬会で講演したとき、参加されていたご夫婦から声をかけられる。
懇親会で私の前に座っておられ、詳しくお話しした方々だったことを思い出した。

その後、室町頭町に行く。
気になったことがあり、調査と撮影をした。

その後、黒谷に移動。
目的はもちろん、来年の大河ドラマの主人公お江の供養墓。徳川忠長や春日局の墓もある。
墓所の手前に蓮池と極楽橋があるが、これは春日局がお江の墓参拝のためにつくったと聞いた覚えがあるが、どうだったか?
来年に向けて、案内板もすでにできていた。お江の墓の金属プレートも真新しい。
またバスガイドらしき集団が30名ほどいた。どうやら来年に向けての研修を受けていたようである。
師走のあわただしさのなかに、来年への動きが感じられた。

案内板

江案内板

その後、永観堂などを見学した頃には暗くなり、日帰り探索を終えた。

19日(日)天晴れ
朝から世田谷奥沢の九品仏浄真寺に行く。
調所広郷の162年祭に出席のため。
広郷の直系子孫で友人の調所一郎さんのお招きを受けたもの。
今回は私の小話もしてほしいとのことだった。
以前の打ち合わせでは、大河ドラマ「龍馬伝」について話してほしいといわれていた。

当日19日は調所広郷の命日だが、奇しくも天璋院篤姫の誕生日でもある。
法要が終わり、懇親会のとき、少人数での和気藹々とした会なので、あまり堅苦しくてなじみのない話はどうかと思い、みなさんがご存じの人物、テーマにしようと、「龍馬・篤姫二題」と題して少し話をした。
資料も少し用意した。
出席者には、明治大学O合先生や友人の幕末維新研究者のM田さんもおられて緊張したが、何とか無事終了。

20日(月)天晴れ
年末進行のため、いつもの原稿締切が前倒しで早い。
この日は歴史読本の連載原稿の締切。いつも遅れがちなので、何とか締切に間に合うようにと頑張った。
が、夕方までに終わらず。結局、脱稿したのは22:00過ぎだった。
今回は信長の洛中馬揃えが中心。

21日(火)曇り
午後から品川の海晏寺に参拝。
友人のKさんの墓参にお付き合い。
ここは何といっても、幕末維新の有名人の墓が多い。
日頃はなかなか見られない区域にあるため、Kさんに同行していくつか見学させてもらった。

岩倉具視
寺島宗則
松平春嶽
由利公正
山尾庸三
松村淳蔵
児島惟謙


などを見学。
岩倉の墓域はさすがに広い。顕彰碑も大きい。

興味深かったのは薩摩藩英国留学生の寺島宗則と松村淳蔵、そして長州ファイブの一人、山尾庸三の墓が非常に近い場所にあったこと。幕末の英国組が3人も同じ場所に眠っているのは奇観である。
寺島宗則の墓は拙連載に間に合わせられなかったのが残念。

参拝後、Kさんと別れて青山墓地に行く。
前から気になっていた人物の墓を管理事務所で教えてもらった。
事務所のそばにあったから、すぐわかった。
写真撮影をする。
雨が降る前にすべてがうまく順調に運んだ。

よろしければ、下記をクリックして下さい。
人気ブログランキング

【2010/12/22 08:44】 | 日次記
トラックバック(0) |

御礼など
調所
19日は本当に有り難うございました。皆様、目から鱗の話に大変喜んでました。私は翌20日から鹿児島で、今度は福昌寺跡墓地の笑左衛門(広郷)の墓掃除と黎明館の篤姫像を見て参りました。ところでその時、黎明館の方々から先月の特別企画展「甦る島津の遺宝」の説明をして頂けました。そして江戸時代二百六十年の間に島津家当主から密教の秘伝虎之巻を伝授され、起請文を出した31人の名前が出ました。虎之巻の内容は不明だそうです。実は、そのうちの一人が笑左なのですが私も家伝の密教系と思しき品を学芸課長の先生に見て頂きました。その31人が、どんな基準で選ばれ具体的に何をしたのか分かりません。島津家は護摩所も設けていたそうです。血のつながる我が先祖ながら薩摩絡みの怪しげな所には大抵名前が出てるなぁと思った次第です。

護摩所
桐野
調所さん

先日はお世話になりました。
調所家にはまだ遺品が残っているんですね。

島津家の護摩所といえば、やはり大乗院でしょうかね?


護摩所
調所
島津家の護摩所は鶴丸城北の、現在、薩摩義士碑のあるあたり裏だそうです。
城山に登って行く途中の、気のせいかチョットおどろな雰囲気の場所ですね。

護摩所
桐野
調所さん

『鹿児島城下絵図散歩』を見ると、現・薩摩義士の碑の右手(東)に何か施設があります。
字が小さくてよく読めないのですが、3文字で、末尾が「所」、何となく「護摩所」と読めそうです。
こんな所にあるなんて知りませんでした。
教えていただき、有難うございます。


コメントを閉じる▲
先週30日、名古屋の中日文化センターに出講し、帰宅するまでの間に、どうやら太田牛一『信長公記』(角川文庫版)を紛失したようである。
当日携行のバッグだけでなく、拙宅事務所の机まわりをいくら探しても出てこない。教室の講師机まわりに忘れていなかったか、主催者に問い合わせたけど、何もなかったとのこと。

ほかに考えられるとすれば、帰りの新幹線のぞみの車中である。
棚の上にバッグを横に置いた。口が開いているヤツだったから、横にしていると振動などで外に飛び出した可能性がある。棚から下ろすとき、見えないしチェックしたわけでもないから、外に滑り落ちたのを気づかなかったかもしれない。

う~ん、惜しい。悔しい。
あれはもう20年以上使い込んだ年季もの。
刊行年は1980年代だったような。
これまでさんざんお世話になり、これを見ながら、多くの著書・論文・雑誌記事などを書いた。
愛着がありすぎる。

角川文庫版は絶版になって久しく、ほとんど古書市場にも出てこない。
幸い、もう1冊もっているから何とかなるが、これは10年ほど前、同書が絶版になった頃に買ったもの。
しかし、もともと同書は活版である。度重なる重版のために活字が摩耗していたり、活字の輪郭がシャープではない。その意味でも紛失した本がもったいない。あれはとてもクリアな版面だった。インクののりもちょうどよく見やすかった。

悔しいので、JR東海の遺失物係に連絡しようかな。

残りの1冊を紛失すれば、大変なことになるのに気づいた。てきめん仕事に差し障りが出るのだ。
室外に持ち出さなくても、拙宅の劣悪な蔵書環境では室内で紛失する可能性もあるのだ。
実際、紛失したこの本も一時行方不明になったことがあるほど。

そういえば、研究会仲間にはこの角川文庫版を10冊とか5冊とか持っているという人たちもいたな。
2冊しか持っていなかった自分の思い入れの薄さを思い知らされたが、いまとなっては紛失のリスク回避でもあったと思い知らされる。
仲間のみなさん、1冊分けて下さいませ(爆)。


先月末、新しいデスクトップPCがおでまし。
OSはWINDOWS7である。
前の機種はOSがXPだったが、昨年漏電で強制シャットダウンを繰り返す恐怖の一日から、どうも具合が悪くなり、最近は頻繁に画面がフリーズしたり、外付けHDDを認識しなかったりと、トラブルが多かった。とくにフリーズの多さには辟易させられ、急ぎの仕事のときには画面を叩きたい衝動にかられたほど(笑)。

これまでは、Vistaの芳しからぬ噂を聞いていたので、ずっとXPで通していた。
今回もまだXP搭載のPCがあると業者が教えてくれたので、よほどXPを選ぼうかと思ったが、WINDOWS7はVistaほどの悪評は聞かなかったのと、XPのサポート期間もほどなく終了するというので思い切る。
じつは、このエントリーは新しいPCで書いている。
キータッチにまだ違和感が残るが、何とかこなしている。
でも、全体の仕様やデスクトップ画面がXPより様変わりしているので、慣れるのにはまだ時間がかかりそう。

内蔵HDDも容量大きいし、画像データもかなり載せられそう。メモリもどっさりんこ装着してある。
いまのところ軽快である。
主要なデータ転送も終わり、メインのPCとしてようやく使えるほどにカスタマイズできた。
近々本格起動になりそうです。

よろしければ、下記をクリックしてください。
人気ブログランキング


【2010/10/07 18:00】 | 日次記
トラックバック(0) |

角川文庫版
千葉和彦
いつか図書館で読んだのですが、「信長を狙撃した男は、たぶん忍者じゃねーよ」と大変なことが当たり前のように注釈に書かれていてビックリした覚えがあります。

(これまで2回ばかりペンネームでコメントしましたが今回は本名で)


164go
わたしは

>悔しいので、JR東海の遺失物係に連絡しようかな。

に1票です。


忍者?
桐野
千葉和彦さん

おそらく杉谷善住坊のことだと思いますが、角川文庫版に彼が忍者じゃないという注釈があった記憶がないのですが、どうなんでしょうね?
「鉄炮の上手」とはありますが……。

話し中
桐野
164goさん

一票有難うございます。

と思いまして、私も遺失物係に電話しているのですが、ずっ~と話し中なんです(泣)。
かけた時間帯が悪いのでしょうかね?
先ほどもダメでした。

ダメでした
桐野
164goさん

さっきようやく電話がつながり、調べてもらいましたが、当日、「信長」の付く本の落とし物はなかったそうです(泣)。

角川文庫版(補足)
千葉和彦
あ、すみません、説明不足でした。
正確には角川文庫版を読んでいたら、杉谷善住坊への注記として、「伊勢菰野の杉谷城主・荻原善住坊であろう」(大意)と記されていたのです。

私はてっきり善住坊は「甲賀杉谷忍びで鉄砲の名手」だと思い込んでいましたので、「城主」と「忍者」の落差に面食らった次第です。
その後、角川文庫版以外の「信長公記」にもあたってみたのですが、こうした注記は角川文庫版だけのようでした。


残念でしたね
市野澤 永
こんばんわ。

手元に予備(角川ソフィア文庫)があるので、お分けすることができます。
しかし、複本があると伺い、安心しました。
出てくるといいですね。

私の経験上、遺失物へのTELは中々繋がりません。
また、「ありません」と返答されても、
日を置いてTELすると、「ありました」ということがありました。

私も通勤時に天野忠幸氏と町田明広氏の新著を読んでいるので、無くさないようにしないと。
熱中し過ぎて、降りなければいけない駅に慌てて気付くことがチラホラ・・・(苦笑)

9日は峰岸純夫氏の講演に行って参ります!

甲賀五十三家
桐野
千葉和彦さん

杉谷善住坊の後ろの索引にある記事のことでしたか。了解です。甲賀五十三家に杉谷氏がいるのはたしかですから、その一族の可能性はありますね。

『言継卿記』だったか、善住坊は4挺の鉄炮で狙撃したと書かれています。もし事実なら、一人では実行不可能ですから、仲間か配下がほかにもいたと考えられますね。


有難うございます
桐野
市野澤 永さん

先日はこちらのミスで失礼しました。

お気遣い有難うございます。
もし必要になったら、お願いするかもしれません。そのときは何か本か史料をお返しに用意します。



九州で催される企画展と「信長公記」
市野澤 永
こんにちわ。

下記の九州で開催され特別展示は桐野さんの守備範囲の範疇かと思い、ご連絡致します。

特別企画展「伊東義祐と佐土原」
場所 宮崎市佐土原歴史資料館
期間 平成22年9月11日(土)~10月31日(日)
詳しくは、こちら ↓

http://www.city.miyazaki.miyazaki.jp/cul/rekisi/sadowara/index.html 

『中世薩摩の雄、澁谷氏の軌跡』(仮)
場所 薩摩川内市川内歴史資料館
期間 10月27日(水)~12月12日(日)
詳しくは、こちら ↓

http://rekishi.sendai-net.jp/index2.htm

先週の土曜日、千葉県佐倉市で催された峰岸純夫氏の講演「戦国動乱の開幕と千葉氏-享徳の乱を中心に-」、行って参りました。
今月、江戸東京博物館で開催されている「徳川御三卿」展にも行って来ようと考えています。

その後、「信長公記」は発見されたのでしょうか?
やはり、桐野さんが同書を1冊のみの所有では何かと不都合と思いまして、
まことに勝手ながら知り合いの古書店へお声掛けさせて頂きました。
もし、購入できれば、同書の表紙が長篠合戦図屏風に描写されている信長のタイプ。
1990年代に刷られたものだそうです(この辺りは不確か)。
価格は当時の定価の半額でよいとのことです。
今月中には結果が分かる筈です。

上記が不首尾になった際は私が所有している角川ソフィア版で宜しければ、お差し上げ致します。
前回も申し上げましたが、当方は同書の複本を所有しています。新人物往来社版も所有していますので、ご心配なされないようにお願い致します。

コメントを閉じる▲
「龍馬伝」36は「寺田屋騒動」でしたが、本放送は飛行機の上で見られず、本日の再放送も、珍しく仕事に熱中していたために、気づいたときには放映が終わってました(残念)。

ひとつだけ気がかりなのは、龍馬が高杉晋作からもらったピストルを発射したはずですが、もしかして幕吏に向けないで、天井に向けて威嚇射撃したか、わざと人に当たらないようにはずしたという設定ではなかったでしょうか?
もしそうだとしたら、いただけませんね。
「平和主義者」龍馬像(もともと虚像ですが)を描くために、明白な史実を枉げたことになります。


さて、今週はいろいろあったので、日次記にしました。

6日(月)
鹿児島から帰京後の残務処理に追われる。
鹿児島の方々からその後も電話やメールをいただく。講演の感想や激励などで有難い。

7日(火)
長野県の某館の企画展示につき、メールでの打ち合わせ。
何度も往復。

8日(水)
からからの天気から突然の豪雨となる。台風通過のせい。
豪雨のなか、某週刊誌記者より取材を受ける。
さて、どんな誌面なのか見当もつきません。
某社のムック記事、残りの1本を仕上げる。
ついでに関連写真も添付しておいた。

9日(木)
拙宅リフォームで、エアコン交換。
本や資料で溢れかえっている事務所を少し整理して、業者の作業が何とかできるようにする。
猛暑で需要がすごいらしく、室外機がなかなか届かず、結局、設置に半日以上かかる。
このエアコン、昨年漏電で何度もブレーカーが落ちた、いわく付きのもの。
取り替えて何とか安心。でも、まだ古いのが残っている。

夕方から新宿に出る。
某ホテル喫茶店で、某社の編集者と企画の打ち合わせ。
来年の大河ドラマ関連だ。
さて、どうなることやら。

10日(金)
某社のムック記事、先日来執筆中で、何とか終えたかったが、終わらなかった。
鹿児島の某館より図録など寄贈を受ける。
以前、姉妹館の方に協力したお返しか? いずれにせよ大変有難い。
先日の鹿児島シンポの余波まだ続く。
いろいろ郵便や贈り物をいただく。有難い限り。

11日(土)
前日の作業継続し、ようやく終了。
歯医者に行くのも忘れた(汗)。
近所にTSUTAYAの大型店がちょっと前にオープンしていた。たまたまそばを通りかかったので、冷やかしに行く。
すごい品ぞろえだ。
その影響だろうか、近くにある昔からお世話になったビデオ屋が閉店セールをやっていた。
資本の論理とはいえ、何か物悲しい。
お世話になった人々に発送作業。

よろしかったら、下記をクリックして下さい。
人気ブログランキング


【2010/09/11 23:24】 | 日次記
トラックバック(0) |


長尾敏博
桐野様 こんばんわ 私も「龍馬伝」再放送、見逃してしまいました。どうも気が入りませんね。(笑)史実が無視されるのは仕方がないかも知れませんが、ドラマとして全然面白くないです。大河は「伊達政宗」の頃がよかったです。
桐野さんの鹿児島でのシンポに参加した友人が、資料のコピーを送ってくれました。800人以上と盛況だったようですね。


石ころ
龍馬に危機を知らせに行く時お龍が全裸じゃありませんでしたけど、これは史実を枉げていないんですか?

はて
桐野
石ころさん

話題のレベルが違うと思うんですが。

ご質問の点、関連史料をあげておきます。
三吉慎蔵の日記
「坂本の妾二階下より走り上り」
風呂に入っていたとは書いていません。

お龍の回顧談「千里駒後日譚」
「袷を一枚引つかけ」
風呂に入っていたとは書いていますが、衣類は着しているようです。

兄権平宛て龍馬書簡
「勝手より馳せ来り」
龍馬によれば、お龍が風呂場ではなく勝手口から登ってきたとしていますから、少なくとも衣服は着していますよね。

関係当事者の3人の証言から、全裸説は分が悪いんじゃないでしょうか?

ありがとうございます
石ころ
なるほど、そうでしたか。
がっかり。

先ほど書き忘れましたが、ピストルは幕吏に向けて撃っていたと記憶しております。

ピストルの方向
NAO4@吟遊詩人
こんばんは。横レスすいません。

私が見る限り、ピストルは捕り方に向けては放たれていなかったように思えます。ピストルを撃つと、天井に釣ってあったものが落ちてきていましたから、捕り方の上方に向けていたのではないかと思います。

真実は、確か伏見奉行所側にピストルによる負傷者が出ていたように記憶しています。

ドラマでは、「わしゃ、人殺しは好かんきに」と口に出してはいないものの、平和主義者を演出しているのではないでしょうか。

そういえば、三吉慎蔵が捕り方を突破して伏見薩摩藩邸に向かう時も、本物の槍ではなく、竹竿を使っていました。これも龍馬方が血生臭くなるのを避けた演出なのかもしれません。

やっぱり
桐野
石ころさん、NAO4@吟遊詩人さん

やっぱり龍馬は幕吏に向かってピストルを発射しなかったのですね。

史実では明らかなのに、そこまでやるかという感じですね。
これも近江屋事件の伏線でしょう。


おや
石ころ
そうでしたか。
いい加減なこと言ってすいません。

コメントを閉じる▲
昨日の「龍馬伝」は所用のため、観ておりません。
もし感想が書けるとしたら、土曜日の再放送を観てからになりそうです。

以下、日次記です。

17日(火)
夕方から小学館「てらこや」に出講。
「坂本龍馬と丁卯日記」第4回。
慶応3年(1867)11月下旬から12月初旬の王政復古政変前夜の動きを、薩摩藩を中心に見た。
個人的には、土佐の後藤象二郎が王政復古政変に同意する事情がいまいち不鮮明だという感触をもっていた。

ひとつは、中山忠能・正親町三条実愛・中御門経之・岩倉具視という四卿による「内勅」発給に対して、後藤が反対できなかったという点。この「内勅」が出るよう、大久保が中山や正親町三条を粘り強く説得している様子が、同人の日記からうかがえた。
もっとも、大久保日記には後藤が政変決行に「雷同した」と書かれているが、土佐藩側の『神山郡廉日記』は若干ニュアンスが異なっているように感じた。

一番大きな理由は、大政奉還から王政復古へという流れに対して、幕府-親藩-譜代勢力からの反発が大きく、結局、大政奉還が骨抜きになりそうな形勢に後藤が危機感を抱きつつ、次の一手が打てずに大久保の政変断行方針に乗らざるをえなくなったのかなという気がしている。

次回で今シリーズは一応終わりにするつもりで、次回からは受講者のみなさんのご要望もあり、勝海舟か中岡慎太・土方久元の日記を読む予定。
ところが、昨日送られてきた次シリーズの講座リリース資料では、今シリーズを継続することになっている。
はて困った。しばらく様子を見て対策を考えるしかない。

19日(木)
夕方から銀座で知友の研究者たちと暑気払い。
博論が単行本になるとか、龍馬に関する興味深い論文作成中とか、刺激になる話題を聞く。
その他身辺事情についても種々の経験談を拝聴。

20日(金)
歯医者。先日から歯ぐきが腫れていた。
資料整理に追われる。

21日(土)
「さつま人国誌」原稿執筆。
何回かのつづきものになりそうで、各回ごとのテーマの割り振りを思案していたら、原稿が遅れる。
あわてて送信したせいか、こちらの操作ミスでおかしな原稿になっていた。
ゲラを2度出してもらって申し訳なかった。

午後から、鹿児島の県人会の方々と11月の講演の打ち合わせ。
テーマを何にするか懸案だったが、やはり龍馬関係になる。
時期的に最終回の頃である。
ベテランの方々は顔見知りというか、メールでやりとりしていた方もおいで。
若手の方々は優秀そうだった。
少し、龍馬伝のことを語りすぎた。反省。

22日(日)
信州上田の某館でのイベントについて、関係方面と打ち合わせやらメールのやりとりに追われる。
何となくうまくいきそうである。
夕方から、親族の会合。
新感覚の韓国料理を味わう。

よろしければ、下記をクリックして下さい。
人気ブログランキング







【2010/08/23 13:31】 | 日次記
トラックバック(0) |
日次記です。

8月某日
某雑誌の締切日なのであわただしい。
初めてお付き合いしたところなので、ぶざまなことにしたくない。
でも、分量が多いのに、前日からしか手が付けられず。
この日、昼頃には納入して下さいと先方から申し渡されていたにもかかわらず、終わらず。
先方からの督促電話に、適当に4時までにと時間稼ぎで答えたが、見通しがあったわけではなかった。
でも、不思議なことに4時過ぎに脱稿。ホッと安堵。
綱渡りだよねえ。我ながらよく書きました。
もっと驚いたことに、その日のうちに校正紙がメールで届きました。

8月某日
某ムック企画の打ち合わせで神保町に行く。
友人の編集者としばらくお茶する。
同年代の編集者の孤独死を知り、愕然、合掌。
他人事ではない年代に突入したことを改めて知らされる。

8月某日
午後、著名な某薩摩藩士子孫と会う。
このところ、いろいろお世話になっている。
ちょっと前に秘蔵の西南戦争関係の史料を拝見したので、その翻刻をお持ちした。
さて、西南戦争末期の薩軍の状況がよくわかるが、どう扱ったらよいものか。
ほかにも戊辰戦争の手記あり。長文で癖字、読みづらい。

同夕、某社に行く。
近くのお店で担当のお二人に拙著重版祝いをしていただく。
雑談や思い出話に花が咲く。
帰路、人身事故で電車しばらく停車。

8月某日
事務所のデスクまわりの資料や書籍を片づける。が、とてもじゃないが追いつかない。
疲れたので、珍しく少し読書をした。
たまにはそんな息抜きがあってもいい。
最近、仕事関係の本か史料しか読んでいない、それも拾い読みしかしていないからなあ。

在関東の鹿児島県人会からの講演依頼あり、日程調整。
最近上梓の拙著の関係もあり、依頼主にはよく島津の退き口をテーマにしたいと提案しているが、先方からは坂本龍馬についての依頼ばかりである(苦笑)。旬の話題だから致し方ないか。

本日
少し史料翻刻をやります。

よろしかったら、下記をクリックして下さい。
人気ブログランキング



【2010/08/14 10:00】 | 日次記
トラックバック(0) |

是非、是非、
かごんま@しらお
先日、知人が予てより先生の来鹿講演を画策していたようで、私もやるならいくつかの団体の連合体で盛大に!と思って、先生を呼んで「島津の退き口」をテーマに講演会を!という企画メモを知人に頼まれ代筆しました^^
某団体がうまく乗ってくれたらいいな。。
というか、先生ともうまく調整つけばいいな。と、ほくそ笑んでいます^^
是非、島津の退き口を鹿児島でお願いします。。

島津の退き口
桐野
かごんま@しらおさん、こんばんは。

「島津の退き口」は、まだあまり話したことがないので、実現できればうれしいです。
よろしくお願いします。

コメントを閉じる▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。